ただいまの時間

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 明石海峡大橋海上ウォークの旅(別府鉄道野口線) | トップページ | 明石海峡大橋海上ウォークの旅(手柄山交流ステーション) »

2016年12月 3日 (土)

明石海峡大橋海上ウォークの旅(国鉄高砂線)

​  国鉄高砂線は山陽本線の加古川駅から野口駅を経て高砂駅までの6.3kmを結ぶ線で、私は1982年11月に乗ったが、1984年に廃線になった。 加古川駅から野口駅までの区間は一般道路に吸収されほとんど面影がないらしいので、私はこの野口駅から高砂駅までを歩くことにしたが、野口駅からしばらくは同様に一般道路に吸収されている。

Dsc00597_r

 野口駅の次が鶴林寺駅で近くにその名の寺がある。寺の近くには蒸気機関車が保存されていた。

 鶴林寺駅からも一般道路に吸収されていて廃線らしさはない。途中から歩道がなくなり歩きにくい上に、またツーデーマーチの人たちが前からやってきて、その人たちをよけあいながら進んでいく。

Dsc00604_r

 三たび山陽電鉄の下をくぐる。

Dsc00609_r

 そのすぐ先が尾上駅跡になる。

Dsc00617_r

 その後、しばらく山陽電鉄に沿って歩く。

Dsc00616_r

 このような鉄橋もどきがあり、鉄板がペコペコしていて、踏み抜きそうでコワイ。

Dsc00621_r

 加古川の堤防に来ると廃線跡は途切れる。川には橋台も見当たらない。500mほど下流の橋を渡り、反対岸に向かう。

Dsc00635_r

 反対岸からは整備された遊歩道が続く。かつての高砂北口駅跡。自転車置き場になっている。

Dsc00633_r

 高砂北口駅を過ぎると、突然転轍機が現れ、廃線跡ウォーク感が増してくる。

Dsc00632_r

 右に行くと高砂北口駅跡、左に行くと国鉄高砂工場への引き込み線になる分岐場所。廃線跡自体が分岐しているのは珍しい。

Dsc00626_r

Dsc00628_r

 これが高砂駅跡。車輪が駅跡を示している。野口駅側はほとんど廃線らしさは感じられなかったが、高砂寄りは遊歩道が整備され、手軽に廃線ウォークを楽しめるようになっていた。

« 明石海峡大橋海上ウォークの旅(別府鉄道野口線) | トップページ | 明石海峡大橋海上ウォークの旅(手柄山交流ステーション) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/64549757

この記事へのトラックバック一覧です: 明石海峡大橋海上ウォークの旅(国鉄高砂線):

« 明石海峡大橋海上ウォークの旅(別府鉄道野口線) | トップページ | 明石海峡大橋海上ウォークの旅(手柄山交流ステーション) »