2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 明石海峡大橋海上ウォークの旅(帰路) | トップページ | バスタ新宿近くのイルミネーション »

2016年12月14日 (水)

小田急4000形、大宮駅に現る

小田急4000形
12月10日夕方、大宮駅の留置線に小田急の4000形と思われる車両が3両待機していました。私鉄の車両がこんなところにいるなんて珍しいです。廃車にされるのでここまで回送されて来たのでしょうか。まだ廃車になるような車齢ではないと思いますが。それとも大宮工場で改造されるのでしょうか。わざわざ大宮に来なくても、小田急の工場で対応できないのでしょうか。

またどのような経路でここまで来たのかも気になります。千代田線、常磐線、武蔵野線と経由したのでしょうか。

疑問は尽きないのですが、いずれにしても今後の運命が気になります。

« 明石海峡大橋海上ウォークの旅(帰路) | トップページ | バスタ新宿近くのイルミネーション »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

 とても貴重なシーンに遭遇されましたね。これは常磐緩行線に導入予定の新しい信号装置<CBTC>の取り付けに伴うものと思われます。海老名から松戸電車区まで回送された小田急車は、長岡区所属のEF64が牽引して武蔵野線経由で大宮総合車両センターまで回送されたようです。閉塞信号機に替わる無線方式の外国メーカーによる新たな信号なので、まだ小田急では改造できず、JR東に委託したものと思われます。この新信号方式は、この2月に開催されたJR東の技術開発展示会で一般の人にも公開されています。
<私のブログ>
http://mgsclub.at.webry.info/201602/article_2.html

railwayさん、こんばんは。

そういう事情があったのですね。そうすると1編成だけでなく、今後もありそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田急4000形、大宮駅に現る:

« 明石海峡大橋海上ウォークの旅(帰路) | トップページ | バスタ新宿近くのイルミネーション »