ただいまの時間

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 泉北トレインフェスタの旅(泉北高速鉄道) | トップページ | 泉北トレインフェスタの旅(ハッピーセット) »

2016年11月12日 (土)

泉北トレインフェスタの旅(大阪市営地下鉄XT体験)

​ 泉北高速鉄道をなかもずで下車し、地下鉄御堂筋線に乗り換える。今日は大阪市交通局でも鉄道日関連のイベントをやっている。その中でXT体験という気になるイベントがある。折り返し線体験とカッコ書きされているのだが、どうやら引き上げ線に回送される列車に便乗できるようだ。天王寺と新大阪で行われている。 どんな感じで乗れるのかホームページの告知では全く分からない。とにかくまず天王寺駅に行ってみた。駅員に聞くとホームの端で受付があるのでそこに行ってくださいとのこと。

Dsc00136_r

 行ってみるとご覧のような受付があり、乗りたいと申し出ると缶バッジが渡され、次の電車までここで待っていてくださいと言われる。天王寺駅止まりの電車が到着し、一般の客が下車したのと入れ替わりにXT体験の客が先頭車のドアから乗り込む。私と一緒に乗ったのは他に3名だった。

Dsc00141_r

 天王寺駅の折り返し線は地下にあるので前がよく見えないが、右にカーブしていた。折り返し線は一般には直線のことが多いので珍しい。すぐに先端に着き、運転士と車掌が入れ替わり、再び発車した。

 車庫線に乗り入れるイベントは多いが、折り返し線に入れるイベントは珍しい。しかし折り返し列車は結構頻繁にあるので、いつ行っても大して待たずに乗れるから便利だ。全ての折り返し列車がXT体験の対象列車になっているようだ。

Dsc00149_r

 高い天井と蛍光灯の配置が珍しい天王寺駅を後に、新大阪駅に向かった。ここでも同じ受付があり申し出ると缶バッジが渡される。やはりその場で少し待って、次に来た回送列車に乗り込む。こちらは8人ほどが乗った。

Dsc00154_r

 まず右に分岐する。

Dsc00166_r

 新大阪駅は高架なので前がよく見える。こちらは直線だった。奥まで進んで運転士と車掌がエンド交換する。

Dsc00171_r

 新大阪駅に戻って、体験終了。折り返し線乗車はお手軽なイベントで、臨時列車のスジを引く手間もかからないから、こういう体験乗車がもっと広がるといいと思った。
 
 ところでXT体験のXTとはどういう意味か駅員に聞こうと思って忘れてしまった。私の鉄道に関する知識では過去に聞いたことがない言葉だ。

« 泉北トレインフェスタの旅(泉北高速鉄道) | トップページ | 泉北トレインフェスタの旅(ハッピーセット) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/64437588

この記事へのトラックバック一覧です: 泉北トレインフェスタの旅(大阪市営地下鉄XT体験):

« 泉北トレインフェスタの旅(泉北高速鉄道) | トップページ | 泉北トレインフェスタの旅(ハッピーセット) »