ただいまの時間

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 泉北トレインフェスタの旅(ハッピーセット) | トップページ | 泉北トレインフェスタの旅(帰路) »

2016年11月14日 (月)

泉北トレインフェスタの旅(南海天王寺支線)

​  マクドナルドのハッピーセットでラピートを引き当てて上気した私は、再び天王寺まで引き返した。南海の天王寺支線の廃線跡を歩こうと思ったからだ。 南海天王寺支線は天王寺駅から南海本線の天下茶屋駅までの2.4kmを結ぶ線で私は1984年に乗車したが、その年に天下茶屋・今池町間が廃止され、残る今池町・天王寺間は1993年に廃止された。大阪市内の廃線跡なのでどこまで残っているか分からないのだが、グーグルマップなどで見ると周辺の道路と不自然な角度で交差している道路があるので廃線跡と関係しているのだろう。

Dsc00174_r

 まずこちらが天王寺駅付近の様子。ビルとJRの線路の間の通路が廃線跡と思われる。

Dsc00176_r

 廃線跡はこの東横インのあたりから左に曲がり、大通りを渡る。こんな広い道路を踏切で遮断していたのだろうか。

Dsc00179_r

 道路を渡ると急に寂しい街並みになってきた。廃線跡と思われるところはフェンスで覆われている。その先は高速道路の入り口になっていて進めないので、地下鉄の動物園駅付近に迂回する。

Dsc00187_r

 レトロなアーケードで寂しげな雰囲気の動物園一番街商店街を歩いて行くと再びかつての線路跡が現れた。

Dsc00188_r
 右のフェンスが廃線跡。

Dsc00189_r
 その反対側は遊歩道になっていた。

Dsc00191_r

 それにしてもこの付近一帯の人は高齢でみすぼらしい服装の人が多く、しかも路上に寝込んでいたり、奇声をあげていたりする人もいる。この時初めて気付いたのだが、どうやらこのあたりが大阪市西成区のあいりん地区らしい。

 私は廃線跡の写真を撮ったりしていたのだが、後から調べるとこのあたりではむやみに人の写真を撮ったりすると何をされるか分からないと書かれていた。巡回しているパトカーも頻繁に見かけた。

Dsc00199_r

 廃線跡は続くが、たいていはフェンスに囲まれている。中をのぞいてみたが、鉄道のレールやまくらぎ、架線柱などは見られず、雑草が茂るだけだ。まだ南海電鉄の所有地なのだろうか。そんな危険な廃線跡を進んでいくと南海本線の高架が見えてきた。

Dsc00210_r

 この不自然に広い歩道がかつての線路跡だろう。それにしても随分怪しげな廃線ウォークだった。

« 泉北トレインフェスタの旅(ハッピーセット) | トップページ | 泉北トレインフェスタの旅(帰路) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/64437680

この記事へのトラックバック一覧です: 泉北トレインフェスタの旅(南海天王寺支線):

« 泉北トレインフェスタの旅(ハッピーセット) | トップページ | 泉北トレインフェスタの旅(帰路) »