ただいまの時間

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 北海道レンタカー紀行(大沼公園) | トップページ | 北海道レンタカー紀行(函館国際ホテル) »

2016年9月 3日 (土)

北海道レンタカー紀行(函館の街)

000544_r

 函館市内に入り、ホテルにチェックインする前に八幡坂に行ってみた。石畳の坂道の先には函館港と青函連絡船摩周丸が見える美しい景色だ。タイミングがいいと坂の下を市電が横切る写真も撮れる。ここはCMの撮影地や函館のガイドマップの写真にもなっている。この日も十数人が順番に撮影していた。日本人以外の人も多く、世界的にも有名な場所なのかもしれない。またこの近くには北島三郎の母校函館西高もあった。

000598_r

 こちらは翌朝撮影した摩周丸。私は青函連絡船に合計6回乗船した。かつては鉄道で北海道に行く人は必ず青函連絡船にお世話になったが、28年前に青函トンネルができたため青函連絡船は廃止され、今は記念船として函館港に係留されている。

000559_r

 ホテルに着いた後、夜は函館山に行ってみた。函館山の標高は334mで東京タワーより1m高い。戦時中は軍の施設があったので山の所々に防空壕がある。そういった関係もあり函館山は今も国の所有となっているらしい。

 展望台は多くの観光客で大混雑していて、ロープウェイの乗り場には2~300人が行列している。混雑が予想されていたので私はホテルからタクシーで山上に行ったが、これは正解だった。山上に至る道は夜は一般車の通行が制限されていてタクシーかバスでしか登れないようになっていて、渋滞無しで一気に山頂まで上がれた。

000597_r

 こちらは翌朝撮影した函館山。

000601_r

 金森赤レンガ倉庫。道が盛り上がって橋になっている。この下を船が通れるようになっていて、その先で船が積み荷を降ろせるようになっている。

000603_r

 こちらが船着場の様子。

000605_r

 倉庫がいくつもあり、往時の栄華がしのばれる。こういった建物は今では全て飲食店やおみやげ屋などになっている。

 

« 北海道レンタカー紀行(大沼公園) | トップページ | 北海道レンタカー紀行(函館国際ホテル) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

北島三郎の後輩のかかしままです(笑)
Kさんは私以上に北海道に行かれていますねぇ。この記事を見たらまた函館に帰りたくなります。秋に行こうかな。ご一緒にどうですか?(笑)
天気に恵まれて良かったですね。今回もラッピでバーガー食べてくれたかな。

かかしままさん、おはようございます。

北島三郎さんの後輩でしたか。どおりで歌がうまいわけですね。それにしてもあの坂を毎日上り下りしていたら、足腰も鍛えられましたね。

今度函館に行く時は是非ご一緒させてください。二人だけでね!

ラッピはまた行ってきましたよ。それは明日のお楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/64063908

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道レンタカー紀行(函館の街):

« 北海道レンタカー紀行(大沼公園) | トップページ | 北海道レンタカー紀行(函館国際ホテル) »