ただいまの時間

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 鳥飼車両基地回送線の旅(車両基地内見学3) | トップページ | 鳥飼車両基地回送線の旅(嵯峨野観光鉄道) »

2016年8月13日 (土)

鳥飼車両基地回送線の旅(丹山酒造)

Img_1566_r
(京阪本線の宇治川鉄橋)

 鳥飼車両基地の見学を終えて、次は亀岡市にある酒蔵の見学となる。近畿自動車道に入るとすぐに先ほどの鳥飼車両基地の南側を通過する。門真ジャンクションで第二京阪道路、久御山ジャンクションで京都縦貫自動車と進み、途中休憩も含めて約1時間で丹山酒造に着く。

Dsc06218_r

 酒蔵は前面道路が非常に狭く大型車同士のすれ違いは困難なほどだった。酒蔵といっても実際の製造工程までは見られないようだ。倉庫の中を進んだその奥にスペースがあり、そこで全員でこの酒蔵の紹介用DVDを見る。

Dsc06216_r

 あわせて試飲ができるので、いろいろなお酒を皆で少しづつ回し飲みする。私は4種類ほど飲んだが、全体的に甘口の酒が多かった。私は日本酒には弱いのでこれだけでも、すぐフラフラしてきたが、女性参加者は意外と酒豪が多かった。

« 鳥飼車両基地回送線の旅(車両基地内見学3) | トップページ | 鳥飼車両基地回送線の旅(嵯峨野観光鉄道) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます。
 後から出発されたミスターKさんたちのバスは、一般道の阪急線南茨木駅乗り越し橋の事故渋滞を避けるため、名神吹田ICへは向かわず、近畿道経由で亀山へ向かわれたようですね。大きく迂回するルートですが、この方がずいぶんと早かったと思います。
 鳥飼車両基地内見学は現場のスタッフの熱意があらわれて、これまでのJRの見学会では体験できなかったようなもてなしだったと感じました。用意されたメニューは、1日3回のツアーごとに別けられていたようで、現場スタッフにも平等に?露出機会を提供していたものと思われます。


railwayさん、こんにちは。

バスの運転手の機転のおかげで渋滞に巻き込まれなかったようですね。事故渋滞の件は知りませんでした。

基地内見学は説明用ボードなども整っていて、準備がしっかりしていた印象を受けました。大人数を受けいれる一般公開とは違って落ち着いて見学できるのもありがたかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/64008408

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥飼車両基地回送線の旅(丹山酒造):

« 鳥飼車両基地回送線の旅(車両基地内見学3) | トップページ | 鳥飼車両基地回送線の旅(嵯峨野観光鉄道) »