ただいまの時間

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 鳥飼車両基地回送線の旅(車両基地内見学2) | トップページ | 鳥飼車両基地回送線の旅(丹山酒造) »

2016年8月12日 (金)

鳥飼車両基地回送線の旅(車両基地内見学3)

Dsc06180_r

 続いて建屋内に入る。ドクターイエローとN700系がお出迎え。

Dsc06178_r

 ミスターK登場。

Dsc06182_r

 まずN700系の車体傾斜装置の体験。傾きはわずか1度しかないらしい。1度くらいで効果があるのだろうか。JR北海道のキハ283系はたしか6度傾くはずだから、乗っていても振り子が効いているのがよく分かるが、こちらは傾く時にふわふわと動く感じはあるが左右の傾斜は把握しづらい。

Dsc06185_r

 続いてドクターイエロー見学。女性の参加者には大人気だ。これを見ると幸せになれると言われている。ドクターイエローは7両編成で7号車には客席があって、ここで諸注意や紹介用ビデオの視聴などが行われた。

Dsc06191_r
(ミーティングルーム)

Dsc06194_r
(休憩室。ベッド付きだ)

Dsc06195_r
(観測機器の並ぶデスク)

Dsc06201_r

Dsc06202_r

 こちらは架線検査用ドーム。ここに座って架線の様子を目視できるが窓は汚れていた。

 こういった見学が約2時間かけて行われた。手際よく時間通りに進み、さすが鉄道マンだという印象を受けた。

« 鳥飼車両基地回送線の旅(車両基地内見学2) | トップページ | 鳥飼車両基地回送線の旅(丹山酒造) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/64008332

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥飼車両基地回送線の旅(車両基地内見学3):

« 鳥飼車両基地回送線の旅(車両基地内見学2) | トップページ | 鳥飼車両基地回送線の旅(丹山酒造) »