ただいまの時間

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 鳥飼車両基地回送線の旅(鳥飼車両基地入線) | トップページ | 鳥飼車両基地回送線の旅(車両基地内見学2) »

2016年8月10日 (水)

鳥飼車両基地回送線の旅(車両基地内見学1)

Dsc06127_r

 私にとっては車庫線に乗れるだけで満足でそれで十分なのだが、それだけではツアーの客が集まらないので、車両基地内とドクターイエローの見学がある。他の参加者の話を聞いてみると車両基地見学やドクターイエローにひかれて、このツアーに参加した人が多いようだ。

 入り口でまずJR東海の職員の歓迎を受ける。構内は2kmに及ぶ広さなので、この先でマイクロバスに乗り換えて移動する。

Dsc06136_r

 まずはポイント転換体験。最初はスイッチを押して電動で転換させる。約4.5秒で転換する。空き缶をトングレールにはさんで押しつぶす実験も行われた。

 ここのポイントは4.5秒で転換するが、本線ではわずか2秒で転換するらしい。ここは見学者が擬似体験できる施設だが、実際の本線は東京の司令室で鹿児島中央までのポイント操作を行っている。

Dsc06139_r

 続いて電動ではなく自分の力で転換させる体験。ハンドルを手回ししてポイントを転換させる。これは結構力がいった。

Dsc06147_r

 こちらは災害用パラボラアンテナ搭載車両「衛星車」。地上36,000kmにある人工衛星「スーパーバード」と通信できるようになっていて、地上での通信手段が途絶しても災害状況を伝えられるようになっている。JR東海では7台保有しているとのこと。後部座席とトランクにたくさんの機器が搭載されている。

« 鳥飼車両基地回送線の旅(鳥飼車両基地入線) | トップページ | 鳥飼車両基地回送線の旅(車両基地内見学2) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/64008135

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥飼車両基地回送線の旅(車両基地内見学1):

« 鳥飼車両基地回送線の旅(鳥飼車両基地入線) | トップページ | 鳥飼車両基地回送線の旅(車両基地内見学2) »