ただいまの時間

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 臨時みまさかノスタルジー号の旅(家城まで) | トップページ | 臨時みまさかノスタルジー号の旅(四日市あすなろう鉄道) »

2016年7月20日 (水)

臨時みまさかノスタルジー号の旅(名松線災害復旧区間)

Dsc05479_r

 名松線の家城から先の区間は2009年の台風による集中豪雨により不通になっていたが、今年3月に復旧した。復旧まで6年以上かかったので、周辺は甚大な被害に見舞われたのだろう。最近は鉄橋が流出するような集中豪雨もあるので、きっとそういう大災害があったに違いない。

Dsc05489_r

 運転席の後部で線路を眺める。ところどころ新しいバラストを追加したところが見受けられる。

Dsc05491_r

 新しい擁壁が設置された区間もある。

Dsc05506_r

 鹿が線路上に現れた。北海道では時々見かけるが、本州では珍しい。

Dsc05512_r

 12時57分、終点伊勢奥津駅到着。ここまで乗ってきた印象では、バラストが追加された区間は多数あるが、バラストが流出してすっかり入れ換えられたようなところはほとんどなく、擁壁が新しく設置された区間は2ヶ所のみ、鉄橋の流出はなかった。確かに台風による被害はそれなりにあったのだろうが、6年間も工事をしなければ復旧しないほどの被害とは思えなかった。JR東海は名松線を廃止にしたくて、いろいろ理由を付けて復旧工事にとりかからなかったのではないかと勘ぐりたくなった。復旧工事に伴い一部線路の付け替えなどもあるのではと思ってわざわざ乗りに来たが、そこまでする必要はなかったようだ。

Dsc05516_r

 伊勢奥津駅舎。無人駅だが地域のコミュニケーションセンターのような施設が併設されている。

 

« 臨時みまさかノスタルジー号の旅(家城まで) | トップページ | 臨時みまさかノスタルジー号の旅(四日市あすなろう鉄道) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。一志駅での近鉄~JR乗換え、気がつかないルートですね。一度試してみたいと思います。伊勢奥津駅ははるか昔、近鉄名張駅から三重交通バスで伊勢奥津まで行って乗った記憶があります。バスはワンマンなのに補助員が添乗して、途中すれ違えないような個所ではバックや切り替えしをやって進みました。伊勢奥津駅には給水塔が残っていました。ずいぶんと近代的な駅舎ができたものです。乗客の多くは高校生でしたが、堂々と!喫煙をする生徒が多く、ビックリしたものです。

railwayさん、こんにちは。

名張から伊勢奥津までバスとはまさに名松線をたどるルートですね。私も今回乗ってみようと思っていたのですが、時間が合わず断念しました。

昔は車内で堂々と喫煙する高校生をよく見かけましたね。今は車両自体が禁煙になってほとんど見かけないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/63895585

この記事へのトラックバック一覧です: 臨時みまさかノスタルジー号の旅(名松線災害復旧区間):

« 臨時みまさかノスタルジー号の旅(家城まで) | トップページ | 臨時みまさかノスタルジー号の旅(四日市あすなろう鉄道) »