ただいまの時間

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 臨時みまさかノスタルジー号の旅(名松線災害復旧区間) | トップページ | 臨時みまさかノスタルジー号の旅(名古屋まで) »

2016年7月21日 (木)

臨時みまさかノスタルジー号の旅(四日市あすなろう鉄道)

 伊勢奥津駅13時07分の列車で一志、川合高岡、伊勢中川と乗り換え、15時26分近鉄四日市に到着した。従来近鉄路線として運行されていた内部線、八王子線が昨年近鉄から分離され、四日市市を営主体とする四日市あすなろう鉄道が発足した。私は経営主体の変更になった場合はわざわざ乗り直しはしない主義なのだが、近くまで来たので乗ってみることにした。

Dsc05564_r

 乗り場は近鉄名古屋線の高架下にある。案内板などは新しく架け替えられている。

Img_1397_r

 1日乗車券は550円。路線は全線で7kmしかないミニ鉄道で、線路幅も762mmのナロー鉄道だ。

Dsc05530_r

Dsc05536_r

 八王子線の終点西日野駅。

Dsc05537_r

 八王子線と内部線の乗換駅日永駅。

Dsc05556_r

 内部線の終点内部駅。

 あすなろう四日市発15時43分の電車から始めて、16時52分に再びあすなろう四日市に戻ってきた。1時間ちょっとで全線完乗し、スタート地点に戻ることができた。車両は3両編成で、内部線、八王子線ともそれぞれ1時間に2本の運行で乗客はそこそこ乗っている。バスより時間が正確なので利用者の信頼は高いのだろう。これからも地域の足としての活躍を期待する。

« 臨時みまさかノスタルジー号の旅(名松線災害復旧区間) | トップページ | 臨時みまさかノスタルジー号の旅(名古屋まで) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/63895713

この記事へのトラックバック一覧です: 臨時みまさかノスタルジー号の旅(四日市あすなろう鉄道):

« 臨時みまさかノスタルジー号の旅(名松線災害復旧区間) | トップページ | 臨時みまさかノスタルジー号の旅(名古屋まで) »