ただいまの時間

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 北海道新幹線初乗り紀行(函館駅まで) | トップページ | 北海道新幹線初乗り紀行(新函館北斗駅) »

2016年6月22日 (水)

北海道新幹線初乗り紀行(新函館北斗駅まで)

Dsc04836_r

 函館駅からは14時14分発の函館ライナーで新函館北斗駅に向かう。車両は3両で3ドアロングシートの電車だ。すでにホームには行列ができている。これでは座れそうにない。私は運転席後部に立ってかぶりつきを楽しむことにした。

 発車間際には通路までいっぱいになった。日曜日の午後なので一番混むのだろう。運転台はツーハンドル車で最近の電車では珍しい。

 車内アナウンスではこの電車の行き先を「新函館」と放送している。北斗市民が聞いたら激怒するだろう。新函館北斗駅は函館市になく北斗市にあるので「北斗」をぜひ入れて欲しいと強い要望があったからだが、そもそもそれ以前の問題として自社の駅名は正確に放送して欲しい。

Dsc04856_r

 五稜郭を出ると新函館北斗まで止まらない。北海道新幹線開業に伴い、新函館北斗駅と函館駅の間に快速のシャトル列車が運行されることになり電化されることになったわけだが、わざわざこの区間を電化する必要があったのだろうか。この先将来的に東室蘭まで電化する計画があるならいざ知らず、新幹線が札幌まで延伸されたら、ここも平行在来線として切り捨てられるのだろう。しかも貨物列車の電気機関車付け替えも五稜郭のままだし、新型の電車まで投入する意味はないだろう。また仮に電化するとしても、新車を投入するのではなく、余剰になった789系を活用する余地はなかったのだろうか。

Dsc04861_r

Dsc04863_r

 そんなことを考えながら、列車は定刻に進んでいき、左手から北海道新幹線が近づいてくると、快速列車は新函館北斗駅に新設された行き止まりの切り欠き線に入線した。

Dsc04870_r

 車内はこんな感じのロングシート。

« 北海道新幹線初乗り紀行(函館駅まで) | トップページ | 北海道新幹線初乗り紀行(新函館北斗駅) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます。
 新函館電化の件、おっしゃるとおりですね。いまは電車と遜色ない内燃動車がたくさんあり、特急車も通勤車も気動車で立派にやってゆけます。JR北は気動車と電車の二重投資を行なっていますが早く止めにした方がいいというのが私の考えです。JR北の電化設備撤去が経営改善のキーポイントと思います。リンクの記事の最後をご笑読下されば幸いです。

railwayさん、こんばんは。

この投資はもったいないですね。私は電化全廃までの考えは持っていないですが、おっしゃる通りディーゼルでも性能のいいのはありますから電化にこだわる必要はなかったように思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/63701169

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道新幹線初乗り紀行(新函館北斗駅まで):

« 北海道新幹線初乗り紀行(函館駅まで) | トップページ | 北海道新幹線初乗り紀行(新函館北斗駅) »