ただいまの時間

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 北海道新幹線初乗り紀行(藤田観光ワシントンホテル旭川) | トップページ | 北海道新幹線初乗り紀行(増毛まで) »

2016年6月 4日 (土)

北海道新幹線初乗り紀行(旭川駅)

Dsc04233_r

 翌5月14日(土)朝4時45分ホテルをチェックアウトする。これから向かう増毛への列車の関係で、この時間に出ないとダメなのだ。気温は7度と寒い。

 旭川駅は4年ほど前に高架化されるとともに駅舎が建て替えられた。かつて側線などがあった位置に建て直されたので、新しくできた駅舎は従来より奥まった位置にある。そのため逆に駅前には広いスペースができて、そこがバスやタクシーの乗り場になっている。JRのホテルやイオンのショッピングセンターもできている。 かつての旭川駅は地平駅で、2階建てのいかにも国鉄風の駅舎だったが、その跡形が全く無くなってしまったのはちょっと寂しい。

Dsc04242_r

Dsc04254_r

 せっかく早起きをしたのに早すぎて旭川駅は開いていなかった。朝5時から営業開始のようだ。

Dsc04245_r

 従来はなかった駅の反対口もできたが、駅前がすぐに川になっていて人家もないのでこれでは反対口を設ける意味はない。しかし、緑地などが整備されているので、こちらの方が見映えがいい。

Dsc04267_r

 函館本線から離れた位置にあった富良野線は駅舎建て替えに伴い、本線のすぐ隣になったので、本線から富良野線への乗り入れも可能になった。一番右が富良野線。架線は張られていない。

Dsc04263_r

 ホームでは早起きの鉄子さんがホームを行ったり来たりして写真を撮っていた。

« 北海道新幹線初乗り紀行(藤田観光ワシントンホテル旭川) | トップページ | 北海道新幹線初乗り紀行(増毛まで) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

旭川駅はこんなに変わってしまったんですね!

旭川は確か地下に暖簾街があったような、、、

美瑛の方にいくには、地下の通路を結構歩いた気がしますが、駅が奥まった分、近くになったんですね。

札幌、函館と大きく駅が変わり、ついに旭川まで。

あとは、大きな駅で、昔ながらの駅と言えば釧路でしょうか。

たっくんさん、こんばんは。

旭川の駅は昔の面影はまったくありません。昔は富良野線は地下通路を結構歩きましたね。

釧路は変わっていませんね。あと小樽もそうでしょうか。

 おはようございます。私はまだ新しくなった旭川駅に行っていません。
 ツアーバスで外からは眺めてはいるのですが・・。
 富良野線ホームを含めて乗ってみたいですね。

railwayさん、こんにちは。

旭川駅はすっかり変わりました。富良野線も高架になったので、乗っておきたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/63699361

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道新幹線初乗り紀行(旭川駅):

« 北海道新幹線初乗り紀行(藤田観光ワシントンホテル旭川) | トップページ | 北海道新幹線初乗り紀行(増毛まで) »