ただいまの時間

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 北海道新幹線初乗り紀行(旭川駅) | トップページ | 北海道新幹線初乗り紀行(特急はぼろ号) »

2016年6月 5日 (日)

北海道新幹線初乗り紀行(増毛まで)

 まず旭川駅発5時19分のスーパーカムイ2号に乗る。さすがにこの時間なので客は少ない。旭川をこんなに早く出るのは廃止予定の留萌ー増毛間のダイヤのせいで、この時間に乗らないと次が5時間後になってしまうからだ。

Dsc04275_r

 最初の停車駅深川で5時44分発の増毛行に乗り換える。1両編成で、私と同業者が他に2人いる。そのうち一人は先ほど旭川駅で見かけた鉄子さんだ。留萌本線の留萌ー増毛間は今年の12月で廃止されるので、皆お別れ乗車に来ているのだ。

Dsc04280_r

 ところで「増毛」の行き先票を記念に収めようと思ったのだが、この列車には「普通」や「ワンマン」の表示はあるものの、肝心の行き先が表示されていないのだ。これでは記念撮影以前の問題として、一利用者としても不便だ。詳しい決まりは知らないが、列車には必ず行き先を表示する義務があるのではなかろうか。しかたがないので私は車内の運賃表示器で「増毛」の表示を収めた。

 6時40分留萌着。ここで15分停車するので駅前に出てみた。昨年8月にも立ち寄ったので懐かしい。

Dsc04309_r

 いよいよ6時55分、留萌発。閉塞方式が変わり、運転士は助役からタブレットを受け取っている。ここからが廃止予定区間だが、結局ここからは一般の客は誰も乗って来ず、3人の鉄道ファンだけを乗せて1両のディーゼルカーは発車した。発車するとすぐに橋梁が2つ見える。右側は昭和62年に廃止になった羽幌線の橋梁だろう。

Dsc04331_r

Dsc04320_r

 右手には海も見えたり、行く手には暑寒別岳と思われる山も見えたりする。雄大な自然の楽しめる線でもう少し人気が出てもいい気がする。仮乗降場のような駅も多く、そんな駅でも撮り鉄が待ち構えていたりする。

Dsc04341_r

Dsc04366_r

Dsc04369_r

 7時20分増毛着。この駅は昨年の夏、ドライブの途中で立ち寄った。その時見かけた列車が今私が乗ってきた列車で親近感を覚える。

« 北海道新幹線初乗り紀行(旭川駅) | トップページ | 北海道新幹線初乗り紀行(特急はぼろ号) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

増毛駅までの路線は今年中の営業なんですね。最北の酒蔵が作っている国稀が有名なところですね。

一度は行ってみたいと思っているところが、廃線になるのは寂しいですね。

しかも、それに乗るのに、旭川宿泊が前提とは、、、なかなか難しいです。旭川はあまり、見るものが近くにないので、最近はご無沙汰です。

中標津から始まった北海道旅行、このあとどこにいくのか、益々楽しみになりました。

たっくんさん、こんばんは。

國稀酒造の写真撮ってきました。翌日のブログ見てください。

増毛に行くには朝一番でなければ、旭川に泊まる必要もないので、もっとゆっくりできる列車もあります。でも12月までなのでお早めに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/63699471

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道新幹線初乗り紀行(増毛まで):

« 北海道新幹線初乗り紀行(旭川駅) | トップページ | 北海道新幹線初乗り紀行(特急はぼろ号) »