ただいまの時間

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 北海道新幹線初乗り紀行(木古内駅) | トップページ | 北海道新幹線初乗り紀行(いかりん館) »

2016年6月17日 (金)

北海道新幹線初乗り紀行(道南トロッコ鉄道1)

​   木古内では道南トロッコ鉄道に乗ることになっている。 道南トロッコ鉄道は江差線の廃線跡を利用したトロッコで今年の3月に開業した。railwayさんから教えてもらうまではその存在を知らなかったので当初は木古内ですぐ引き返す予定だった。

 乗り場はかつての江差線渡島鶴岡駅のところにありバスでも行けるが、バスの時間まで1時間以上もあるので歩いて行くことにした。風が非常に強く寒い。

Dsc04724_r

 こちらは津軽海峡線の踏切からの写真。ここで江差線が分岐していた。

Dsc04730_r

 こちらはこれから乗るトロッコの終点。ここは折り返しだけで乗降は取り扱っていない。

Dsc04728_r

 ここからは北海道新幹線も見える。木古内に8時50分に着くはやて93号がちょうど通過したが、屋根しか見えない。

Dsc04738_r

 9時頃にトロッコ乗り場の前に着いた。トロッコの運行は10時からだがすでに順番待ちの人たちでごった返しているのではなかろうかと勝手に想像していたが順番待ちはおろか、スタッフすら来ていなかった。

Dsc04740_r

 乗り場の近くに東屋があったのでそこで待機する。9時15分頃、ワゴン車が一台やってきた。スタッフだろう。そのあと別のトラックもやってきた。これも関係者に違いない。準備が始まったようだ。その様子を眺めていると、先ほどの道南いさりび鉄道で写真を撮りまくっていたカップルが自転車でやってきた。どこかでレンタサイクルを借りたのだろう。彼らもトロッコに乗りに来たのかと思ったら、何枚か写真を撮った後にどこかへ行ってしまった。同じ鉄道ファンでも趣味の対象が違うのだ。

 9時55分になり、乗り場に行ってみる。すると乗り場の前に「強風につき運転を見合わせています」という張り紙がしてある。私は思いもかけない状況にがく然とした。確かに風は強く吹いているがトロッコの運転に差し支えるほどではないと思うのだが。しかも車庫から出した車両をトラックの荷台に積み込んだりしていてどうも様子がおかしい。トロッコの修理作業なども始まっている。

「あの~、今日は乗れないんですか」
「あと30分くらいしたら乗れると思います。絶対にやりますから、それまでいかりん館を見学していてください」
いかりん館はすぐ近くにある木古内町の郷土資料館だ。仕方ないのでそこで時間調整をすることにした。

« 北海道新幹線初乗り紀行(木古内駅) | トップページ | 北海道新幹線初乗り紀行(いかりん館) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/63701068

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道新幹線初乗り紀行(道南トロッコ鉄道1):

« 北海道新幹線初乗り紀行(木古内駅) | トップページ | 北海道新幹線初乗り紀行(いかりん館) »