ただいまの時間

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 北陸・京都乗り歩き(神岡まで) | トップページ | 北陸・京都乗り歩き(ガッタンゴー復路) »

2016年5月 3日 (火)

北陸・京都乗り歩き(ガッタンゴー往路)

Dsc03510_r

 レールマウンテンバイクガッタンゴーは1時間毎の運行になっていて土日は平日より1時間早く朝9時に第1便がスタートする。受付を済ませ、料金2500円を支払う。私の他に2組利用者がいる。いずれも小学生くらいの子供を連れた家族連れだ。10時からの便は満員とのことでかなり人気があるようだ。

 従来は最低でも2人乗りの自転車だったので一人では参加できなかった。しかし昨年から電動アシスト付きの車両が導入され、一人でも楽しめるようになったので、私はこうしてやって来たのだ。

 8時55分から説明会が始まり、コースの概要や注意点について10分ほどの説明がある。距離は2.9km、標高差は30mとのこと。行きは下りだが帰りは上りなので体力配分が重要なこと、自転車はナショナルのマウンテンバイクで変速ギアは3段、後輪のみがレールに接地しているので、前輪用の右のブレーキは効かないこと、トンネルに入ると自動的にライトが点く仕組みであるということなどが説明された。

Img_0963_r

 9時10分スタートする。私は最後尾を走る。スタート地点を出るといきなり急坂を下る。ホームの高さから地平の線路に下りるからだ。高さはわずか1メートルほどだが、その勢いで進むとカメラマンが待ち構えていて写真を撮ってくれる。希望者は後で300円で購入できる。それがこれだ。

Dsc03518_r

 そこを過ぎると右手に高原川の河岸段丘の絶景が展開する。緩やかな下りこう配を快適に下る。天気もよく絶好のサイクリング日和だ。  

 私の乗った自転車はサイドカー付きの電動アシスト自転車なのだが、電動アシストの具合が悪いとのことで、しっかりこぐよう予約の時に言われたが、そんな感じはしない。

Dsc03528_r

 途中にはいくつか駅が残っている。ローカル線にしては駅間距離が意外と短い。1km弱に一駅の間隔だ。神岡周辺は鉱山の街だから、人家が集中していたのだろう。

 トンネル内ではライトが点くもののかなり暗い。二つ目のトンネルはカーブしているので、途中でほとんど真っ暗になる。しかもそのトンネル内で小動物が線路上に現れ、危うく轢きそうになった。

Dsc03532_r

  そんなこんなで楽しい時間はあっという間に過ぎ、折り返し地点の神岡鉱山駅に着く。ポイントをいくつも渡って、終点に到着した。

2_r

 終点の神岡鉱山駅はかつては貨物列車が発着していたことを偲ばせるように多くの側線が広がっている。ここで少し休憩となる。

« 北陸・京都乗り歩き(神岡まで) | トップページ | 北陸・京都乗り歩き(ガッタンゴー復路) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/63566406

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸・京都乗り歩き(ガッタンゴー往路):

« 北陸・京都乗り歩き(神岡まで) | トップページ | 北陸・京都乗り歩き(ガッタンゴー復路) »