2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 第12回伊豆急全線ウォーク(伊東まで) | トップページ | 第12回伊豆急全線ウォーク(南伊東→川奈) »

2016年5月19日 (木)

第12回伊豆急全線ウォーク(伊東→南伊東)

6324_r

 伊東駅ではお互いのスマホを取り替えてリゾート21をバックに記念撮影を行う。入場券を購入し8時55分スタートをする。AN氏は伊東駅の入場券に時刻が入っているのに気づいている。伊豆急の入場券には発売時刻が入らないのだが、JRの駅では利用時間に制限があるので発売時刻が入るのだ。
空はどんよりとしていて山のほうを見ると雨が降りそうな雲がかかっている。

6325_r

 商店街の中を抜け、松川沿いにある伊東市の文化財「東海館」脇に来る。昭和初期の建築でかつての温泉旅館だ。今日はちょうど昭和の日なので、それにふさわしい。

6328_r

 松川沿いの遊歩道を進む。先ほどの東海館とは異なり、使われずに廃墟となった温泉ホテルも現れ、栄枯盛衰を感じる。サイクリング用の自転車にさっそうと追い抜かれたが、昨年渡ったしまなみ海道ではサイクリング車に乗った時、サドルの固さでおしりに激痛が走ったことを思い出し、サイクリストのおしりに自然と目が行く。

6329_r

 南伊東まではアップダウンの全くない平坦な道を進み、9時30分駅前に到着した。バッジはJR485系彩だった。

« 第12回伊豆急全線ウォーク(伊東まで) | トップページ | 第12回伊豆急全線ウォーク(南伊東→川奈) »

伊豆急全線ウオーク」カテゴリの記事

コメント

伊豆急ウォークではルール上当たり前に購入する入場券ですが、入場券自体めったに購入する機会がないので改めて見たところ発売時刻が入っていることに気づきました。JRの駅では利用時間に制限があるとは知りませんでした。
伊東駅から南伊東駅までは風情のある温泉街を眺めながらウォームアップに最適なコースですね。4月29日がいつの間にか天皇誕生日から昭和の日に代わり、その間にみどりの日もあったような気がしますが、我々もいつしか昭和よりも平成の時代を過ごした時間の方が長くなり昭和を懐かしむ人になりつつありますね。

いよいよ、伊豆急ウォークの残りがスタートしたんですね。伊豆急ウォークの人気はスゴいですね。

前も書いたかもしれませんが、自分が先日ゴールしたときには既に完走者が1200人近くもいました!


実は自分もご多分に漏れず、ハマッてしまいまして、ひそかに2回目完走を狙って、昨日の平日休みに行ってきました。昨日は1回目より一駅多めを狙って、富戸~片瀬白田まで、昼御飯を軽くして、歩ききりました。

あとは、片瀬白田~河津までを2回目に歩ききれれば、伊東~富戸、河津~下田という、2区間を平日休みと日曜日を組み合わせれば、なんとか行けると、皮算用をしています。

(一番恐いのは片瀬白田~河津の2つのC区間です。前回はそれでやられました。)

自分の2回目のウォークに重ねながら、記事を楽しみにしています。

たっくんさん、こんばんは。

2回目にチャレンジとは、すっかりはまってしまったようですね。私も、こんな急坂は2度とイヤだと思いながら、結局毎年来ています。

私が完歩した時は909人目だつたので、その後随分増えたのですね。

このブログが少しでも参考になればと思っています。これからもがんばってください。

ミスターANさん、こんばんは。

昭和よりも平成の人生のほうが長くなったとは驚きです。私が子供こ頃は大正時代がレトロな時代でしたが、今は昭和がレトロな時代です。昭和に懐かしさを感じます。人生の多くの経験をしたのも昭和でした。夢や未来があった気がします。

ミスターKさん、こんばんは。
大正時代だけではないですよ、昭和戦前も充分レトロに感じていました。
昭和一ケタ生まれの新京成モハ100形(京成が成田線開業の頃に増備した車両)や上毛電鉄デハ100(開業時に使用した車両)は、更新されたとはいえ、昭和に時代でも充分レトロでした。

今年の全線ウォークは区間毎の見所が分かったような気がします。
伊東→南伊東は、やはり松川沿いの遊歩道ですね。そんな魅力がググッと伝わってくるいい写真ですね。このあとも楽しみにしています。

京葉ラインさん、こんばんは。

上毛電鉄のデハ100は乗ったことがあります。昭和3年くらいの製造でした。我々の生きてきた時代もレトロな時代となっていくのでしょう。

全線ウォークの中で一番風情があるのが松川沿いでしょうか。区間ごとに特長がありますね。

京葉ラインさま

先日はアドバイスを頂きありがとうございます。

報告が遅れましたが、無事に到着しました。

河津から蓮台寺までの地図には騙されました。というのも、他の区間の感覚で地図を見ると、えっ、まだ着かないの?といった感じでした。アドバイス通り、コンビニで、飲み物を買って(あの、エビスのチャームも1つ手に入れて)山登りに入りました。

一番驚いたのは川沿いでしょうか?こんな道じゃないようなところも、川沿いに歩くんだと。

でも、本当に楽しかったです。ありがとうございました!

2回目はギリギリですが、なんとか、完走したいとおもいます。

結構、足の裏が痛いです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第12回伊豆急全線ウォーク(伊東→南伊東):

« 第12回伊豆急全線ウォーク(伊東まで) | トップページ | 第12回伊豆急全線ウォーク(南伊東→川奈) »