ただいまの時間

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« ミニSLと名鉄岡崎市内線の旅(長篠設楽原PAまで) | トップページ | 東京メトロ有楽町線千川-小竹向原間連絡線 »

2016年4月 4日 (月)

ミニSLと名鉄岡崎市内線の旅(自宅まで)

Dsc03277_r

 長篠設楽原PAでも満足な昼食が取れなかった私はさらに東へを進路を進めた。15時40分浜松SAでようやく昼食が取れた。フードコートに「石松」という浜松餃子の店があり、そこで餃子を食べた。単品10個600円とライス250円だ。具は少なめで、ジューシー感に乏しく、結構にんにくが効いている感じだ。これが本場浜松餃子なのかはよくわからないが、旅に出た実感はわいてくる。

6033_r

 餃子を食べて、車を東へとすすめる。渋滞情報を確認すると、新東名区間では渋滞がないが、東名は御殿場から先と秦野中井から先で渋滞があり、その距離はあわせて30km以上になっている。これは想定の範囲だが、それにしても御殿場から東京インターまでの予想時間は3時間以上となっていて、空いていれば1時間の区間だから長期戦が予想される。

 清水SAでは少し仮眠を取って、これからに備える。仮眠後、焼きそばを買ってみた。新東名のサービスエリアはどこもしゃれていて、昔ながらの焼きそばやアメリカンドッグを売っている店は少ないが、やはり高速道路ではこういったものを食べたい。500円だ。

6034_r

こちらも清水SAで買った抹茶サンデー。静岡茶入りらしい。

6038_r

 続いて、駿河湾沼津SAでも休憩する。駿河湾の夜景がきれいだ。

6039_r

 こちらはドライバーズスポット。簡単なお弁当や惣菜が売っていて、シャワールームも備えられている。トラックドライバー用の施設なのだろう。

 御殿場で東名に合流し、そこから先は渋滞に巻き込まれながら進み、大宮に戻ったのは23時30分ころとなった。

 今回の旅は新東名を移動経路に利用し、快適な走行を楽しめたが、その後の渋滞には閉口した。ただミニSLと廃線間近の名鉄バスに乗れて満足できた。

(これでミニSLと名鉄岡崎市内線の旅を終わります)

« ミニSLと名鉄岡崎市内線の旅(長篠設楽原PAまで) | トップページ | 東京メトロ有楽町線千川-小竹向原間連絡線 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/63415308

この記事へのトラックバック一覧です: ミニSLと名鉄岡崎市内線の旅(自宅まで):

« ミニSLと名鉄岡崎市内線の旅(長篠設楽原PAまで) | トップページ | 東京メトロ有楽町線千川-小竹向原間連絡線 »