ただいまの時間

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« ヘッドマークチャーム | トップページ | 北陸・京都乗り歩き(ANA747便能登空港行き) »

2016年4月22日 (金)

北陸・京都乗り歩き(羽田空港まで)

今日はまず羽田空港発8時55分の全日空機で一気に能登空港まで進む。最初の目的地、奥のとトロッコ鉄道のある恋路海岸は能登半島の一番奥にあり、鉄道とバスを乗り継いで行くととても行きづらいところにあるからだ。

Img_0754_r

大宮発6時27分の京浜東北線でスタート。大宮発の時点ですでにほぼ満席だ。浜松町に約1時間で到着し、モノレールに乗り換える。モノレールは混んでいたが、最初の停車駅天王洲アイルで下車する客が多くすぐ座れた。4人掛けのボックス席だ。同じボックスにはきれいに化粧をした女性が座っているが、少しふっくらしているから、キャビンアテンダントではないだろう(失礼)。羽田空港第2ターミナルビルには出発1時間前の7時52分に到着した。1日2本しかないので乗り遅れたら大変だ。

Img_0756_r

  航空券はインターネットで手続き済みだ。今回株主優待券を使用するのだが、従来は優待券を発券機に投入する必要があったのだが、昨年から優待券のシリアルナンバーを入力することにより、チケットレスサービスを利用できるようになった。早めに保安検査場に行き、ICカードをかざすだけで保安検査場を抜ける。能登空港行きは一番奥に近い70番ゲートからの出発だった。

 

« ヘッドマークチャーム | トップページ | 北陸・京都乗り歩き(ANA747便能登空港行き) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

予定どおり休暇が取れてよかったですね。
北陸行きは再び北陸新幹線の旅から始まるものと思い込んでいましたが、飛行機という手がありましたね。大宮から飛行機を利用して北陸地方に向かう場合、新幹線と時間的にはそれほど変わらないような気がしますが、株主優待を使うと新幹線よりも飛行機の方が割安ですか?
3日間で駆け巡る盛り沢山な「北陸・京都乗り歩きの旅」、どんな展開になるのか楽しみにしています。

ミスターANさん、こんばんは。

今回の第一目的地からすると飛行機利用が便利なのでした。だんだんにルートが明らかになっていきますので、少しお待ちください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/63519958

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸・京都乗り歩き(羽田空港まで):

« ヘッドマークチャーム | トップページ | 北陸・京都乗り歩き(ANA747便能登空港行き) »