2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« ミニSLと名鉄岡崎市内線の旅(自宅まで) | トップページ | 消えた大宮6時55分発埼京線 »

2016年4月 5日 (火)

東京メトロ有楽町線千川-小竹向原間連絡線

 東京メトロ有楽町線の千川から小竹向原までの間に連絡線ができました。従来、この区間は有楽町線から来る電車と副都心線から来る電車が平面交差していたためダイヤ乱れの要因になっていたのですが、これを解消するため、立体交差の工事が行われていたのです。それが先月完成したのでさっそく乗ってきました。

 平面交差を解消するのは地上区間ではよくあることですが、地下鉄では非常に珍しいです。相当な難工事だったと思われます。

 地下に隠れているのでどのような立体交差になったのか、実際に乗ってもイメージがわきにくいですし、東京メトロのホームページでも今ひとつわかりづらいのですが、未来レポートというホームページにはわかりやすい図解があったので、それを参照してください。

Kotakemukaihara201402_25_2

 それによると今回の工事の以前に上り線側も工事が行われていたようで、それは全く知りませんでした。この上り線側は自分でも知らないうちに乗っていたようです。

 下の動画は今回私が乗った時のものです。ちょっと暗くてイメージはつかみづらいと思いますが、上の配線図と合わせてご覧ください。

« ミニSLと名鉄岡崎市内線の旅(自宅まで) | トップページ | 消えた大宮6時55分発埼京線 »

怪しい鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京メトロ有楽町線千川-小竹向原間連絡線:

« ミニSLと名鉄岡崎市内線の旅(自宅まで) | トップページ | 消えた大宮6時55分発埼京線 »