ただいまの時間

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« ミニSLと名鉄岡崎市内線の旅(菅沼建築2) | トップページ | ミニSLと名鉄岡崎市内線の旅(岡崎市内線) »

2016年3月30日 (水)

ミニSLと名鉄岡崎市内線の旅(岡崎駅まで)

Dsc03183_r

 菅沼建築のミニSLの乗車を終えて、次なる目的はJR岡崎駅前から福岡町というバス停までの区間を走るバスの乗車になる。ただそれが普通のバスではなく、かつて存在した名鉄岡崎市内線の廃線跡を走っているのだ。名鉄岡崎市内線は岡崎市内を走る路面電車で1962年に廃止になりバス転換されたが、岡崎駅から福岡町までの区間だけがバス専用道路として生き残った。ウィキペディアによれば同区間が軌道法ではなく鉄道法に基づく区間と記されているので、専用道にしやすかったのかもしれない。私が生まれる前から廃線跡をバス専用道路として活用し、今まで53年間もよく生きながらえてきたものだ。しかし、周辺の再開発の関係でこの専用道路も明日3月31日で廃止されることになってしまった。

 菅沼建築を出発し、豊川インターから東名高速道路に乗る。先ほど乗った新東名とは違ってカーブやアップダウンが多く、しかも車線幅も狭く、その割に交通量が多いから、とても走りにくい。今までの感覚からするとごく当たり前の高速道路のはずだが、新東名を走った後なので特にそう感じるのだろう。

 岡崎インターで東名を下り、一般道を走り、約1時間で岡崎駅東口駅前に到着。ちょうど駅前に大きなコインパーキングがあったので、そこに車を停める。

Dsc03185_r

 さっそくバスのりばに向かう。東口4番乗り場から発車する。こちらの出口は駅前は整備されているものの店舗などは少なく閑散としている。反対口には行かなかったが、そちらがメインなのだろうか。

Dsc03188_r

 こちらが路線廃止のお知らせ。図の☓の区間が廃止されることになり、一般道路を経由することになっている。

« ミニSLと名鉄岡崎市内線の旅(菅沼建築2) | トップページ | ミニSLと名鉄岡崎市内線の旅(岡崎市内線) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521408/63414722

この記事へのトラックバック一覧です: ミニSLと名鉄岡崎市内線の旅(岡崎駅まで):

« ミニSLと名鉄岡崎市内線の旅(菅沼建築2) | トップページ | ミニSLと名鉄岡崎市内線の旅(岡崎市内線) »