ただいまの時間

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 受験の思い出7 | トップページ | 受験の思い出9 »

2016年2月 6日 (土)

受験の思い出8

1631

 当日の朝、ホテルから地下鉄で本山駅に至り、試験に臨みます。私の高校からこの大学を受けたのは私一人かと思っていたら、試験の休み時間に同じクラスのO君に声を掛けられ、びっくりしました。彼は高校の事務室の学割申請書に、私が名古屋までの申請をしていたのを見ていて、それで私が名古屋大学を受験することを知っていたようです。わざわざ各受験室を巡って私を探し当ててくれたようです。彼は昨日は本山駅の隣の覚王山駅近くの旅館に宿泊したとのことでした。

 試験の手応えは芳しいものではありませんでした。試験が終り、O君と地下鉄で帰ります。彼はこのまま新幹線で帰るのですが、私は東京行の夜行普通列車に乗る予定にしていました。親に迷惑をかけて名古屋まで受験旅行に行かせてもらったのだから少しでも交通費を節約したいという思いと、この際だから東海道線の普通夜行列車に乗ってみたいという思いが入り混じった複雑な心境でした。

 我々は栄で分かれ、私は名古屋城見物に向かいました。ところが既に当日の営業時間が終了していて、シャチホコを拝むことはできませんでした。残念な思いで名古屋駅に向かいます。私が乗る上り東京行普通列車は名古屋駅発が21時26分なので、まだ4時間ほど時間があります。

 名古屋駅の地下街などをあてもなく散策します。トヨタのショールームがあり、ちょうど発売されたばかりの新型高級スポーツカー「ソアラ」が展示されていました。この車種はその後若者に人気の出る車となりましたが、今は生産されていません。名古屋の地下街のどこかで食事をしたはずですが記憶はなく、かなり時間が余っていたのでさらに喫茶店に入り、クリームソーダを注文しました。

 ようやく発車時刻となり、急行タイプの165系車両に乗り込みます。オールボックスシートですが、普通列車用の113系などよりはシート間隔も広く快適でした。東京駅には朝の4時40分に到着です。京浜東北線に乗り換え、北浦和駅に着きますが、まだ早朝でバスがなく、駅から自宅までとぼとぼと小一時間ほど歩いて帰りました。

 その日、3月5日は妹の県立高校入試の合格発表日でもありました。私が受験明けの夜行帰りで疲れた状態で家で待機していると、妹は無事合格し、うれしさのあまり泣きながら帰ってきました。浪人がほぼ決まって落胆している私と、高校に合格した妹と、一家のなかで正反対の事象が展開していました。

« 受験の思い出7 | トップページ | 受験の思い出9 »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

その頃ミスターOHは東北大学に居ました。
特急ひばりで大宮から仙台まで4時間ちょっとかかっていた頃のお話です。
東北新幹線の開業は昭和57年だったでしょうか。

いやしかし大学受験時の記憶はほとんどありませんねえ。確か今は無き駅前の「仙台ホテル」って所に泊ったような気はするのですが。ミスターKすごいです。

ミスターOHさん、こんばんは。

特急ひばりとは懐かしいですね。新幹線開業前の時代ですから、4時間くらいかかりましたね。

もう35年も経つわけでも、いつもながら時の速さを感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受験の思い出8:

« 受験の思い出7 | トップページ | 受験の思い出9 »