2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 日経新聞春秋 | トップページ | 新橋SL広場 »

2015年12月27日 (日)

空旅・船旅・汽車の旅

Fullsizerender_1

 阿川弘之さんの乗り物エッセイ「空旅・船旅・汽車の旅」です。1年くらい前に文庫として刊行されましたが、単行本としては1960年4月に中央公論社から発売されました。おそらく宮脇俊三さんが編集者としてたずさわったものと思われます。昭和20年代から30年代にかけての日本の交通事情がよく分かります。まだ鉄道が花形の時代で、親子三代国鉄の機関士として働く家族の独白調のエッセイがある一方、道路事情は最悪で未舗装道路が多い中、車で東北一周旅行に出る話、スチュワーデスの奮闘記、アメリカ大陸自動車横断、ホノルル航路乗船記など、幅広い分野に渡っていて、当時の日本を含めた世界の交通事情がよくわかります。文章も読みやすく軽妙でいて、記述は正確です。文章の勉強にもなります。みなさまもぜひご一読いただければと思います。

« 日経新聞春秋 | トップページ | 新橋SL広場 »

鉄道関連書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空旅・船旅・汽車の旅:

« 日経新聞春秋 | トップページ | 新橋SL広場 »