2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 第12回伊豆急全線ウォーク(帰り) | トップページ | 空旅・船旅・汽車の旅 »

2015年12月26日 (土)

日経新聞春秋

Fullsizerender

 昨日の日経新聞の一面コラム「春秋」に宮脇俊三さんの著作が引用されていました。「7つの廃線跡」という著作のまえがきからの引用です。ひと昔前の鉄道の時刻表の巻頭地図には、中小私鉄の路線が各地に路線を延ばしていたことを懐かしむくだりが引用されています。

 時刻表は旅心をくすぐる存在で、スマホやインターネットで列車を検索できる時代になっても、それは変わらず、この先の時代にも残ってほしい気がすると筆者は結んでいます。

 まさにその通りで、目的が1ヶ所に決まっている旅行ではインタネット検索も重宝しますが、アイデアが煮詰まる前の段階では時刻表は欠かせません。時刻表は実際に旅行するときに必要になるのはもちろんのこと、実際に旅行せず机上旅行も楽しめるのは時刻表ならではの特性でしょう。あてもなくページをパラパラとめくり、旅の計画を練るのは楽しいものです。もし無人島に行くことになり1冊だけ本を持っていけるとしたら、まよわず「時刻表」を持っていくでしょう。

  最近は私も年に1冊程度しか時刻表を買わなくなりましたが、それでも旅の起点はいつでも時刻表です。これからも長い付き合いをしていきたいと思います。

Fullsizerender2

« 第12回伊豆急全線ウォーク(帰り) | トップページ | 空旅・船旅・汽車の旅 »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日経新聞春秋:

« 第12回伊豆急全線ウォーク(帰り) | トップページ | 空旅・船旅・汽車の旅 »