2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 圏央道桶川北本IC~白岡菖蒲IC間開通 | トップページ | 西武安比奈線(国道16号から先) »

2015年12月 7日 (月)

西武安比奈線(国道16号まで)

 埼玉県の川越に「西武安比奈線」という線があります。西武新宿線の南大塚駅から分岐し、安比奈に至る貨物線です。入間川の砂利採取を目的に1925年に開業しましたが、川砂利の採取が禁止されたことから、1967年に休止になりました。休止と言っても50年近く休止のままで、実質的には廃線同様なのですが、建前上は休止のため、鉄道の構造物がかなり残っています。その休止線沿線を先日歩いて来ました。

Dsc02427_r

 南大塚駅の所沢方にある踏切から南大塚駅方向を眺めた写真です。踏切上には本線の複線の線路とは別にもう1本線路があります。これが安比奈線の線路と思われます。

Dsc02429_r

 こちらは南大塚駅下り線ホーム脇にある安比奈線の0キロポストです。ここが起点の位置になるようです。

Dsc02431_r

 こちらは南大塚駅の本川越方です。線路の分岐が始まっています。

Dsc02435_r

 一般道路と交差する付近です。踏切はもうありません。

Dsc02436_r

 その「踏切」上から眺めた様子です。線路、架線柱とも残っています。50年以上前の構造物が、風雪に耐え、崩壊もせず、よく残っているものです。線路内は西武鉄道の敷地になっているので勝手に立ち入ることはできません。

Dsc02439_r

 沿線のマンションの駐車場からの様子です。このあたりは複線分の用地があります。貨物列車の待機スペースだったのでしょうか。

Dsc02442_r

 雑草も少ないので、草刈りも適宜行われていると思われます。

Dsc02443_r

 国道16号と交差するところです。国道上にはレールはありませんが、今から20年くらい前まではレールが残っていたのを覚えています。

Dsc02445_r

 中央分離帯は撤去可能なもので構成されていました。

« 圏央道桶川北本IC~白岡菖蒲IC間開通 | トップページ | 西武安比奈線(国道16号から先) »

廃線跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西武安比奈線(国道16号まで):

« 圏央道桶川北本IC~白岡菖蒲IC間開通 | トップページ | 西武安比奈線(国道16号から先) »