2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 仙石東北ラインとアカシアまつりの旅(花輪線) | トップページ | 仙石東北ラインとアカシアまつりの旅(アカシアまつり) »

2015年7月 2日 (木)

仙石東北ラインとアカシアまつりの旅(アカシアまつりトロッコ)

十和田南からはバスで小坂に向かう。所要時間は約20分だ。

Img_9354_r

 小坂小学校前バス停で降り、先月確認したトロッコの乗り場に向かう。歩いて1分ほどの距離だ。

Img_9355_r
(始発の花園町駅」

 トロッコに乗ろうとする大勢の客でごった返していると想像していた私は、乗り場に着くと誰も待っていないのに驚いた。乗り場の掲示では9時30分から随時運行となっている。線路を見はるかすと、こちらへ戻ってくるトロッコが見えたから、運行されているのが確認できてホッとする。

結局私の便は私以外に誰も乗らなかった。一人で貸切だ。車両自体は先月乗った観光トロッコと全く同じだが、走る区間が花園町から古館までとなっていて、正確な距離は分からないが500mくらいと思われた。途中駅の永楽町、終点の古館ともホームはあるが、乗降は取り扱っていない。

Img_9374_r

Img_9370_r

 右手にアカシア通り、左手にはアカシアまつりの会場となっていて、緑あふれる木々の間を走る眺めの良い区間だ。途中の踏切にはボランティアの人が出て、誘導に当たっている。車掌の話ではJR北海道の苗穂工場で働いている人で、はまなすに乗ってやってきたとのこと。今は取り壊されてしまったが、沿線には鉱山で働く職員向けの社宅が多く立ち並んでいたとのこと。

5301_r

 ゆっくり走って、往復15分くらいだろうか。この区間は小坂鉄道が現役の頃に乗ったはずなのだが、沿線の景色にはまったく記憶に残っているものがない。

こちらの動画もお楽しみください。

« 仙石東北ラインとアカシアまつりの旅(花輪線) | トップページ | 仙石東北ラインとアカシアまつりの旅(アカシアまつり) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 仙石東北ラインとアカシアまつりの旅(花輪線) | トップページ | 仙石東北ラインとアカシアまつりの旅(アカシアまつり) »