2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 仙石東北ラインとアカシアまつりの旅(アカシアまつり) | トップページ | 仙石東北ラインとアカシアまつりの旅(余目まで) »

2015年7月 4日 (土)

仙石東北ラインとアカシアまつりの旅(秋田まで)

Img_9454_r

 小坂からバスで大館に向かう。この区間は先月レンタカーで走った区間で懐かしい。

Img_9463_r

 トロッコの線路も見え隠れして1ヶ月前を思い出す。

 バスは時折旧道に入ったり、ショッピングセンターの駐車場に入ったりして、大館駅に向かう。

 大館では50分ほど待ち時間があるが、小雨模様なので駅の待合室で過ごす。

5303_r

 13時45分発の秋田行きに乗る。5両編成の701系でこの地方では長大編成に当たるだろう。私は最後尾の車両に乗ったが、15人くらいしか乗っていない。

 アカシア祭りで飲んだビールのせいか、すぐに眠くなり、いったん鷹ノ巣で目が覚めたものの、次に眼が覚めると東能代だった。

 それにしても701系はモーター音も大きく、ロングシートで居住性は良くない。東京でこんな車両を走れせたら苦情続出だろうが、秋田の人はおとなしく乗っている。15時38分秋田着。

5311_r

 秋田では乗り換え時間が1時間ほどあったので、どうしようかと観光案内板を見ると千秋公園が歩けそうなところにあったので、そこまで行ってみた。 公園の入り口まで10分ほどで、中をザッと見て、すぐに帰ってきたので所要時間は30分で、これでは見学したうちに入らないと思われるだろう。実際その通りで、宮脇俊三さんの時刻表2万キロに「あいつの見物の仕方は汽車の乗り方と同じだと言われそうだ」というくだりが出てくるのを思い出した。

« 仙石東北ラインとアカシアまつりの旅(アカシアまつり) | トップページ | 仙石東北ラインとアカシアまつりの旅(余目まで) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙石東北ラインとアカシアまつりの旅(秋田まで):

« 仙石東北ラインとアカシアまつりの旅(アカシアまつり) | トップページ | 仙石東北ラインとアカシアまつりの旅(余目まで) »