2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 浜工新幹線の旅(クーポン類) | トップページ | 浜工新幹線の旅(東京駅まで) »

2015年7月23日 (木)

浜工新幹線の旅(チケット)

Img_0002_r

 ホテルの宿泊クーポンのやりとりでちょっとイラッとしたものの、うれしいことには変わりない。乗車券は昔のマルスから印刷された感じのようなもので、こういう乗車券は味わいがある。

 帰りのこだまは座席指定はないものの乗るべき列車が指定されているので、先行の列車に乗って早く帰ってくることはできない。こういう発売方法もあるらしい。それからお弁当とお茶のクーポンもある。お弁当とお茶はこちらから受け取りに行くのではなく係員が届けてくれると記されている。

 ところで今回浜松工場へ乗り入れる臨時列車には「浜工新幹線」という名前が付いている。浜松工場を浜工と省略しているわけだが、こういう省略語があるとは知らなかった。JRの部内用語だろう。私のような世代は「ハマコー」と聞くとあの暴れん坊の故浜田幸一議員のことを思い出す。

 それはともかく、今回の行程では京都に着いた後と浜松に着いた後に時間の余裕があり、その時間をどう過ごすかも課題だ。京都も浜松も周辺に特段訪れて見たいところもない。夏の暑い盛りなので観光する気分もあまりなれない。一応私が考えているのは、京都では蹴上のインクライン跡の見学、浜松では遠州鉄道の赤電乗車、天竜浜名湖鉄道の天竜二俣駅の施設見学だが、詳しいことは現地で考えようと思っている。

« 浜工新幹線の旅(クーポン類) | トップページ | 浜工新幹線の旅(東京駅まで) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜工新幹線の旅(チケット):

« 浜工新幹線の旅(クーポン類) | トップページ | 浜工新幹線の旅(東京駅まで) »