ただいまの時間

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

第11回伊豆急全線ウォーク(片瀬白田→伊豆稲取)

片瀬白田からはこのコースの難関箇所を進む。ウォーキング中の最高地点を行くからだ。片瀬白田駅を出て国道を渡ると、いきなり急勾配が始まる。東京理科大の研修寮を過ぎ、みかん畑と墓地の中の急勾配を進めど進めど急坂が続き、約30分間登りっぱなしだ。この間、水分補給で2回ほど休憩する。 11時になると防災無線から音楽が流れるのがこの地域の特徴だが、この日はオフコースの「言葉にできない」がかかっている。私も呼吸が乱れ、言葉が出ない。それにしてもこの放送の選曲はかなり昭和だ。以前は松田聖子の「スイートメモリーズ」がかかっていたこともあるのだ。

水道施設が現れ、ここでいくらか勾配がゆるやかになるのだが、その後も勾配は続く。しかし、高い位置から海を見下ろすことができ、いくらか疲れが癒されるような気がする。先ほど歩いた海岸線が見えている。

Dsc09005_r

その後、トンネルを抜けると、この区間中の最高地点である標高290mに達する。日本一の高さのあべのハルカスが高さ300mなので、そこの最高階まで歩いて登るようなものだ。

そこからは下り一方になり、今まで蓄えた位置エネルギーを放出しながら、下っていく。畳石と呼ばれる江戸城の築城にも使われた巨石がある伊豆稲取駅に12時20分に到着した。

Dsc09017_r

ワッペンシールは国鉄115系タイプの車両で、伊豆急では200系と呼ばれているものだった。

2014年11月29日 (土)

第11回伊豆急全線ウォーク(伊豆熱川→片瀬白田)

Dsc08992_r_2

 本来であれば川奈駅から次の富戸駅まで歩くのだが、今回は電車で伊豆熱川まで移動する。今回飛ばした区間をミスターAN氏と一緒に歩く予定があるからだ。彼は過去3回私のウォーキングに同行してくれたのだが、まだ伊豆高原から伊豆熱川までの区間を歩いていないのだ。その彼のためにこの区間を飛ばして、電車で移動したのだ。

 川奈駅発9時39分の伊豆急下田行き電車に乗る。途中伊豆高原で後部3両を切り離し、10時07分伊豆熱川着。ここから再びウォーキングを再開する。射的やスマートボールの店が並ぶレトロな温泉街を抜け、海沿いのコースになる。青く輝く海が広がり、気分爽快だが、少し雲が出ていて、伊豆大島は見えない。

Dsc08996_r

 この区間はほとんど平坦で歩きやすい。距離も3キロ弱なので、すぐに片瀬白田に到着する。

Dsc09001_r

 賞品のワッペンシールは黒船電車だ。駅で小休止をしていると、非番の職員らしき人が駅員に缶コーヒーを差し入れていた。




2014年11月28日 (金)

渋沢駅のZARDの駅メロ決定

Sl06Sl08

 伊豆急全線ウォークの話題は1回休みです。

 以前、小田急線渋沢駅の駅メロをZARDの曲から選曲する投票が行われているとの話題をお伝えしましたが、先日それが決定されました。うっかりしていたことに11月25日に公表されていたのに、それを知らず人から教えられて知りました。

 曲は私の予想通り、「負けないで」と「揺れる想い」でした。わざわざ投票するまでもなく、結果は予想された通りでした。12月23日から使用されるようです。記念式典や記念ピンバッジももらえるようで、さっそく当日行って、聞いてきてみようと思います。 駅メロなので、どのようにアレンジされているかも楽しみです。

2014年11月27日 (木)

第11回伊豆急全線ウォーク(南伊東→川奈)

 南伊東から次の川奈までの区間は上り中心のコースになるので、服を1枚脱いでおく。例年坂の途中で汗をかいて、薄着になるからだ。

 ヤマダ電機の脇を抜けると急な上り坂となる。5分ほど上るとすっかり汗をかき、薄いジャンパーも脱いで、手に持って歩く。

 サンドイッチの店「チェス」を左に曲がり、下りになった後、いったん国道に合流し、再び上り坂となる。この辺りの坂は急勾配というほどではないが、長く続くので、結構応える。

 ドラッグストアを左折すると、ようやく下りとなり、国道を横断すると、この区間のクイズポイントになる。しっかり解答を確認する。

Dsc08990_r_3

 その後住宅街の中を進み、川奈駅に到着した。所要時間は1時間5分ほどだ。駅前の東急ストアの前では開店前から客が行列している。高齢者の女性が多い。どうやら先着で買い物用クーポン券がもらえるようで、もらってはまた行列に並び直している。

Dsc08989_r

 記念のワッペンシールは8000系電車だった。

2014年11月26日 (水)

第11回伊豆急全線ウォーク(伊東→南伊東)

Dsc08980_r

 この日第1の区間は伊東から南伊東までだ。距離は2.1kmでウォーミングアップのような区間だ。7時50分にスタート。伊東駅はリニューアル工事中のようだ。暑くもなく、寒くもなく、ウォーキング日和だ。

 今回も例年と同じく、コースの途中でクイズがある。南伊東までの区間はルート上にある郵便局の名前を答えるもので、行かなくても分かるからサービス問題だ。

 南伊東までの平坦な道で、疲れも感じず、約25分で到着した。

Dsc08984_r
 

 さっそく窓口で記念品を引き換える。今回からワッペンシールに変わったのでどんなものかと想像していたが、従来のピンバッジより一回り大きなデザインで、刺繍で作られていて、結構、手の込んだものでホッとした。この区間の車両デザインはリゾートドルフィン号だった。

 合わせて全駅入場券セット2550円も購入。前回は台紙から自分で入場券を切り取る方式だったが、今年は予め一枚づつ分かれている通常の硬券入場券だ。このほうが手間いらずだ。それとともにこの入場券セットを入れられる黄色いバックも付いている。


  

2014年11月25日 (火)

第11回伊豆急全線ウォーク(切符)

Dsc09032_r

今回は「週末パス」を利用している。この切符は南東北以南のJR線が2日間乗り放題で8730円なのだが、JRだけでなく幾つかの私鉄も乗れるようになっている。その中に伊豆急も含まれている。伊豆急は運賃が高くて、ちょっと乗ってもすぐ1000円くらいするのでありがたい。

この切符は2日間有効なので、昨日吾妻線に乗った時にも利用したのだ。普通に買うより2日間で3000円は得をしただろう。

それと一緒に写っているのがビューカード普通列車グリーン車利用券だ。1000円分のポイントを貯めるとこの券が2枚もらえるのというお値打ちのものだ。

2014年11月24日 (月)

第11回伊豆急全線ウォーク(伊東まで)

第11回伊豆急全線ウォーク(伊東まで)
11月24日月曜日、3連休の最終日、伊豆急全線ウォークの第1日目を開催することにした。天気予報では今日までは温暖な気候のようだ。

伊豆急全線ウォークは今回で11回目の開催となるが、私自身は8回目の参加となる。私が年1回だけカラダを動かすのが、この伊豆急全線ウォークだ。これだけで日頃の運動不足を解消するのは無理だが、しないよりはマシだろう。

今回は大宮に転居して初めてのウォークで、大宮駅発4時30分の京浜東北線の始発でスタートする。大宮駅発の時点では各車両10人くらいの乗車だが、その後は結構乗ってきて、東京駅に着く頃にはほぼ満席となった。

東京駅では3分の乗り換えで東海道線の沼津行きに乗る。この電車はかつては大垣夜行の折り返しで373系が充当されていたが、今は231系になっている。したがってグリーン車が連結されている。ビューカードのポイントを利用すると実質的に500円で熱海までグリーン車に乗れるのでそのチケットを利用する。

東京駅発の時点でグリーン車は3人しか乗っていない。まだ、外も暗い中の発車となる。この時間帯なので普通車も空いているが、やはりグリーン車のほうがずっと楽だ。前の席を回転させ、ワンボックスを一人で占領する。

大磯付近で空が明るくなる。根府川のあたりでは相模灘が波もなく、穏やかな姿を見せている。私は人から「どの線が景色が良いか」と問われることが多いが、関東地方では根府川付近から眺める相模灘と答えている。宮脇俊三さんも同意見だ。

熱海で伊東線に乗り換え、7時45分伊東駅に到着した。

2014年11月23日 (日)

吾妻線線路付け替え

八ッ場ダムの建設に伴い、吾妻線の岩島ー長野原草津口間の線路が付け替えられ、その区間に乗ってきました。新線開業ではありませんが、線路が大幅に移転したので、私にしてみれば実質的に新線開業です。

  八ッ場ダムは民主党が政権を取った時に建設を取りやめると言っていたのですが、ダム建設を途中で取りやめるデメリットの大きさで、結局工事が継続され、それに伴い吾妻線も新路線に切り替わりました。政治の混乱に振り回された線でもあります。

それはそれとして11月23日に乗ってきました。まず、大宮発7時50分の高崎行き普通列車に乗ります。休日の下りなのでハイキングに行く感じの人が多く、また10両編成なので座れず、上尾まで立っていきます。 熊谷で立ち客がなくなり、関東平野を快走します。赤城山が見えてきて、烏川橋梁を渡り、定刻高崎着。

  高崎で乗り換えた吾妻線は3両編成の湘南色で、これも立ち客が出る混雑です。渋川で立ち客がなくなり、吾妻川沿いに進んでいきます。

Dsc08963_r

  岩島駅を出るとすぐに旧線が分岐していきます。

Dsc08960_r

すでに築堤が取り壊されたところもあります。

Dsc08956_r

 コンクリート橋を渡るとすぐトンネルに入ります。

Dsc08877_r

 トンネルを出ると、新しく移転になった川原湯温泉駅です。

 Dsc08924_r


Dsc08896_r

 川原湯温泉駅を出るとまたトンネルで、それを抜けると旧線が合流してきて、長野原草津口駅に到着です。

 ほとんどトンネルで、わざわざ来るほどのこともないですが、やはり乗り鉄の人は押さえておくべきでしょう。

2014年11月22日 (土)

ふなっしーメモ帳とのぞみスプーン

Img_6883

 船橋から転勤して一月半が経ちました。かつての仕事仲間が私を飲みに誘ってくれました。その時プレゼントとして頂いたたのが、この二品です。

 総武線に乗っているふなっしーのメモ帳で、これで仕事をすると仕事がはかどりそうです。

 のぞみ号スプーンは食欲が増しそうです。うれしいプレゼントでした。

2014年11月21日 (金)

ケーブルカーコーヒー

ケーブルカーコーヒー
ケーブルカーコーヒー
新宿アイランドビル地下に「ケーブルカーコーヒー」という店があったので入ってみました。

サンフランシスコのケーブルカーを模した外観になっています。店の中のテーブルや椅子は全て木製になっていますが、実際のケーブルカーもそうなのでしょうか?

ところでサンフランシスコのケーブルカーといえば、ZARDの「グロリアスマインド」という曲のブロモーションビデオが、サンフランシスコのケーブルカーを舞台にしていました。颯爽とケーブルカーに飛び乗る坂井泉水の姿が印象的でした。

2014年11月20日 (木)

高倉健と鉄道員(ぽっぽや)

Img_6872

昨日は新幹線大爆破の話題でしたが、今回は鉄道員(ぽっぽや)です。実直な鉄道員の姿を高倉健が演じています。

201209hokkaido_104_r

こちらがその舞台となった幾寅駅です。映画の中では幌舞駅として登場します。映画では終着駅という設定でしたが、実際は根室本線の途中駅です。

201209hokkaido_096_r

駅前には実際にロケに使われたセットや車両のカットモデルもあります。今から3年ほど前に訪れました。そのときのブログはこちらです。

2014年11月19日 (水)

高倉健と新幹線大爆破

Photo

 高倉健さんが亡くなっていたという報に接しました。高倉健と鉄道との関連は「鉄道員」が有名ですが、私はこの「新幹線大爆破」が気に入っています。高倉健が主演で、新幹線に爆弾を仕掛け、新幹線が時速80km以下に減速すると爆発するという仕掛けです。その起爆装置の解除方法と引き換えに、多額の現金を要求するのです。止まるに止まれない極限状態のなか、国鉄、警察、犯人との攻防が見どころの、手に汗を握るパニックムービーです。新幹線が博多に延長された直後の時代でタイムリーなテーマでもありました。最終的に現金の受け取りに成功した高倉健ですが、海外に出国しようとする羽田空港で捕まり、射殺されます。高倉健演じる犯人は冷静かつ寡黙で、まさに健さん以外に演じられる人はいないでしょう。ご冥福をお祈りします。

2014年11月18日 (火)

東京駅100周年

Img_8030_r

駅で見かけた東京駅100周年記念缶ビールです。今年の12月で100年になります。エビスビールです。

Img_8035_r

こちらは同じく爽健美茶です。今後もいろいろ出てくるかもしれません。

2014年11月17日 (月)

昭和43年の大宮駅前

昭和43年の大宮駅前
これも須原屋で見かけた昭和の写真です。昭和43年の大宮駅東口の様子です。まだ高島屋もありませんが、奥には今もある中央デパートと区役所が見えます。また、居酒屋のいづみやも見えています。当時から2店舗体制のようです。野村證券は建て替えられましたが、今とほぼ同じところにあります。

昨日の浦和駅は当時の面影は全くなかったですが、大宮駅東口は結構今も残っているものがあることに驚きます。それだけ駅前再開発が進んでいないことの裏返しでしょう。

2014年11月16日 (日)

昭和30年代の浦和駅

昭和30年代の浦和駅
昭和30年代の浦和駅
浦和の老舗書店須原屋で見かけた昭和30年代の浦和駅の写真です。ホーム1面で線路は複々線で、貨物列車も見えます。この当時は京浜東北線と東北線は線路を共用していたので、浦和駅にはホームが1面しかなかったと思われます。一方、貨物線は独立していたようです。 駅前広場には今と同じく国際興業バスが見えます。

今から50年以上も前の写真で駅周辺の建物はあまりにも粗末です。当時は県庁所在地の駅でもこんな様子だったわけで、オリンピックを境に日本は大きく発展していったことが1枚の写真からも分かります。次の東京オリンピックで日本はどのように変わっていくのでしょうか?

2014年11月15日 (土)

電車の見える店

電車の見える店
ミスタードーナツの浦和西口ショップです。大きなガラス窓から湘南新宿ラインの電車がよく見えます。下から見上げる形になるのでベストポジションではないですが、鉄道ファンにはオススメです。

2014年11月14日 (金)

鉄道手帳

鉄道手帳
来年の手帳を買いました。鉄道手帳です。普通の手帳の機能の他に、各日の欄にその日かつて何があったかが書かれています。また、鉄道豆知識などもあり、この手帳があれば毎日楽しそうです。

2014年11月13日 (木)

川口跨線橋

 川口駅の東側から京浜東北線、東北本線をまたいで、東北貨物線に合流する高架の渡り線があります。SL青葉通りを見学した後、その様子を眺めてみました。

5165_r

 かつては線路脇にあったビール工場からの列車が発着していたのですが、工場廃止後は保線用車両の待機場所になっているようです。

5163_r

5170_r

 架線が張られていません。以前もそうだったのでしょうか。

5171_r

 この高架橋で一気にまたぎます。

5173_r

5178_r

 この区間に乗れる臨時列車があればぜひとも乗りたいものです。

2014年11月12日 (水)

SL青葉通り

5156_r

 川口駅からショッピングモールアリオ川口に通じる道がSL青葉通りと名付けられています。
かつてのサッポロビールの工場に通じる引き込み線があったので、そう名付けられています。

5157_r

 道のガードレールはSLの動輪を型どられていて、街灯の台座はD51と表記されています。

5161_r

 ただ、この道は厳密には廃線跡ではないと思われます。かつてのサッポロビールの工場は私の記憶では線路際にあったと思われるからです。しかし、それはともかく鉄道系のオブジェとして価値あるものだと思われます。

2014年11月11日 (火)

種村直樹氏の訃報に接す

Book_001

 鉄道旅行術の著者でレイルウェイライターの種村直樹氏が11月6日になくなりました。78歳とのことでした。新聞記者出身らしくデータに裏打ちされた著作活動を行い、私が鉄道に興味を持ち始めた昭和50年代ころに積極的な活動をされていました。

 「鉄道旅行術」のようなハウツーものや「気まぐれ列車」のような旅行記で大きな人気を得ました。私も種村氏の著作の多くを持っており、旅行の折は大いに参考にさせていただきました。います。

 私は今から15年ほど前に一度だけ種村氏を東京駅東北新幹線ホームでお見かけしたことがありました。そのときは種村氏らしくなく、お一人で旅をされていました。氏の著作ではいつも多くの仲間を引き連れて旅をしていたのでちょっと意外な感がしました。そのときは遠目に眺めるだけでしたが、「読者です」と声をかければ快く応対してくれたでしょう。

 「時刻表2万キロ」の宮脇俊三さんも10年ほど前にお亡くなりになり、鉄道界の両巨塔が亡くなったあと、鉄道著作の世界で二人の後継者が出るのでしょうか。私をこの世界に引き込んでくれた氏のご冥福をお祈りします。

2014年11月10日 (月)

架線柱

5151_r

 北浦和駅を利用した時のことです。宇都宮線、湘南新宿ラインの架線柱が新しくなっていることに気付きました。複々線分を一跨ぎしています。従来の角ばったタイプではなく、丸くスリムなタイプです。このあたりの区間は普段は窓外を熱心に眺める区間ではないので、ひょっとするとかなり前に取り替えられていたのかもしれません。鉄道の施設も変わっていないようで、よく見ると結構変わっているようです。

2014年11月 9日 (日)

ハッピーセット獲得実績

5181_r

  マクドナルドのハッピーセットで、プラレールのキャンペーンは先週木曜日で終了しました。私は結局8種類中7種類ゲットできました。ゲットできなかったのはE5系はやぶさだけです。
 このブログでプラレールを集めていることを紹介しているので、会社の人で自分がゲットしたものを親切にも私にプレゼントしてくれる人もいます。
 最後にゲットしたE4系MAX(前列左)がそれです。ありがたいことです。

2014年11月 8日 (土)

北浦和公園の不思議な鉄道系オブジェ

北浦和公園の不思議な鉄道系オブジェ
北浦和駅西口にある北浦和公園に不思議な鉄道系オブジェがあります。線路の上にトロッコが乗っていて、その上から変なアームが延びています。何かの芸術作品なのでしょうか? 気になる物体です。

2014年11月 7日 (金)

乗務員支障とは?

乗務員支障とは?
電車が遅延するとメールが来る登録をしています。たいていは人身事故か車両故障なのですが、今回来たメールは「乗務員支障」となっています。乗務員の勤務割りを間違えて、運転士が来なかったのでしょうか。気になる理由です。

2014年11月 6日 (木)

新宿京王百貨店

新宿京王百貨店
私は小学生まで世田谷区に住んでいたので、週末は家族でよく新宿に出かけました。京王線沿線に住んでいたので、京王百貨店に買い物に行くことが多かったです。買い物が終わると8階にある食堂に行って家族で食事をして帰りました。当時は昭和40年代なのでファミリーレストランなどない時代ですから、家族で食事というとデパートくらいしかなかったのです。

ファミリー食堂のようなところで、入り口で食券を買うスタイルでした。ファミリーセットみたいなメニューを家族みんなで食べたものです。エビフライやコロッケ、スパゲティーなど4人分が大皿に一緒盛りになっていました。値段は2000円か2500円くらいの記憶があります。

私の家族は5人家族でしたが子どもは皆小学生以下で、食べきれずに残ったものは父が全部食べました。父は戦前の生まれなので、何が出ても残さず食べるのでした。

そんなことを思い出しながら、新宿勤務に戻ったので久々に京王百貨店の8階に行ってみました。この店が私の記憶の店かどうかは分かりませんが「お好み食堂」というのがあり、昔ながらの雰囲気を漂わせていました。中で食事をしようと思いましたが、夜はバイキング専門になっていたので、店の中をちらっと覗いただけで今回は残念ながらパスしました。

それにしても8階のレストラン街は昔はもっと広かった気がしましたが、今回行ってみるといくつもの店に分かれていて、随分狭いフロアでした。それでも懐かしい昭和の思い出です。

2014年11月 5日 (水)

鉄道100年記念切手

4807_r

 押し入れから出土した「鉄道100年記念切手」です。1972(昭和47)年10月14日が鉄道100年であることを記念してのことです。183系電車の風景印付きで、この年総武快速線が東京駅地下ホームに乗り入れるようになったので、タイムリーな風景印です。私の親は鉄道マニアでもないのに、子供のためにこんなものを買っておいてくれたのでした。

2014年11月 4日 (火)

さいたま市立中央図書館

さいたま市立中央図書館
浦和駅東口駅前にあるさいたま市立中央図書館に来ました。ここは最近の図書館にしては珍しく自習スペースが充実しています。200人くらいは利用できそうです。その中には書斎スペースもあり、半個室風になっていて、3時間利用できます。社会人用スペースというのもあり、学生向けと異なり広い机でゆったりと勉強できます。私も今回試験勉強でここを利用しました。

それとともに、この図書館は雑誌コーナーも充実しています。時刻表や鉄道ファン、旅と鉄道などはもとより、業界紙のみんてつ、Subway、運転協会誌、鉄道車両工業といった見たこともない雑誌もありました。最近の図書館はこんなにマニアックだとは知りませんでした。

勉強に、趣味に、いろいろ使えそうな図書館でした。時間があるときにじっくり腰を据えて楽しみたいと思います。

2014年11月 3日 (月)

北海道新幹線レール締結式

 北海道新幹線のレール締結式が行われたという、うれしいニュースが入ってきました。再来年の3月には開業するようです。これにより新函館北斗から鹿児島中央まで、新幹線のレールが1本につながったという報道がなされています。厳密にいうと東京駅で、東北新幹線と東海道新幹線のレールは分断されているので1本につながったというのは不正確ですが、言わんとすることは分かります。新幹線開業50年の年にタイムリーな話題です。函館の人はどんなにか喜んでいることでしょう。

2_02

 北海道新幹線が開業すると、東京からの所要時間は4時間10分くらいになるようです。この写真は青函連絡船から眺めた函館山で、私が1983年の2月に初めて北海道に行ったときのものです。上野発20時50分の急行十和田で、青森で青函連絡船羊蹄丸に乗り継ぎ、14時05分に着いたので、所要時間は17時間15分かかりました。青函トンネルの開業はその5年後でした。そのときは青函トンネルができることさえ、夢物語のような気がしました。それが新幹線で函館に行けるようになるとは、その間に尽力された人たちの苦労に感謝します。

 今後も引き続き札幌までの工事が行われるようですが、あと20年もかかるようです。その時までは何とか生きていたいものです。

2014年11月 2日 (日)

本日までのダブリ

本日までのダブリ
マクドナルドのハッピーセットの成果です。11回食べて6種類ゲット、5個ダブリという状況です。

あと2個ですが、ここからが至難の技です。今まで食べたのと同じくらい食べないとコンプリートしないかもしれません。でも頑張りたいと思います。

なお、ダブったプラレールは普段お世話になっている、小さな男の子がいる社員に配っています。

2014年11月 1日 (土)

タリーズコーヒーのSL模型

Img_6757

 久しぶりの更新になります。各方面から私の重病説も流れていたようですが、単にネタ切れだったのでご安心ください。

 昨日昼食で訪れたタリーズコーヒー西新宿駅前店に、ご覧のようなC62の2号機が展示されていました。ガラスケースの納まった豪華版で、24分の1スケールの金ピカの模型です。ヘッドマークはつばめになっています。炭水車に石炭の代わりに、コーヒー豆が乗っているのはご愛嬌です。

 なぜここにこのような模型があるのかは不明ですが、店長がその方面の趣味があるのでしょうか。うれしくなる趣向です。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »