2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« フラワータウン駅 | トップページ | 門司駅 »

2014年6月24日 (火)

入れ換え電車脱線

Kouken_036_2

 6月19日夜、小田急の相模大野車両基地で入れ換え電車が脱線しました。私は以前相模大野駅近くに住んでいたことがあり、駅の西側の小田原線と江ノ島線の分岐地点に広がっている車両基地の場所もピンときました。詳しい原因はまだ公表されていないのですが、どうも本線に向かう途中ポイント上で待機していた電車が、その途中でポイントが操作され、電車が前と後ろに泣き別れになり、脱線したようです。

 ところで、この事故とは関係ないのですが、小田急では駅の放送などで「入れ換え電車」という言葉をよく聞きます。他の鉄道会社では一般に「回送電車」と呼ばれますが、小田急では「入換電車」と呼ばれます。車庫に入ったり、車庫から出てくる電車や、折り返し用の中線に取り込まれたりするときに使われているようです。

 小田急ではそのほか「分割案内板A」というのもよく聞きます。車両が4両と6両に分割できるタイプが多く、その分割地点を示す用語で、ここを境に行き先が変わったりします。かつては「分割案内板B」というのもあったらしいですが、今はありません。したがって単に「分割案内板」と言えばいいものを律儀に「A」を付けています。いずれも、小田急独特の用語だと思います。

« フラワータウン駅 | トップページ | 門司駅 »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入れ換え電車脱線:

« フラワータウン駅 | トップページ | 門司駅 »