2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« ACCUM(アキュム) | トップページ | 信越貨物線の旅(プロローグ) »

2014年5月31日 (土)

青木町公園総合運動場

4496_r

4498_r

  西川口駅から徒歩10分ほどのところにある青木町公園総合運動場に京急のデハ236という車両が静態保存されているとミスターOHさんより聞いて、見に行って来ました。 なぜ京急の車両が川口にあるのかも疑問ですが、それ以上にこの荒れ果てた姿に驚きました。本当にボロボロでこんな悲惨な静態保存の車両はあまりないでしょう。

 野ざらしなので定期的なメンテナンスが必要なのですが、それがまったくされていないのでしょう。その予算が付かないのでしょうが、これでは崩壊の危険があります。歴史ある車両がこれでは悲し過ぎます。

4500_r

 一方、その隣にある蒸気機関車は屋根も付いていて、まずまずの保存状態でした。いずれにしても、鉄道車両の静態保存はメンテナンスが肝のようです。

« ACCUM(アキュム) | トップページ | 信越貨物線の旅(プロローグ) »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

この話をミスターKにした時、かつて自分が青木町公園に見に行ってから数十年は経っていました。
まさか現在こんな悲惨な状態になっているとは思いもしませんでした (゚0゚)

もともとは教育用として昭和54年(1979年)に設置・展示されたものらしいです。以前は、その案内板と車内観察用の足場があったように記憶しています。

青木町公園は、今は運動用の施設ばかりですが、スキップシティに移設された科学館や歴史資料館など教育施設も充実してましたので、その名残でしょうか。

南向きのほうが塗装の痛みが厳しいですね。メンテナンスをお願いしたいです。

ミスターOHさん、こんばんは。

この車両は大変残念な状態になっていました。でも昭和54年からあったとは、我々が高校生の時からなので、やむを得ないでしょう。我々の体も実はこんな感じだったりして(泣)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青木町公園総合運動場:

« ACCUM(アキュム) | トップページ | 信越貨物線の旅(プロローグ) »