ただいまの時間

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

東急ハンズ鉄道市

4103_r

 1月29日で既に終わってしまったイベントですが、東京駅大丸にある東急ハンズで「鉄道市」が開催されていました。古い硬券や鉄道雑誌、パンフレット、ヘッドマーク等の販売を行っています。去年渋谷の東急ハンズで同じようなイベントが開催されていたので、恒例の行事のようです。私はこういうイベントがあると、自分の生年月日と同じ硬券がないかチェックするのですが、まだ見つかりません。

2014年1月30日 (木)

第10回伊豆急全線ウォーク(スーパービュー踊り子号)

4109_r

 伊豆急下田駅からは16時05分発のスーパービュー踊り子号で帰路に着く。今回も前回同様先頭車の1番CD席がゲットできている。AN氏はビデオカメラの撮影に余念がない。スーパービュー踊り子号は登場から20年を経過し、外装も錆が浮き出るなど老朽化は否めないが、内装はリニューアルされていて古さは感じない。

 我々は駅でおつまみとビールを買い込み、発車とともに宴会を開始した。今回もAN氏はビール用のタンブラーを用意してきた。プレミアムモルツを48本飲み、インタネットでシリアルナンバーを入力すると全員に当たるらしい。このタンブラーを私は彼から1個プレゼントされた。

 さっそく二人で乾杯となる。やはり缶で飲むのとはうまさが違う。わざわざタンブラーを用意してビールを飲んでいるのは、はたから見ると不思議な二人だが、うまさには変えられない。

4114_r

 展望席での運転士の操作を眺めながら飲むビールは格別だ。あっという間にロング缶を開け、車内販売でビールを買い込む。彼はかっぱえびせんも買っていて、昔の「♪やめられない、とまらない、カルビーのかっぱえびせん」のCMを思い出す。私がハンカチで手の汚れをぬぐっていると、彼も私と同じハンカチを持っていてお互い驚く。

 伊東でJRの運転士に交代し、熱海の手前で伊東線から東海道線への渡り線を進む。熱海からは日も暮れて外もよく見ないが、それでも先頭車の楽しみは減らない。

 AN氏は運転士が乗務中に眠くならないか心配している。先ほどから時々EB装置が作動していることを教えてあげる。EB(emergency brake)装置とは、運転士が1分間何の操作もしないと警報ブザーが鳴り、5秒以内に確認操作をしないと非常ブレーキがかかる仕組みのものだ。鉄道車両は乗用車と違って、いったんスピードが出ると惰行で何kmも走ることができるので、1分くらい何の操作もしないことはよくあり、それで居眠りしないような仕組みが備わっている。

 そんな居眠り防止装置も客席の我々には無縁で、ウォーキングの疲れとお酒でいつしか眠ってしまい、いつの間にか横浜を過ぎていた。

 私は新宿で下車し、彼と別れた。今回も完歩を見届けていただき感謝します。

(これで第10回伊豆急全線ウォークは終了です)

2014年1月29日 (水)

第10回伊豆急全線ウォーク(伊豆急下田まで)

 今井浜海岸で完歩したわけだが、この駅では完歩の商品が受け取れないので15時07分の電車で伊豆急下田駅まで進む。この車両は黒一色に塗られた黒船電車で先頭車は展望車になっているが、中間車両は海に向かって座れるようになっている。我々はそこに座って疲れをいやす。

 私は前回は818人目の完歩者だったが今回は何番目になるのだろう。二人でその順番の当てっこになって、彼は236番、私は353番と予想した。前回はウォーキング終了に近い4月下旬、今回は1月中旬という時期の違いを勘案しての予想だ。正解者には缶ビール1本が無料になることになった。

4104_r

 伊豆急下田駅には15分ほどで到着。さっそく駅事務室に入る。散策シートを示し、完歩の手続きを終えると私は348人目だったことが判明。ピタリ賞ではないが、ニアピン賞の資格はあるだろう。私は今回のウォーキングでは硬券入場券セットを買って参加したので伊豆急全線ウォーク10周年記念缶バッジももらえた。

4078_2_r

4122_r_2

4119_r_2

 完歩した人は今年は伊豆急下田の駅にネームプレートが掲げられるようになっていた。私はさっそく自分の名前を実名で書き込み、完歩の余韻に浸った。

4108_r

2014年1月28日 (火)

第10回伊豆急全線ウォーク(伊豆稲取→今井浜海岸2)

4096_r

 ようやく下り勾配になるが、なぜかこの地では山の斜面に墓地が多い。これではお墓参りも不便だろう。国道135号線に出て、しばらく国道沿いを進み、地平に降り切ったところで今井浜の海岸に至る。サーフィンをしている人もいて、真冬なのにご苦労なことだ。サーファー向けのシャワーは温水で1回300円らしい。我々も一風呂浴びたい気分だ。たしか去年まではこの近くにサンシップ今井浜という日帰り温泉施設があったのだが、今回通ると建物は取り壊されていた。

4099_r

 コースから外れるがせっかくなので今井浜の海岸に出てみた。右手には東急のホテルが見える。彼は三脚も持ってきていて、海をバックに二人でツーショット写真を撮る。

 14時45分、今井浜海岸駅着。ここで第10回の伊豆急全線ウォークを完歩した。その瞬間もビデオカメラに収めてもらう。

4101_r

2014年1月27日 (月)

第10回伊豆急全線ウォーク(伊豆稲取→今井浜海岸1)

 ちょうどお昼時なので伊豆稲取駅構内の待合室でお昼にする。彼はおにぎり3つ、私はおにぎり二つとパン一つという簡単なものだ。待合室で食事を取っていると、別の男性が入ってきた。手にマップを持っているからウォーキングの参加者のようだ。

 12時30分、伊豆稲取の駅をスタート。今日の最終区間だ。この区間もCランクとなっている。国道135号線の下をくぐり山道が始まる。この辺りは石の産地なので家々の石垣が立派だ。しかし、石の産地とは言え、この山道に石を持ち上げて作業するのは結構大変だろう。

 そういう急斜面を軽トラックが我々を次々と追い越していく。声をかけて荷台に乗せてもらいたいような衝動に駆られる。

4094_r

 稲取駅から約30分で山神社に至る。山にあるから山神社なのだろうか。この先にクイズポイントがあり、しっかり記録しておく。

 ここでいったん上りは終了するがまだ30分ほどアップダウンが続く。農作物をサルから守る獣の鳴き声をスピーカーで聞きたりする。途中、目の前に鷹が突然現れたりして、野趣は満点だ。

2014年1月26日 (日)

第10回伊豆急全線ウォーク(片瀬白田→伊豆稲取2)

 交通量が少なく、1台の車ともすれ違わなかった白田トンネルを抜けると、コース最高地点の標高290mに到達し、ここからは下り勾配になる。右手には風力発電施設も見え、左手には伊豆アニマルキングダムの大きな観覧車も見える。

 彼はところどころでビデオカメラを回して景色を撮っているが、家族への証拠映像がないと彼も困るだろうから、私がカメラを借りて彼を撮影してあげる。

 下り勾配がかなり急で膝を痛めないように慎重に下っていくが、せっかく蓄えた位置エネルギーを放出してしまうのはもったいない。

4090_r

 国道135号線の下をくぐり、パトカーとすれ違う。こういうところの勤務は事件も少なく楽だろう。海沿いを行く区間になり、遠く稲取の温泉街が見えてくる。彼はここの銀水荘という有名旅館に社員旅行で泊まったらしく、その時の思い出を語っている。泊まった翌日は船で伊豆大島に渡ったらしい。

 稲取の漁港を過ぎ、12時ちょうど伊豆稲取駅に到着した。runtasticの計測では距離は8.85km、所要時間1時間53分、平均時速4.69kmとなっているが、伊豆急のマップでは距離7.8kmとなっている。どちらが正解だろうか。

4092_r

 伊豆稲取の駅前には大きな石が置いてある。重さ3.4tで綱が取り付けてある。大人6人で引いてくださいと説明があるが、我々二人で引いてみる。さすが二人では無理で、石はピクリともしない。

4093_r

2014年1月25日 (土)

第10回伊豆急全線ウォーク(片瀬白田→伊豆稲取1)

 片瀬白田で小休止したのち、今日最大の難関、伊豆稲取までの区間に挑む。AN氏はビデオで駅名をしっかり撮っている。

 国道135号を横断歩道で渡るといきなり急坂が待ち構える。これが1時間続くので彼にしっかり言い聞かせる。坂を上ること5分ほどで東京理科大の研修寮を過ぎる。窓が大きく、庭も広く、眺めも良さそうで、立派な施設だ。しかし、まだ山道の10分の1くらいしか進んでいない。

 周りにミカン畑が広がる中を登っていく。ミカンは大きめで皮も厚そうで、種類はポンカンのようだ。こういうミカン畑で作業するときに使ういわゆる「みかん山モノレール」もところどころで見かけられる。

 行けども行けども急坂は終わらない。慣れている私でも息が切れてくる。彼と会話をしながら登っているのだが、返事もとぎれとぎれになる。このような山道では蛇は今は冬眠中らしいが春になると現れ出るらしいが生返事をするのがやっとだ。

 AN氏は大学時代ハイキング同好会で足腰を鍛えていたので、私のペースに遅れることなく上っていくのはさすがだ。彼はiPodを取り出し、音楽の選曲を始めた。収録している曲は山下達郎、小田和正、八神純子など昭和のニューミュージック系が中心のようだが、石川さゆりの「天城越え」をかけ始めた。彼は50才を過ぎ、演歌の心も理解するようになったようだ。スピーカーで音楽を流しても他に誰もいないので迷惑は掛からない。山道を石川さゆりに励まされながら進んでいくが歌を口ずさむ余裕はない。

4088_r

 片瀬白田から約30分で、この区間のクイズのポイントに到着する。水道施設の名前を答えるものだ。ここで小休止をして再び上りにかかるが、今までの区間よりは勾配は緩やかだ。気温は高くないはずだが汗をかいてきて、ジャケットを手に持って歩く。この付近からは大島もきれいに見えた。

2014年1月24日 (金)

第10回伊豆急全線ウォーク(伊豆熱川→片瀬白田)

 伊豆熱川の駅を9時30分に出発。彼はビデオカメラで駅や駅前の源泉から吹き出す湯気の様子を収めている。源泉100度の高温らしいので湯気の迫力は相当だ。

4081_r 

 今回は駅前の坂を下りながら海岸沿いのルートを行く、気持ちのよいコースだ。川は温泉のおかげで熱くて、それが熱川の名前の由来になっている。

4082_r

 AN氏はウォーキングのところどころで映像を撮っている。遠くに大島や利島なども見える。大島の三原山は山上が白く見える。積雪なのだろうか。

 磔(はりつけ)の松を過ぎて、白田川に架かる橋の名前がこの区間のクイズになっている。前回まではコース上の立て看板にクイズが示されていたのだが、今回は現物の名前を答えるようになっている。

 10時05分、片瀬白田駅着。2.75kmを32分1秒で歩き、時速5.13kmで進んだ計算になる。楽勝区間だった。

4087_r

2014年1月23日 (木)

第10回伊豆急全線ウォーク(伊豆熱川まで)

 熱海で8時25分発の伊豆急下田行きに乗り換える。リゾート21の車両で先頭が展望車になっている。今回も運よく展望席がゲットできて、前から3列目の眺めのよい席に座る。

 運転席と客室は完全には仕切られていない構造なので、運転席から列車無線の音がよく聞こえる。JR東海管内の東田子の浦駅での停電の影響で東海道線が運転を見合わせているようだ。今日1月18日は大学入試センター試験の日で、交通機関の遅れなどで受験生の影響が出ないといいと思う。ところで我々はセンター試験の前の「共通一次試験」の世代で、時の速さに改めて驚く。

4080_r

 運転席の真後ろの席には幼稚園生ぐらいのこどもが父親と一緒に座っている。その幼稚園生が運転士が女性であることに気づき、「わあ、きれいなお姉さん!」と喜んでいる。大きめのマスクをしているのできれいかどうかはわからないはずだが…。

 定刻に発車し、海を左手に見ながら進む。先ほど新幹線の中から雪景色を見たので今日の天気を心配したが穏やかそうな天候だ。

 前方を眺めているとAN氏が線路際で点滅する緑の信号に気付く。前回来たときは見かけなかったと言っている。私は鉄道の構造物には弱いが、どうも工事区間の周辺に設置されているのでその関連の設備のようだ。家に帰って調べてみると、「列車接近警報表示装置(LED型)」と呼ばれるもので、現場の作業員の安全性向上のために設置されているようだ。

 伊東で運転士が交替し、伊豆急線に入る。川奈駅ではホームに椿がいくつも植わっている。季節になればきれいだろう。

 富戸駅を発車するとAN氏は右手の坂に注目する。前々回で彼と歩いた区間だ。1回しか歩いていないが、その時の記憶が残っていたようだ。

 伊豆高原でまた運転士が交替し、伊豆大川、伊豆北川と過ぎ、定刻9時25分伊豆熱川に到着した。

2014年1月22日 (水)

第10回伊豆急全線ウォーク(こだま635号)

 伊豆急全線ウォークの第3回目は1月18日の土曜日になった。前日、会社で送別会があったのだが、今日に備えセーブしておいた。

 今回はブログにコメントを寄せてくれるミスターAN氏と一緒に歩くことになっている。東京駅東海道新幹線改札前で集合だ。私が先に着いて待っていると彼はビデオカメラを回しながらニコニコしながら近づいて来た。今回はビデオでウォーキングの様子を記録するようだ。彼は新幹線改札の電光掲示板を収めながら改札を抜けている。

 第一列車は東京駅7時26分発のこだま635号名古屋行きで、ホームで食料を調達し列車に乗り込む。AN氏が付いてこないと思ったら、私が列車に乗り込む様子を撮っているらしい。

 5号車の進行右側の2人席をキープ。こだまなので空いていて3人席はどれも空席だ。

4078_r

 発車して、すぐに朝食になる。私はメンチカツサンドとポタージュスープ、彼はとんかつサンドとコーヒーというチョイス。彼はこれからのウォーキングに備えてしっかり朝食を取ると言っている。たしか前回もとんかつサンドだったはずだ。

 新横浜を発車すると急にスピードが上がってきた。iPhoneのアプリで確認すると時速265kmが出ている。相模川を渡ると雲が出てきて、雪も舞っているようだ。

4079_r

 小田原駅で後続ののぞみを待避し、発車しかけるとドアの異常を知らせる警報で緊急停車する。わずか1mほどしか走っていない。調査の結果、異状がないことがわかり、6分遅れで小田原を出発。これ以上遅れると熱海での乗り継ぎが心配だったのでホッとする。

2014年1月21日 (火)

第10回伊豆急全線ウォーク(マリンエクスプレス踊り子号)

4687_r

 今回は下田から特急で帰る。乗るのはマリンエクスプレス踊り子号で、普段は成田エクスプレスとして運行されている車両だ。成田エクスプレスは通勤時に少なくとも1日に1回は見かけているから、今まで少なくとも1000回は見ているはずだが、乗ったことは1回しかない。そういう列車に乗るのだが、前回乗ったときは普通車だったが、今回はグリーン車にしてある。

 この列車の発車は15時14分だが、その5分前に185系の踊り子が運行されていて、2車種が並んでホームに停まっている。

 マリンエクスプレスは通常の成田エクスプレスの車両に、いかりをかたどった専用のステッカーが貼られている。車内に入ると、シートカバーにも同じ図柄が採用されている。

4692_r

 かつての253系成田エクスプレスのグリーン車は1-2の座席配置だったが、E259系は2-2になっていてちょっと窮屈だが、シートピッチはゆったりしている。シートも革張りなので、いい香りがする。

4699_r

 今日のお昼は簡単に済ませたので少し空腹気味で、まだ早いが一人宴会を始める。駅前のローソンで買ったおつまみで一杯やるわけだ。

 窓外には先ほど歩いた区間がちらちら見える。苦労して歩いた区間があったいう間に過ぎ去るのは複雑な心境である。ビールを飲み終えると、いつの間にか眠りについて、伊豆高原を気付かず、南伊東駅の直前だった。

 伊豆多賀駅では、来宮駅に停車中の先行列車が急病人の救助を行った関係で、10分遅れでの出発となった。

 熱海を約10分遅れで出発。ここでグリーン車も含めて満席となった。私の隣にもご婦人が座ってきた。家族と離れ離れになっているようだ。

 ところで、このE259系は6両編成なのにトイレのついた車両が、先頭車と最後尾とにしかないので混雑しているようだ。車掌がお詫びと注意喚起の放送を行っている。こういうことは乗ってみないとわからないことだが、6両中2両しかないとはちょっと不便だ。

 横浜で半数の客が下車した。私の隣のご婦人も下車した。結局、この列車は東京駅まで遅れを回復することなく12分延着したが、乗りここちは良かった。たまにはグリーン車の旅も悪くない。

2014年1月20日 (月)

第10回伊豆急全線ウォーク(下田ロープウェイ)

4681_r

 ロープウェイ乗り場は駅から2分くらいのところにある。下田には今まで何度も来たのだが、このロープウェイには乗ったことがなかった。ロープウェイは私の乗りつぶしの対象になっていないからだ。ロープウェイは法律上は索道といい、鉄道の一種になるので人によっては乗りつぶしの対象にしている。ただ、ロープウェイを対象にするとスキー場にあるロープウェイなども対象になり、したがってスキーができない私は完乗ができなくなってしまう。だから私はロープウェイを乗りつぶしの対象にしていない。ご都合主義のようだが、趣味の世界なので自分で自分のルールを作ればよいだろう。

 そんなルールはともかく、せっかくだから乗ってくることにした。料金が往復で1000円で、通常は15分間隔での運行だが、今日は客が多いので随時運行しているようだ。

 ちょうど私の前で定員となり、悔しい思いで次の便を待つ。5分ほど待たされ、改札開始。私は先頭を切ってロープウェイに乗り込む。座席が12人分、立ち客を含めて20人くらいでいっぱいになりそうだ。

 発車するとみるみる高度をかせぎ、伊豆急下田の駅があっというまに小さくなる。3分30秒で山上駅に到着。

4679_r

 山上が公園になっていて、下田の湾が眺められる。こじんまりとした入り江で、自然の良港を形づくっている。幕末にはこの山上から外国船を接近を監視していたらしい。

4671_r

 また、山上には伊豆急開業を記念した五島慶太の碑も立っている。このロープウェイは伊豆急と同じ年に開業したのだ。下の動画もご覧ください。

2014年1月19日 (日)

伊豆急全線ウォーク(蓮台寺→伊豆急下田)

 蓮台寺から伊豆急下田までは平坦で楽勝区間だ。13時10分出発。稲生沢小学校前の歩道橋前の道路標識がこの区間のクイズになっている。しっかり撮影しておく。

4653_r

 13時45分、伊豆急下田駅着。バッジを引き換えるため駅の事務室に入る。他の駅は出札窓口でバッジの引き換えを行うのだが、ここだけは駅の事務室で行うことになっていて、待遇が違う。

3

 伊豆急下田駅には駅前に足湯がある。普段は混んでいるのだが、この時は誰もいなかったので、さっそく利用してみる。ちょっとぬるめだ。そうやってウォーキングの疲れを癒していると通りすがりの人が「湯加減はどうですか」と声をかける。「ちょっとぬるいです」と私。「下田市役所がケチだから、お湯がちょっとしかでないからね」と地元の人が教えてくれる。

4655_r

 そんな足湯に浸かってぼんやり景色を眺めていると、下田ロープウェイが目につく。帰りの電車まで1時間以上あるので、そのロープウェイで山上まで行ってくることにした。

2014年1月18日 (土)

第10回伊豆急全線ウォーク(河津→蓮台寺)

 次の区間は距離16.5kmで難易度はCで、全コース中で最もハードだ。

 前回までは稲梓の駅が終着となるルートで、それだけでも長い区間だったのだが、稲梓駅の無人化に伴って、同駅を経由せしないことになり、直接蓮台寺駅に行くルートになって、ただでさえ長いルートがさらに長くなってしまった。ただし、稲梓駅の手前には急な階段があったので、それを登らなくても済むというメリットもあるにはある。

 ただ、何れにしても注意しておかなければならないのが、河津を出ると蓮台寺まではトイレに行けないということだ。あまり水を飲み過ぎると悲惨な目に遭う。

4636_r

 そういうことも踏まえトイレにしっかり行ってから、9時50分に河津駅をスタート。河津は早咲き桜でにぎわうところだが、まだ1月なのでその気配もない。駅を出て10分ほどで上り坂が始まる。ここから約一時間上りっぱなしになる。気温はそれほど高くないのだが、たちまち汗をかく。上着を脱ぎ、手に持って歩く。

 「小さなフランス」というキャッチフレーズのある伊豆バガテル公園の近くで少し坂が緩やかになったのもつかの間、再び急坂が待ち受ける。

 マラソン選手のように、吸う息と吐く息をリズムを取りながら坂を上っていく。そんな急坂の途中に河津町学校給食センターという施設が現れる。寄りによってこんな急坂の途中に作らなくてもいくらでも場所が便利な場所があるだろうといつもながら思う。

 峰山トンネルの中に入り、ようやく上り坂が終了し、ここからは下り一方になる。しかし、ここから次の駅までは12km近くある。里山らしい風景が続き、こころは和んで来て、汗も引いてきて再び上着を羽織って歩く。

4642_r

 ところでこの区間は駅間距離が長いことから、その間トイレに行けるところがないのだ。約4時間くらいかかる距離なので、途中水を飲みすぎると大変なことになる。したがって私はここまで水を飲まずにやって来た。しかし、ウォーキングの途中で水分の補給を怠ると、体にも悪いので加減が難しい。そんなことを考えながらも、のどが渇くので結局適宜水分を補給しながら歩いていく。今朝東京駅で買ったポカリスエットだ。

 水分補給とともに大変なのが食事だ。この区間は休憩できるような場所がないのだ。ちょうど12時ころになったとき、道路の縁石で腰かけやすい石があったので、そこで昼食を取る。これも東京駅で買ったおにぎりだ。

 お昼休みもそこそこに再び歩き出す。途中からは歩道もなくなり、車に気を付けながら慎重に進む。

 ようやく稲梓駅入り口に着く。前回まではここを左に曲がり、急階段を上って駅舎に向かったのだが、今回からは直進する。

4649_r

 ここからも歩道がないので引き続き注意が必要だ。その後川沿いの区間を行くようになり、13時ちょうど約3時間で16.5kmで蓮台寺駅に到着。休憩時間も含めた平均時速は5.52kmだから、結構速足だった。

2_2

2014年1月17日 (金)

第10回伊豆急全線ウォーク(今井浜海岸→河津)

4632_r_2

 今日の第1コースはここ今井浜海岸から河津までの区間だ。前回は海沿いのルートだったが今回は山側を行く。駅を出て、右手の山を登って行く。会社の保養所や別荘が多い地区である。

 風もなく天候は穏やかで、気温も低くなく、絶好のウォーキング日和だ。この区間のコースの難易度はBだから、ウォーミングアップのような区間だ。

4633_r_2

 一山を超える区間だが、標高も大したことはなく、30分ほどで河津駅に到着した。

2

2014年1月16日 (木)

第10回伊豆急全線ウォーク(今井浜海岸まで)

4629_r

 1月4日土曜日、伊豆急全線ウォークの2回目を始めることにした。今年は曜日の並びの関係で正月休みがなかなか終わらないので、この機会にウォークを進めておこうと思う。

 今日が2回目なので本来ならば前回の続きから始まるべきところであるが、ブログ仲間のミスターAN氏とウォーキングを同行する予定があり、その時にコース最難関の片瀬白田ー伊豆稲取ー今井浜海岸を歩く予定にしているので、今回はそこを外した区間になっている。したがって、今井浜海岸から伊豆急下田までの区間を歩こうと思っている。

 前回は行きに新幹線を利用したが、今回は在来線のみで行く。まず、稲毛発4時49分の横須賀行きでスタートする。冬の朝で寒いのでグリーン車にしたが、他に誰も乗っていない。

 前の席をこちら側に回転させて、ボックスを一人で占領する。朝のグリーン車はアテンダント以外に警備員も同乗している。アテンダントの身に何かあってはいけないとの配慮だろうか。

 しかし警備員はアテンダントのすぐ後を付けて歩いているので、制服を着ていなければストーカーにしか見えない。

 東京駅で東海道線に乗り換えるが、これも空いていたのでグリーン車をボックスで一人占めする。この列車にも警備員が同乗していた。

 根府川付近で相模灘の静かな海を眺める。宮脇俊三さんもここから眺める景色が日本の鉄道の車窓の中で最高だと言っているがまさにその通りだろう。

 熱海で伊豆急下田行きに乗り換え、9時6分、今井浜海岸駅に到着した。

2014年1月15日 (水)

花園への道(ANA636便)

4535_r

 ANA636便は定刻16時10分発のところ、到着遅れの影響で5分遅れでの出発となった。機種はボーイング737-800だ。

 誘導路を何回も曲がり、滑走路の南端まで進む。この間、10分以上はあっただろうか。海側に向かって離陸するかと思っていたら逆で、岩国の街に向かって離陸して行った。離陸の角度は相当急だった。その後、急に右旋回し、瀬戸内海の島々を越えて、松山市上空から東に進んだ。

 機内は帰省の流れと逆なので空席が目立つ。この飛行機は通路をはさんで、3列ー3列なのだが、私の隣は全て空席だった。

 着陸のための降下を始めると、左手に富士山が見えてきた。もう夕暮れどきで薄ぼんやりしていたが、やはり見えると見えないとでは大違いだ。カメラに収めようと思ったが、反射してうまく撮れなかった。

 伊豆半島から房総半島上空を経て、羽田空港に着陸した。着陸の衝撃はちょっと大きめで大きなどよめきが広がるが、ほぼ定刻に到着した。

 今回の旅では母校の応援が主目的で、残念ながら敗退してしまったが、聖地近鉄花園ラグビー場場で試合観戦できたことはうれしかった。

 また合わせて渡り線も幾つか乗れたことも私なりに意義が大きかった。世間は正月休みに入っているが、私はあすはまだ仕事がある。この達成感を元に最後の一日をがんばろうと思う。(これで花園への道は終わりです)

2014年1月14日 (火)

花園への道(岩国錦帯橋空港)

4506_r

岩国錦帯橋空港は1年ほど前に米軍の岩国基地に民間航空機を乗り入れるようにして開業した空港だ。ガラス張りの建物で白を基調とした明るい印象だ。ターミナルビルはこじんまりとしていてみやげ物コーナーと展望デッキくらいしかない。しかもその展望デッキは100円の入場料を取るのだ。100円くらいなら無料にしてもよさそうだが、その割りに眺めが良さそうでなかったので展望デッキに入るのはやめにした。保安検査場を抜け、待合室に入ると、ちょうど折り返し羽田行きとなるANA機が入ってきた。待合室の目の前に止まったので、折り返しの様子がよく見える。

4517_r

 主翼の下に脚立が立てられ、タンクローリーから延びたホースが手作業で給油口に差し込まれる。タンクローリーに入る程度の燃料の量で羽田まで行けるらしい。同時に手荷物が貨物室から一個一個手作業で取り出され、コンテナ車に乗せられる。手荷物はコンテナごと飛行機に乗せられていると思っていたのだが、そうではなかった。

4527_r

 それと並行して清掃作業員が機内に入り、次にこれから乗務するCAが乗り込み、最後に操縦士が乗り込む。乗務を終えたCAが後から降りて、その後操縦士が出てくる。最後に清掃作業員が出てきて、折り返し作業は終了した。間近でこういった作業を眺めたのは初めてだった。

2014年1月13日 (月)

花園への道(岩国)

4498_r

 広島電鉄のデルタ線やら変わった駅やらの見学を終えて、宮島口駅から山陽本線の電車で岩国に向かう。まだ115系が使われている。JR西日本は古い車両を大事に使っているが、一面黄色に塗られていてセンスを疑う。

 岩国駅からはバスで岩国錦帯橋空港に向かうのだが、小一時間ほど待ち時間がある。

4499_r

 駅周辺を歩いてみたが、あまり活気が感じられない。気温も低くて、寒いので駅の中にあるミスタードーナツで過ごす。温かいものを食べたかったので、肉まんがあったので、それにしてみた。辛子としょうゆが付いてきた。ミスタードーナツで肉まんを食べるのは初めてだが、まずまずだった。

 15時18分、空港行きのバスは10数名の客を乗せてスタート。前側がロングシート、後ろ側がクロスシートの新型車両だった。空港までは6~7分で到着。運賃は150円だった。

2014年1月12日 (日)

花園への道(小網町駅と宮島競艇場前駅)

4413_r

 広島電鉄の駅には変わった駅がある。まず一つ目が小網町駅。路面電車の駅は普通簡易なコンクリートのホームがあるのだが、ここは道路に緑色に塗られた表示があるだけなのだ。ホームを設けてしまうと、クルマが通れるスペースがなくなってしまうからだろう。こういう危険なホームは珍しい。降りる時は後ろからの車両に十分気を付ける必要がある。

4492_r

 もう一つは宮島競艇場前駅で、これは競艇開催日だけの臨時駅で、ちょうど今日が競艇の開催日だったのだ。隣の宮島口駅とは200mほどしかはなれていない。駅の入り口には駅名表示があるのだが、ホームには駅名票すらない。

2014年1月11日 (土)

花園への道(広島平和記念資料館)

4467_r

朝7時から乗り始めた広電の渡り線巡りも11時過ぎに終わった。あたりは風花が舞う寒さであったが、乗り継ぎに忙しく、寒さは感じなかった。

4472_r

 私はこの機会に平和記念資料館を訪問しようと思っていた。今から20年くらい前に訪れたことがあるが、だいぶ時間も経っていて、もう一度記憶を整理するためにやってきた。

 今日は12月29日の日曜日で、私はこの日にたまたま訪れたのだが、例年だと12月29日は年末休みに入り休館で、今年に限り試行ということで年末の日曜日もやっていたようだ。運が良かった。


4476_r

 それはともかく、市民14万人がなくなり、爆心から半径2km以内の建物をすべて焼きつくした1発の原子爆弾は、今も後遺症に苦しむ人が多い。憲法を学んだものとして戦争の惨禍が再び起きないことを祈りたい。

2014年1月10日 (金)

花園への道(広島電鉄白島線)

4457_r


4458_r


4459_r


4460_r


4461_r


4462_r


4463_r

 今日の目的は八丁堀にある白島線への渡り線に乗ることだ。白島線は通常は八丁堀と白島の間を行ったり来たりするだけなのだが、1日に何本かは江波車庫との入出庫の関係で八丁堀の渡り線を通過する。こういった区間は乗っても乗らなくても、鉄道の完乗記録に影響はないのだが、せっかくその区間を走る電車があるのだから乗っておきたい。しかし、そういった情報はなかなか手に入らない。私もrailwayさんでブログで初めて知った。

 午前中にこの区間を走るのは、江波発10時18分の電車だ。途中駅から乗ってもいいのだが、私は始発の江波電停から乗ることにした。

 江波電停は奥に車庫があり、複雑な配線になっている。これから乗る電車は既に待機中で電停から見えている。ワインレッドの連接車で新車だった。こういう新車で白島まで乗れるのはうれしい。ただホームで写真を撮っていたら、一番先頭の席が取られてしまった。

 土橋、十日町、紙屋町と過ぎ、いよいよ八丁堀電停に着く。大半の客は乗り換えのための下車したので先頭部分から眺められる。左カーブの先には白島線のホームが見える。黄色の矢印信号が出て、渡り線を進む。あっという間の出来事だ。しかし、これで目的は達成された。

 この渡り線は複線になっているので、私は反対側の線にも乗ることにしている。この電車が白島で折り返して江波まで戻ることになっている。

 帰りの線は下の動画をご覧ください。

 これで往復乗車となった。なお、今回八丁堀の渡り線以外の紙屋町、皆実町6丁目、十日市町の各電停デルタ線で乗った記憶が定かでない区間も合わせて乗車してきた。

2014年1月 9日 (木)

花園への道(東横イン)

 今夜は広島駅近くにある東横インに泊まることになっている。部屋は3階で駅が見える側だった。

 部屋の中で今日もらった応援グッズやおみやげの整理を行う。以前紹介したとおり、濃紺の小旗、スポーツタオルもかっこいいが、キーホルダー、ステッカーも売り切れ寸前の盛況だった。

4276_r


4280_r

4281_r

 翌朝、1階のフロント前で無料朝食をいただく。おにぎりのほかに炊き込みご飯などもあり、結構充実していた。

2014年1月 8日 (水)

花園への道(広島お好み焼き)

 広島では駅から5分ほどのところにある東横インに泊まる。いったんホテルに荷物を置いて、小休止したのち夜の街に出かけた。まだ、先ほど食べたねぎ焼から3時間ほどしかたっていないが、広島に来たからにはお好み焼きを食べたい。駅ビルの2階にレストラン街があって、そこにいくつかのお好み焼きの店がある。

 ここでは「麗ちゃん」という店が人気でいつ来ても行列している。今日も30人くらいは並んでいる。その次に並んでいるのが「第2麗ちゃん」で、これも15人くらい並んでいる。その他の店はすぐ入れそうだが、空いている店に入るのもどうかという気もしてくる。

 駅前にはもう一つ大きなビルが建っていて、「エール・エール」と書かれている。調べてみると平成11年開業のようだが、今まで気付かなかった。地元百貨店の福屋の駅前店のようだ。その上にレストラン街があるようなので、そこにもお好み焼き屋があるだろうと行ってみた。

4258_r
 すると予想通り、「五エ門」というお好み焼き屋があった。客待ちは二人なので、これならすぐ入れそうだ。10分待ちくらいで店内に入る。カウンター席が15人分、テーブル席が10人分くらいの店で、カウンター席の前には大きな鉄板がある。この店はデパートのレストラン街にあるので、家族連れや女性のグループ客が多く、男性の一人客は私だけだった。

 私はミックスそば入りと生ビールを注文。目の前で調理が始まる。その手際よい様子を眺めることもお好み焼きの楽しみだ。たっぷりのキャベツ、豚肉、イカ、タコ、ホタテなどが入って、10分ほどで出来上がる。1050円だ。

4261_r

 それを私の前の鉄板に置いてくれる。「お切りしましょうか」とのお声掛けに「お願いします」と答える。切ってくれたのは調理をしていた男性ではなく、アシスタントの女性だったが、この人は手際が悪く、6等分に分けられたお好み焼きは崩壊していた。

 ソースとマヨネーズをかけていただく。味はまずまずだ。マヨネーズをかけすぎたので、ちょっと濃厚な味になってしまった。焼きそばも入っているのでボリュームもたっぷりだ。結構、お腹もいっぱいになって、満足してホテルへ戻った。

 

 

 

2014年1月 7日 (火)

花園への道(新大阪駅)

4253_r

 新大阪では30分ほど時間がある。昼食がまだだったので新幹線改札内にあったフードコート風の店で食べることにした。「大阪のれんめぐり」と書かれたフードコートで、タコ焼き、串カツ、うどんなど大阪風の店が5店舗ほど入っている。ちょうど空席があったので、「ねぎ焼やまもと」という店に入った。カウンターが5人分とこじんまりしているが、座れない場合には併設されたフードコートに持って行って食べることもできる。

 私はすじねぎ焼850円にした。ねぎ焼は具がねぎのお好み焼きで、そこに牛すじが入っている。醤油とレモンで味付けしてるとのことで、ねぎのくさみが抑えられている。まずまずの味だが850円にしてはボリュームが物足りない。新幹線駅構内だから仕方ないだろう。

 そうやって食べていると、私と同じくらいの年恰好の男性が同じ店に一人で入ってきた。彼も手に浦高小旗を持っている。もちろん竿に巻きつけられているので校名は読み取れないが、濃紺の旗なのですぐ分かる。彼は上りの新幹線で埼玉方面に帰るのだろう。

4255_r

 ねぎ焼の簡単な昼食を終え、ホームに上がる。私の乗るのぞみはまだ入線していないが、となりのホームには500系こだまが止まっている。8両編成と短くなったが、さすがにカッコいい。無理して混んだのぞみに乗るより、時間がかかっても500系こだまのほうが良かったと後悔した。

 のぞみ113号は満席の状態でやってきて、窮屈な思いでB席に座る。しかし、次の新神戸でC席の人が下車し、岡山でA席に人が下車し、3人掛けを一人で占領する。こののぞみは広島止まりなので、岡山から先は他の席もガラガラになった。

 



 

2014年1月 6日 (月)

花園への道(新大阪まで)

 浦高の敗戦を惜しみながら、近鉄花園ラグビー場を後にする。試合には負けたけれども、応援は負けなかったと、皆晴れ晴れとした思いで帰途についていたように感じた。手には浦高小旗がしっかり握られている。

 ラグビーの観戦は初めてだったが、笛、太鼓、ブラスバンドなどの応援がないので非常に静かで、試合に集中できる感じがとてもよかった。さすがに紳士の国のスポーツだ。野球には野球の、サッカーにはサッカーの応援の仕方があるのだろうが、私はラグビー観戦が気に入った。

 東花園駅の難波行きホームはまだ高架になっておらず、地平にある。島式ホームが1面だけのこじんまりした駅で跨線橋もなく、構内踏切を渡ってホームに上がるようになっている。鶴橋までは15分ほどだ。

 鶴橋でいったん下車し、これから乗る新大阪から広島行きの新幹線指定券を買う。帰省シーズンなので予定していた列車は満席で、予定より30分後の1629分発のぞみ113号のB席になった。 

4248_r

 今から1時間半ほど時間があるので鶴橋駅周辺を歩いてみる。駅前からアーケードの商店街になっている。しかし、一般に見かけるようなアーケード商店街とは比べ物にならない通路の狭さだ。二人並んで歩くのがやっとという感じで、買い物客が店の前の商品を眺めているだけで渋滞ができてしまう。キムチやチジミなど韓国料理を扱う店が多い。

 一方、駅の反対側には焼肉料理の店が並ぶ。まだお昼を食べていないのでどこかに入りたいのだが、各店の前に客引きの人が大勢いてゆっくり品定めもできない。結局すっと入れる店がなく、鶴橋をあとに新大阪へ向かうことにした。

4250_r

(駅の出口とブックオフの入口が一緒という驚くべき構造になっている)

 

 

 

 

 

2014年1月 5日 (日)

花園への道(浦高対光泉)

4230_r

 桂対岡谷工業の試合をメインスタンドで観戦した後、いよいよ我が母校の試合となった。応援席である11番ゲートに移動する。私は前の試合の応援団が帰ったら、入れ替わりに我々の応援団が入ると思っていたのだが、実は大半の人たちが前の試合から応戦席に陣取っていたようだ。

 後からゆっくり応戦席に行った私は最上段付近の席しかなかった。ほとんど空席のない状態で立って見ている人もいる。年齢構成も様々で、私より年上の人も多い。女性が少ないのは男子校ならではだが、それでも夫婦や子供連れ、選手の母親と思しき人たちもいて、ほんとうに老若男女が集っている。

 試合前に校歌斉唱もあり、懐かしく歌った。我々は入学すると応援団による校歌指導があり、歌えないと厳しい指導を受けるのでみなしっかり歌えるのだ。隣のおじいさんも大声を張り上げていた。斉唱の時は高校野球などと違ってブラスバンドの演奏もなく、肉声だけで歌っているのも新鮮だった。笛や太鼓もなく、せいぜいメガホンくらいなので試合を集中して見ることができそうだ。

4234_r

 前半は先に光泉に先行されたが、追いつき、5-5で終了。同点に追いついたトライでは観客席は総立ちになった。

4244_r

 後半は2トライを決められ、一時22-5となったが、終了間際に1トライを決め、また全員総立ちになった。最終的に22-12でノーサイドとなったが、平均体重で10㎏も違うので、正直、もっと差が付くかもしれないと思っていたが善戦した。

4245_r

 選手は皆よくがんばり、スタンドも惜しみない拍手を贈っていた。私は今回の出場を逃すと、次はいつここに来られるかわからないと思っていたが、来年も大いに望みがあると感じた。今年観戦できなかったOBはまだチャンスがあるので、その時はぜひ応援に行ってほしいと思う。

 ところで会社での雑談の中で私の部下が今回の対戦相手の光泉高校出身であることが判明し、お互いに驚いた。光泉は監督が東芝府中出身らしく、ここ数年実力を上げてきているらしい。彼には試合直後にメールを送ったが、光泉が勝ったことにより、今後私から厳しい仕打ちを受けることを恐れていた^^

2014年1月 4日 (土)

花園への道(メインスタンド)

4228_r

 試合開始までは少し時間があるので、先におみやげを買っておくことにする。高校のネーム入りグッズなどもあり、浦高モノは在庫僅少になっていた。私は自分用に浦高ステッカーと浦高キーホルダー、それから会社用に名物の花ラグまんじゅうを買った。

 そろそろ第一試合の桂高校と岡谷工業の対戦が始まる時間になってきた。浦高の応援スタンドは11番ゲート付近らしいが、せっかくだから第一試合は屋根の付いたメインスタンドで見たい。生駒山をバックに青い芝が気持ちいい。前日の天気予報では午後から雨の確率が50%と言っていたが、その気配は全くない。気温は確かに低いが風がほとんど吹いていないので寒さは感じない。

 第一試合は岡谷工業のキックオフで始まった。高く上がったボールをキャッチした桂高校の選手に岡谷工業の選手が猛然と飛び掛かる。相当な迫力だ。あんなにぶつかられたら、一般人はひとたまりもないだろう。実はラグビーの試合を生で見るのは初めてだ。

 ラグビーをするのも高校時代の体育の授業の時が最後だ。私のクラスは45人でちょうど3チームできたので、2チームが試合をし、1チームが応援だった。母親が作ってくれた手作りのヘッドギアを付けてプレーをしたのだ。私は足が遅く、当時は体重が今より10㎏以上軽かったので、ラグビーでふさわしいポジションはなかったのだが、フォワードでフランカーをやっていた。

 試合を見ているうちにルールも少しずつ思い出してきた。会場アナウンスで反則の名称を放送してくれるのも助かる。オーバー・ザ・トップ、ノット・リリース・ザ・ボール、オブストラクションなどだんだん思い出してきた。

そんな第一試合は桂高校の勝利で終了した。いよいよ次は我が母校の対戦だ。メインスタンドから応援スタンドに移ることにする。

2014年1月 3日 (金)

花園への道(近鉄花園ラグビー場)

4219_r

4220_r

 駅からラグビー場までは5分ほどだ。正確には近鉄花園ラグビー場といい、近鉄の運営だ。

 会場に着くと、各校の応援団が大きな幟を立てている。その中でも我が母校は一番目に付いた。濃紺の幟が6~7本も立っている。「関西浦高会」という組織の人が仕切っている。試合開始まではまだ2時間くらいあるが、7~80人は並んでいるだろう。その行列の先頭では記帳台が設けられ、名前と卒業年度などを書き込むようになっている。私は昭和56年卒業で同窓会年次では高33回となるが、私の前の人は高60回と書いていたから相当若い。なお「高」とあるのは高校卒業のことで「中」という人もいる。旧制浦和中学卒業の人はそうなるのだ。

 記帳を済ますと、応援用の小旗とスポーツタオルがもらえる。出場が決まった後、学校から寄付のお願いが来て、後輩のためにと幾ばくかのお金を送ったが、そのお金がこれに回ったのだろう。こんな盛大なことをしている高校は他になかった。

4270_r


4272_r

 会場を見回すと、そこかしこに浦高の小旗を持っている人が本当に多い。同窓とはいえ、全然知らない人たちばかりではあるが親近感が湧いてくる。

2014年1月 2日 (木)

花園への道(東花園駅)

4214_r

 鶴橋からは近鉄奈良線に乗り換える。10時13分発の東花園行き各駅停車に乗る。花園ラグビー場のある駅止まりだから都合がいい。車内は応援に行く人で混んでいる。遠軽高校のラグビーバッグを担いだ生徒もおり、全国大会であることを実感する。

 約15分ほどで東花園駅着。難波行きのホームは地平だが、奈良行きのホームは既に高架になっている。階段が狭く、我々が乗った電車の客が雑踏しているうちに後続の準急が到着し、さらに混み合ってきた。出口には自動改札が4台しかなく、しかもICカードが使えるのが2台しかないのも混雑に拍車をかけている。大ラグビー場がある最寄駅で、この程度の自動改札で間に合うのだろうか。

4216_r

 なんとか改札をくぐり出て、新しい駅舎を眺める。ラグビーボールをかたどった大きなレリーフが正面に飾られていて、いよいよやって来たという感じが強まった。

2014年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます

Kouken_060

 みなさん、あけましておめでとうございます。昨年中はいろいろお世話になりました。

 昨年は新線の開業もなく、乗り鉄としてはさびしい年でしたが、近鉄の八木連絡線、大阪市交通局の鶴見検車場工場連絡線、九州新幹線熊本車両基地への連絡線など貴重な線に乗れました。

 また、ブログを通じて、railwayさんやtakehopeさんと知りあえたことも大変うれしいことでした。

 来年も引き続き、こまめにブログを更新し、情報発信に努めていきたいと思います。

 さて、新年第1回の話題は、平成14年12月31日から平成15年1月1日の深夜にかけて、有楽町線桜田門駅から千代田線霞が関駅への連絡線に乗車できる臨時列車が運行されました。この硬券はその時の乗車記念でもらったものです。今は季節運行で小田急のロマンスカーで、この区間を乗車することもできますが、当時はそういう列車はありませんでした。ちょうど連絡線内で日付が変わったはずです。

 

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »