2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 花園への道(ANA636便) | トップページ | 第10回伊豆急全線ウォーク(今井浜海岸→河津) »

2014年1月16日 (木)

第10回伊豆急全線ウォーク(今井浜海岸まで)

4629_r

 1月4日土曜日、伊豆急全線ウォークの2回目を始めることにした。今年は曜日の並びの関係で正月休みがなかなか終わらないので、この機会にウォークを進めておこうと思う。

 今日が2回目なので本来ならば前回の続きから始まるべきところであるが、ブログ仲間のミスターAN氏とウォーキングを同行する予定があり、その時にコース最難関の片瀬白田ー伊豆稲取ー今井浜海岸を歩く予定にしているので、今回はそこを外した区間になっている。したがって、今井浜海岸から伊豆急下田までの区間を歩こうと思っている。

 前回は行きに新幹線を利用したが、今回は在来線のみで行く。まず、稲毛発4時49分の横須賀行きでスタートする。冬の朝で寒いのでグリーン車にしたが、他に誰も乗っていない。

 前の席をこちら側に回転させて、ボックスを一人で占領する。朝のグリーン車はアテンダント以外に警備員も同乗している。アテンダントの身に何かあってはいけないとの配慮だろうか。

 しかし警備員はアテンダントのすぐ後を付けて歩いているので、制服を着ていなければストーカーにしか見えない。

 東京駅で東海道線に乗り換えるが、これも空いていたのでグリーン車をボックスで一人占めする。この列車にも警備員が同乗していた。

 根府川付近で相模灘の静かな海を眺める。宮脇俊三さんもここから眺める景色が日本の鉄道の車窓の中で最高だと言っているがまさにその通りだろう。

 熱海で伊豆急下田行きに乗り換え、9時6分、今井浜海岸駅に到着した。

« 花園への道(ANA636便) | トップページ | 第10回伊豆急全線ウォーク(今井浜海岸→河津) »

伊豆急全線ウオーク」カテゴリの記事

コメント

ミスターKさん、こんばんは。私のために最難関コースを残していただき、ありがとうございます。先日、行程の連絡をいただいた時、なぜ下田駅まで完歩の証明をもらいに行くのか、やっと理解できました。最難関コースに向けて、毎日、1万歩以上歩き足を鍛えているので、よろしくお願いします。

ミスターANさん、おはようございます。

今回の区間を歩ければ、伊豆急全線ウォークを語る資格があります。それだけハードですけど、頑張って行きましょう。

それでは明日はよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第10回伊豆急全線ウォーク(今井浜海岸まで):

« 花園への道(ANA636便) | トップページ | 第10回伊豆急全線ウォーク(今井浜海岸→河津) »