ただいまの時間

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

花園への道(伊勢中川短絡線)

4189_r


4190_r


4192_r


4195_r


4197_r


4200_r


4203_r

 名古屋からは8時発の難波行き特急に乗り換える。特急券売り場は行列しているが、私はインターネットのチケットレスサービスを利用しているので並ぶ必要はない。最後尾に連結されているデラックスシートを予約しておいた。

 定刻に発車。車内はデラックスシートも含め、全て満席のようだ。名古屋を出て10分ほどすると、あたりがうっすらと雪景色になってきた。積もるほどではないが、車の屋根や畑は真っ白になっている。

 ところで私の隣席の50代くらいの男性はラグビーマガジンを持っている。仲間との会話から推察すると花園に行くらしい。第二グラウンドと言っているから、ライバルではなさそうでホッとする。

 津を発車してから先頭車に向かう。私は最後尾に乗っているので、先頭車まで8両分歩かなければならない。デラックスシートにしたことを後悔する。

 伊勢中川短絡線の直前にようやく運転席後ろに到着。いったん名古屋方面行きの線路を逆走してから、新しい短絡線に入る。コンクリート橋が真新しい。かつての旧橋や路盤が見えるかと目を凝らしたが、きれいに撤去され跡形もなかった。

 自席に戻り、うとうとするうち、青山町、伊賀神戸、室生口大野などを通過して行く。最近の特急はJRも私鉄も停車駅が多いのだが、この特急は津から1時間以上も停車しない。特急らしい貫禄がある。

 鶴橋の手前ではかなりスピードが落ちてきたが、それも織り込み済みらしく、定刻10時01分着。

2013年12月30日 (月)

花園への道(のぞみ99号)

我が母校がラグビーの全国大会に出場できることになったのはすでにご紹介しましたが、今日からしばらくその時の旅の様子をお伝えします。
4179_r

 
 今回の第一目的は花園ラグビー場での試合応援で、試合が運良く土曜日の12時40分からなので、朝の新幹線に乗れば試合に間に合う。東京から花園に行くには京都か新大阪から入るのが一般的だか、私は名古屋から近鉄経由で行くことにした。伊勢中川の短絡線が橋梁の架け替えに伴って二年前に移設されたからだ。せっかくだから、この機会に乗っておきたい。

 ということで今回の第一走者は品川6時ちょうど発ののぞみ99号だ。世間一般では今日12月28日の土曜日から正月休みに入るところが多く、混む列車ではあるが、出場が決まった直後に予約したので窓側が取れた。

 こののぞみに乗るには朝4時起きする必要があるのだが、前日に忘年会があり、よせばいいのに二次会にまで出るはめになってしまった。寝過ごしてしまっては後輩に申し訳ない。目覚ましを三重にセットし、朝に備える。幸い寝過ごさず、二日酔いもない。

 のぞみ99号は前日からホームに据え付けてあるのではなく、発車10分ほど前に入線する。今まで何度か乗っているので、寒いホームで待たずに乗り換え改札近くにある待合スペースで過ごす。

 入ってきた列車はN700Aの表示があったが見た目はN700系と区別はつかない。乗り込むとドリンクの自販機が目についた。販売状況が芳しくないので近いうちに撤去されるらしいのでしっかり写真を撮っておく。かつての0系には冷水器がついていたのを懐かしく思い出す。

 冬の朝6時なのであたりはまだ暗い。うとうとし、目が覚めると右手に富士山が見える。車窓から見える部分は全て雪に覆われている。

 定刻に三河安城を通過したが、名古屋駅の手前で一旦停止する。前に乗った時もそんなことがあった。2分の延着となる。


2013年12月29日 (日)

広島市電白島線乗車しました

広島市電白島線乗車しました
昨日、花園ラグビー場で高校ラグビーを見た後、広島に泊りました。広島市電の本線から白島線に分岐する線に乗るためです。1日数本しか走らない貴重な線です。

2013年12月28日 (土)

浦高惜敗する

浦高惜敗する

先ほど浦高対光泉のラグビーの試合が終わりました。結果は22-12でした。相手は3年連続出場の強豪なのでよく頑張ったと思います。応援団の数は負けていませんでした。久しぶりに校歌や応援歌を歌い、高校生に戻った感じです。

私はこれから新幹線で広島に出て、明日市電の白島線の渡り線に乗る予定です。詳しくは今後のブログをお待ちください。

2013年12月27日 (金)

電車とバスの博物館

4090_r

 宮崎台駅高架下にある「電車とバスの博物館」です。かつては高津駅に併設されていましたが、10年ほど前に現在の地に移転しました。入場料金は100円です。

4093_r

 東急で活躍した電車やバスが展示されていて、昔の駅の様子なども再現されています。50年前は東急でも硬券が発売されていました。

4095_r

 玉電の車両も展示されています。丸っこい車両で今でも斬新さを感じます。

4098_r

 先ほど訪れた砧線のサボもありました。古い車両がきれいに保存され、大人も楽しめる博物館です。

2013年12月26日 (木)

東横フラワー緑道

4124_r

東横線がみなとみらい線と直通運転を始めたときから、東横線の東白楽から横浜駅までの区間が地下化されました。その区間が遊歩道として活用されています。


4110_r

 フラワー緑道というくらいで、花壇に囲まれています。

4114_r

 ところどころに線路が埋め込まれていて、鉄道廃線跡を感じさせます。

4127_r

 トンネルも通行できるようになっています。廃線のトンネルでこんなにきれいに復活したのは見たことがありません。

4130_r

4135_r

トンネルを出ると下り坂になって遊歩道は終わりです。

4133_r

とても歩きやすい廃線跡でした。

2013年12月25日 (水)

玉電砧線廃線跡

4055_r

 二子玉川園から砧本村までの2.2km玉電の砧線が結んでいました。昭和44年に廃線になりましたが、その跡が遊歩道になっています。これがかつての電車道です。廃止から45年も経つので、当時の物件はほとんど残っていません。

4053_r

 しかし、遊歩道のとことどころにかつての跡が分かるようなオブジェがあります。ここは二子玉川から1駅目の中耕地駅があったところです。

4056_r

 マンホールにも玉電の車両が描かれています。

4059_r

 ガードレールにも線路が使われています。

4067_r

 吉沢橋にも電車のプレートが取り付けられています。

4073_r

 右側が玉電の廃線跡です。ここを今はバスが走っています。

4075_r

ここが玉電の終点砧本村です。電車時代のホームの屋根がバスの待合所として活用されていました。これが今も残る一番古い物件かもしれません。

2013年12月24日 (火)

新百合ヶ丘駅のポイント

 小田急線の新百合ヶ丘駅は本線と多摩線との分岐駅になっています。駅は島式ホーム3つで、外側2つが本線の上り下り線、内側1つが多摩線用ホームになっています。下り本線から多摩線に渡るポイントは新百合ヶ丘駅の手前と先にそれぞれあります。今回その両方を渡ってみました。区間準急は手前のポイント、多摩急行は先のポイントを渡ります。

 一方、多摩線から本線に直通する上り電車は列車種別にかかわらず新百合ヶ丘駅手前のポイントを渡ります。多摩線ホームに入ってから上り本線に入る電車は駅の時刻表も確認しましたが、ないようです。

こういうポイントの乗車を気にするようになると、いくら時間があっても足りません。

2013年12月23日 (月)

北総鉄道入出庫線

Trvell_213

 ちょうど今から10年前の2003年12月23日、北総鉄道の7050形が引退するイベントにあわせて、7050形に乗って印西牧の原駅から車両基地まで行くことができました。運よく抽選に当たったのでした。

Trvell_227

 こちらが車庫での撮影会の様子です。北総鉄道の他の車両も登場しました。開業当初から走っていて、前頭部が特徴的な7000形も来ていました。

2013年12月22日 (日)

福島臨海鉄道

3388_r

 平成16年7月、福島臨海鉄道に臨時列車が走りました。小名浜港で開催される花火大会会場行きの臨時列車です。花火会場の座敷席と往復の乗車券がセットになって、3500円もしますが、貨物線に乗れるまたとない機会なので、値段は関係ありません。

P8070017

 こちらが始発駅の常磐線泉駅です。JRのホームの外れから、ディーゼルカー3両で乗り入れます。

P8070020

 ホームはご覧のような簡易型ですが、会社によってはタラップが設置されたりしますが、それと比べると本格的な感じもします。

P8070027

 こちらが終点の小名浜駅です。貨物駅なので駅前広場もありません。

P8070022

 貨物用の簡易なホームがあったので、ステップの段数が少ないです。

 一般の人はこれから花火見物ですが、帰りの列車まで5時間以上もあるので、私は復路は放棄し、バスで泉駅まで帰りました。その後、帰りの常磐線が大雨で一時運転見合わせになりました。花火大会が開催されたかどうか私は知りません。

2013年12月21日 (土)

鵜沼連絡線

3380_r

 名鉄新鵜沼駅とJR鵜沼駅の間にかつて連絡線がありました。名鉄のディーゼル特急が新名古屋から犬山線経由で高山本線に乗り入れていたのです。この写真は名鉄の特急「北アルプス」です。私は犬山から乗りましたが、客はほとんど乗っていませんでした。

3381_r

 こちらは美濃太田駅での連結作業の様子です。JRの特急と名鉄の特急がこの駅で連結されて、高山まで一緒に行くのです。まさに呉越同舟という感じです。右の白いワイシャツの人が名鉄で、真ん中と左の人がJRの人だと思われます。名鉄の車両が先に到着し、JRの車両が後から到着していたようです。

 国鉄と私鉄の相互乗り入れは今でもよくありますが、お互いの車両が連結されて運行されるケースはかつては南海や島原鉄道でありましたが、今はあるのでしょうか。

 下の地図で名鉄新鵜沼駅の下側から右カーブで弧を描いている線路跡が見受けられます。

2013年12月20日 (金)

沖縄の鉄道と旅をする

Img_3203_r

 沖縄在住のゆたかはじめさんの著作です。ゆたかさんは、東京高裁の長官を務めたかたであるとともに、鉄道にも大変造詣の深い方です。那覇地裁の所長を務めた関係で沖縄の魅力に憑りつかれ、裁判官退官後沖縄に転居されました。

 この本では、沖縄へのLRTの導入、戦前の沖縄の軽便鉄道の歴史、廃線跡の発掘、ゆいレールの紹介などが、元裁判官とは思えないわかりやすい言葉で語られています。宮脇俊三さんとの交流も描かれており、旧制高校、大学とも宮脇さんが1年先輩だったようです。

 ゆたかさんもこの本の中で述べていますが、LRTはもっと活用されていいと思います。地下鉄やモノレールより建設費が大幅に安く、しかも存在感はバスよりも数段上だと思います。もっと地方都市に広まってほしいとの思いが強くなりました。

2013年12月19日 (木)

ほっとゆだ駅

3136_r

 北上線の温泉駅「ほっとゆだ」駅です。駅に温泉が併設されているのです。今は全国各地で温泉が併設されている駅が多くありますが、ここがそのはしりのような駅です。1993年に行ったので、もう20年以上前のことになります。

 右側が駅の入口で、左側が温泉の入口です。温泉の中には鉄道の信号機が設置されていて、発車時刻が近づくにしたがって、青→黄→赤と色が変わって、乗り遅れないように注意喚起を図っています。

3134_r

 その温泉に入ったのち、盛岡で泊まりました。写真はホテル近くのわんこそばやでの様子です。東家という有名な店で結構混んでいました。お酒も飲まず、ただひたすら食べまくりました。女性の付き人が1杯食べ終えるごとに、すかさずお椀にお代わりを投げ入れます。食べ終えるときには、付き人が投げ入れる前にお椀を閉じないといけません。そのタイミングが難しく、ギブアップしたくなっても何杯か食べさせられました。私は89杯です。同行者は100杯以上食べて記念品をもらっていました。お椀は二人の合計です。食べ終えて、動けなくなったミスターKでした。

2013年12月18日 (水)

時刻表型ブックカバー

Img_3197_r

 今神保町にある書泉グランデで、文庫本か新書本を買うと、ご覧のような時刻表型のブックカバーを付けてくれます。都営新宿線の神保町駅の平日新宿方面の時刻表が印刷されています。書泉グランデは鉄道関係の書籍が充実していることで知られているので、こういうタイプのカバーはとても人気があると思います。裏側は岩本町駅の時刻表です。書泉ブックタワーという姉妹店がある駅です。

2013年12月17日 (火)

三陸鉄道

3137_r

 こちらの列車は三陸鉄道の北リアス線を走る列車です。昨日紹介した横浜博覧会臨港線で走っていた列車が、博覧会終了後三陸鉄道に譲渡されたのですが、その車両に運よく乗車することができました。旧友に久しぶりに会えたよう感じです。11月下旬ですが、雪が舞い散る寒い日でした。

2013年12月16日 (月)

横浜博覧会臨港線

3404_r

昨日、横浜博覧会会場で運行されていたHSSTをご紹介しましたが、同じ横浜博覧会で会場の外で臨時の列車が運行されていました。今の山下公園付近の臨港プロムナードと呼ばれているところあたりを走りました。高架になっていて眺めがよかったと思われますが、沿線の記憶はまったくありません。その後何度もその界隈を歩いているので、記憶が錯綜しているのかもしれません。博覧会の会場やその付近では臨時の列車が運行されることが多く、ゆめ交流博、つるがきらめきみなと博、愛地球博などでも同様の列車に乗車しました。博覧会と臨時列車は、切っても切れない関係にあるようです。

2013年12月15日 (日)

HSST乗車券

Collection_218

 1989年の横浜博覧会会場で磁気浮上式鉄道HSSTに乗車することができました。当時は日本航空で開発を進めていました。博覧会の会場をちょこっと運行するだけなので距離は数百メートル程度だったと思います。その後、JALは開発から撤退したので、今思えば貴重な体験でした。この技術が愛知県のリニモに生かされているようです。

2013年12月14日 (土)

元祖Suica

Collection_213

 2001年にSuicaが発売された時の記念カードです。スイカペンギンが不思議そうにカードを眺めているのがかわいらしです。

 それまでの磁気定期券のようにいちいち定期入れから出す必要がなく、自動改札にタッチするだけで使えて、利便性が大幅に改善しました。しかし、当時は電子マネー機能がなく、純粋に鉄道利用に限定されていました。

 その後、電子マネー機能も追加され、買い物にも使用することができるようになり、買い物で小銭を出す必要がなくなり、利便性がさらに向上しました。

 私の生活に不可欠のカードですが、来春からの消費税引き上げに伴い、1円単位の運賃設定となり、社会的にもさらに必要性が増していくのでしょう。


2013年12月13日 (金)

上野東京ライン

上野東京ライン
宇都宮線、高崎線、常磐線から東海道線に乗り入れる列車が、「上野東京ライン」と名付けられました。2014年度末の開業ということで、あと1年ちょっとのようです。乗り換えなしで長距離を移動できるようになり、利便性が大幅に増します。
開業がとても楽しみです。

2013年12月12日 (木)

長次郎橋たもとの不思議な物体

4126_r

先日訪れた「新宿交通公園」の前に、長次郎橋という橋があり、そのたもとに不思議な球形をした物体がありました。下の動画を見ていただきたいのですが、水の浮力で重い石が回転しながら浮いているのです。水の力が強すぎると、飛び出してしまうはずですから、微妙なバランスを保っているようです。

2013年12月11日 (水)

mAAchエキュート

4093_r

かつて交通博物館があったところが「マーチエキュート」という施設に改造されました。高架下には物販の店が並んでいます。

4088_r

各店舗の仕切りは高架橋の柱が利用されていて、そこをくぐるようにして次の店に行きます。

4078_r

古い階段を上ると、かつてのホームに出られます。ここは以前交通博物館のイベントで上ったことがあります。

4069_r

上に出ると両側が線路になっています。こちらは建物の中に入っているので外にでることはできませんが、駅でもないところで両側に電車が走るのは不思議な感じです。この部分にはレストランもあるので、食事をしながらこの光景を楽しむこともできます。おすすめのスポットです。


2013年12月10日 (火)

新宿交通公園

葛飾区にある新宿(にいじゅく)交通公園です。ここは子供が遊びながら交通ルールを学べるようになっているアリガタイ公園です。その園内を1周するようにミニSLが走っているのです。このすぐ近くに住んでいる会社の人から教えてもらいました。

4108_r

土日のみ運行で大人は100円です。立派な駅舎もあります。

4118_r

駅名票は「にいじゅくこうつうこうえん」と「とうきょう」です。

4120_r

機関車はアメリカンスタイルの弁慶号です。さっそく乗ってみました。大人で一人で乗っているのは私だけです。そのほかの全員は自分の子供を前に乗せています。ちょっとカッコ悪いですが、大人が一人で乗ってはいけないというルールはなさそうです。

こちらは動画です。1周約4分で、鉄橋あり、トンネルあり、ゴーカートとの並走ありで、なかなか変化に富んだミニSLでした。

2013年12月 9日 (月)

花園への道

4052_r_2

 我が母校のラグビー部が埼玉県予選で優勝し、全国大会に出場することになりました。なんと54年ぶりとのことで、私が生まれる前の話です。

 私の高校時代もラグビー部は結構強くて、いつも埼玉予選の決勝まで残るのですが、熊谷工業に負けて、一度も全国大会に出たことはありませんでした。

 それがようやく全国大会に出場できることになりました。今回を逃すと次はいつ出られるかわからないので(失礼!)、ぜひ応援に行きたいと思っています。試合は12月28日土曜日の午後12時40分からなので、土曜日の朝の新幹線でも間に合います。仕事も休みなので好都合です。

 在校生の大半とOBの多くが大挙して応援に行くでしょう。臨時の新幹線を3~4本出さないと厳しいでしょう。ちょうど帰省時期なので、バスや列車の確保をどう手配し応援団一行を輸送するのか非常に気になります。

 なお、画像の新聞はrailwayさんからいただきました。感謝です。


2013年12月 8日 (日)

ふなっしーカレーパン

1_r

 稲毛駅のNEWDAYSで「ふなっしーカレーパン」が販売されていたので買ってみました。機敏な動きでゆるくないゆるキャラとして、船橋市非公認キャラクターふなっしーは最近大人気です。最近はいろいろなコラボ商品が販売されています。この商品は梨汁が入っていて、ちょっとフルーティーなカレーパンでした。今後の活躍を期待します。

2013年12月 7日 (土)

東北縦貫線

4007_r

 現在、上野駅と東京駅の間に線路を敷いて、宇都宮線・高崎線と東海道線が相互直通運転ができるようにする工事を行っています。秋葉原駅の南端から線路が上り勾配になって、神田駅付近では東北・上越新幹線の真上になります。

4010_r

 この区間はかつては線路があって、臨時列車が運行されることもありましたが、新幹線工事のため廃止されました。私は高校1年と3年の時に、大宮駅から藤沢駅に向かう臨時列車でこの区間を乗ったことがあります。その当時は何とも思わなかったのですが、今思えば貴重な体験だったわけです。

4013_r

 新幹線の高架橋のさらに上に高架をもう1本乗っけることで線路を確保しました。運行している区間の真上に線路を作るわけですから相当な難工事でしょう。あと、1年ちょっとで開業する見込みですから、その時が楽しみです。

2013年12月 6日 (金)

新型自動改札はディスプレイに何も表示されないの?

3991_r

 JR東日本の駅で最近よく見かける新型自動改札です。従来はタッチすると、残額が改札機の先端部分に表示されていたのですが、このタイプでは先端部分に何も表示されません。私もおかしいと思っていたら、なんと改札機の真ん中あたりに表示されているのです。見落とす人が多いらしく、改札機にステッカーが貼られ、どこに表示されるか分かるようになりました。1台の機械で2か所もディスプレイがあるわけで、無駄な設備であるとともに、分かりにくくもあります。その注意喚起のために、新型の改札機に新たなステッカーを付けるとは本末転倒です。機械の設計者が人間が歩く時の目線の位置を理解していないから、このようなことになるのでしょう。

2013年12月 5日 (木)

電車焼き

3993_r

 11月30日のアド街ック天国で放送していた大塚駅ビルにある「横浜くりこ庵」に来ました。ここはたい焼きならぬ「電車焼き」を販売しています。都電の形をしたたい焼きなのです。大塚駅には都電が乗り入れているので、それをモデルにしたようです。1個180円です。

3998_r

 あんこがたっぷり入ってずしりと重い電車焼きです。電車の型は何型だか分かりませんが、昔風の車両です。おすすめの一品です。皆様も大塚駅を訪れた時はぜひご賞味ください。

2013年12月 4日 (水)

埼京線E233系電車

3986_r

 埼京線に新登場したE233系7000番台電車です。他の線区では以前から登場していましたが、ようやく埼京線にも投入されました。乗ってみれば、ほかの線区の233系と区別はつきませんが、やはり新車はいいものです。

Card_017

 埼京線は開業当初は山手線のお古の103系で、その後他線区よりも割りと早く205系化されたのですが、それから進歩がありませんでした。首都圏有数の混雑線区ですから、もっと早く新車が投入されてしかるべきでしたが、長いこと冷や飯を食わされてきたわけです。

 埼京線の205系は混雑対策で6扉車が2両組み込まれていましたが、233系化により、それが廃止されたこともサービス向上につながっています。これからの活躍に期待したいです。

2013年12月 3日 (火)

第10回伊豆急全線ウォーク(帰り)

4042_r

 伊豆熱川で足湯に浸かった後、16時42分発の電車で伊東まで戻る。辺りはすっかり日も暮れた状態だ。いったん伊東で下車し、食料を調達する。

 今日は品川駅構内の線路切り替え工事が行われている関係で上りの東海道線は横浜止まりとなっている。発車案内板もご覧のような表示で珍しい。ところが、駅の自動放送は「東京行き」と言っている。案内板のデータと自動放送は連動していると思っていたが、そうではないらしい。

4053_r

 帰りの電車はいつものようにグリーン車で一人宴会だ。前回のウォーキングでミスターANさんから頂戴したビアグラスを持参した。ウォーキングの途中ずっと持ち歩いていたのだ。これで飲むと本当にビールがうまい。今日一日の疲れを癒すおいしいビールを飲むことができた。

2013年12月 2日 (月)

第10回伊豆急全線ウォーク(伊豆大川→伊豆北川→伊豆熱川)

4030_r

 伊豆大川駅の待合室で充電器を取り出し、iPhoneを充電をする。それとともに気温も下がっていたので上着を着ることにした。既に今日は30kmくらい歩いてきていて、疲れてきてはいるが、まだ歩けそうだ。もう一区間行くことにした。時刻は15時20分でウォーキングの終了は17時なので間に合うだろう。

 伊豆大川駅の隣の伊豆北川駅は昨年無人駅となったため、今回から伊豆北川駅には寄らずに伊豆熱川駅に直行するルートに変更になった。

 上の写真で左に曲がると伊豆北川駅、直進すると伊豆熱川駅になる。伊豆北川駅には駅前にウォーキング区間中最大の急こう配があったので、この駅が無人駅になったのはある意味ありがたい。

4032_r_2

 通過となった伊豆北川駅の上側にくると100系電車が回送されてきた。1両編成で絵になる光景だ。

4038_r

 だいぶ日も暮れてきて、薄暗くなった山道を進み、16時20分伊豆熱川駅着。バッジの引換を済ませ、駅前の足湯で今日一日頑張ってくれた足を癒す。夕方で利用客はいなかったので、一人で足湯を占領だ。10分ほど浸かっていると、疲れも癒えてきた。

3949_r

4078


4079


4080


2013年12月 1日 (日)

第10回伊豆急全線ウォーク(伊豆高原→伊豆大川)

4018_r

 伊豆高原からはしばらく住宅地の中を歩いたのち、国道135号線沿いを行く。歩車道は分離されているが、車の往来が頻繁でのんびりウォーキングというわけにはいかない。

 三島神社から国道を離れ、ホッとしたのもつかの間、ここから急坂が続く。下のグラフからもわかるように、500m進んで50mぐらい登るという過酷なルートだ。しかもアプリの操作を間違えて、伊豆高原から距離データが消えてしまった。まだ操作に習熟していないようだ。

 急坂を上ることでだいぶ体力を消耗したところ、携帯電話のほうもバッテリーが残り20%を切ってきた。runtasticのアプリはGPSと常に位置確認をしているので、バッテリーの減りが速いようだ。

4025_r

 そんなハードなコースを進むこと1時間40分で伊豆大川駅着。午後3時くらいになり少し寒くなってきた。バッジは185系200番台だ。かつて新幹線リレー号に使用されていたタイプだ。

4076


4075

 三島神社のところからスタートしたことになっている。

4077

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »