2022年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 鉄道紀行 宮脇俊三取材ノート | トップページ | 階段国道 »

2013年11月20日 (水)

お早く御乗車ねがいます

3936_r

  この本は昭和33年に中央公論社から出版されたものを文庫本化したものです。著者は作家の阿川弘之さんです。阿川さんは鉄道に造詣が深く、「旅」誌などに紀行文などを寄せていました。

  この本には、時刻表を読む楽しみや機関車の運転台添乗記、車掌体験記などが綴られています。昭和30年前後の日本なので、新幹線もブルートレインもない時代ですが、鉄道が輝きを放っていた時代です。内容的にも興味深いのですが、文章が簡潔でわかりやすく、読みやすいです。

 この著作が最初に刊行されたときの編集者が、実は当時中央公論社に勤務していた宮脇俊三さんでした。鉄道好きの編集者が、鉄道好きの作家に本を書かせたわけです。内容が非常に濃いのも納得です。

« 鉄道紀行 宮脇俊三取材ノート | トップページ | 階段国道 »

鉄道関連書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お早く御乗車ねがいます:

« 鉄道紀行 宮脇俊三取材ノート | トップページ | 階段国道 »