2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« むさしの号(大宮→北朝霞) | トップページ | 鉄道紀行 宮脇俊三取材ノート »

2013年11月18日 (月)

カレチ第5巻

3925_r

 昭和の鉄道漫画「カレチ」の第5巻です。いよいよ昭和の末期、国鉄分割民営化の前夜の時代です。内容も、広域異動や早期退職、労士対立など生々しいものになってきました。ちょうど私が大学生時代の話が中心となっています。

 そういった時代の中、主人公の荻野カレチも、時代の流れ、国鉄の動きに翻弄されながら、自分自身を見失わず、国鉄職員としての誇りを失わず、信念を貫いていきます。

 今から30年も前の話ですが、古さを感じずに読み進めるのは、鉄道員としての魂が普遍的に描かれているからでしょう。今回で完結となりますが、皆様に是非お読みいただきたい一冊です。

« むさしの号(大宮→北朝霞) | トップページ | 鉄道紀行 宮脇俊三取材ノート »

鉄道関連書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カレチ第5巻:

« むさしの号(大宮→北朝霞) | トップページ | 鉄道紀行 宮脇俊三取材ノート »