2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 国鉄本社 | トップページ | 対星館&大和屋ホテル晴遊閣リニューアルで休館 »

2013年10月31日 (木)

鹿島臨海鉄道

Trvell_016

 平成17年10月、鹿島臨海鉄道のイベントで鹿島サッカースタジアム~神栖間を乗車しました。この区間は貨物線で普段は乗れないのですが、このイベントの時は臨時列車が走り、乗ることができました。

Trvell_017

 神栖の車両基地内で車両の見学もできました。

Trvell_034

 当時の画像から想像すると、帰りの列車は車両基地の南端まで行き、スイッチバックして鹿島サッカースタジアムに北進していったようです。

Trvell_038

 この区間はかつて昭和53年ころから昭和58年ころにかけて旅客列車が運行されていましたが、利用者があまりに少なく、すぐ廃止されました。私はこの区間に乗車することはありませんでした。

Trvell_039

« 国鉄本社 | トップページ | 対星館&大和屋ホテル晴遊閣リニューアルで休館 »

怪しい鉄道」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。神栖駅構内は本線から少し分岐したところにあるようですね。かつて営業運転を行っていた北鹿島~鹿島港南間の線は、神栖駅をまっすぐ通過していったように思います。この時は、銚子から関東鉄道の路線バスに乗り、運転手に鹿島港南駅を教えてもらいながら歩きました。やってきた気動車には車掌が乗っており、乗車客がいたのでびっくりしていました。車内で千葉までの乗車券を車補で発券してもらいました。

 

railwayさん、こんにちは。

営業運転時代に乗ったことがあるとは羨ましいです。私は乗ることができませんでした。廃線になることは知っていたのですが、当時は民鉄の乗りつぶしまでは手が回っていませんでした。今思うと残念なことをしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島臨海鉄道:

« 国鉄本社 | トップページ | 対星館&大和屋ホテル晴遊閣リニューアルで休館 »