ただいまの時間

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

鹿島臨海鉄道

Trvell_016

 平成17年10月、鹿島臨海鉄道のイベントで鹿島サッカースタジアム~神栖間を乗車しました。この区間は貨物線で普段は乗れないのですが、このイベントの時は臨時列車が走り、乗ることができました。

Trvell_017

 神栖の車両基地内で車両の見学もできました。

Trvell_034

 当時の画像から想像すると、帰りの列車は車両基地の南端まで行き、スイッチバックして鹿島サッカースタジアムに北進していったようです。

Trvell_038

 この区間はかつて昭和53年ころから昭和58年ころにかけて旅客列車が運行されていましたが、利用者があまりに少なく、すぐ廃止されました。私はこの区間に乗車することはありませんでした。

Trvell_039

2013年10月29日 (火)

国鉄本社

3382_r

 かつて東京駅丸の内口の駅前にあった国鉄本社です。これは平成9年の写真で、このあと解体されました。解体直前に一般の人が内部に入れるイベントがあり、その時に行ってきたのです。シンプルな建築で、目の前の東京駅とはまったく異なる印象です。

3383_r

 これは山手線、京浜東北線の運行掲示板です。新幹線の運行掲示板もあったはずですが、写真を撮りそこなったようです。

 この場所は今は丸の内オアゾとなっています。時代は変わるものです。

2013年10月27日 (日)

快速11両は停車いたしません

3831_r

 船橋駅の快速ホームの表示が最近変わりました。「快速11両は停車いたしません」と赤で表示されるようになりました。

 総武線の快速は11両か15両で運行されていて、発車案内板にもそのことが表示されているのですが、それに気づかず列車が来ないところで待っていて乗り遅れる人がいるのでしょう。

 11両編成の快速は、下り電車の場合は千葉寄りに停車するので、停車しないところに停まっても目の前を通り過ぎていくので分かるのですが、上りの快速も千葉寄りに停車するので、ホームの東京寄りで待っていると気付かずに乗り遅れることがあるようです。運転士が気を利かせて警笛で教えてくれる場合もあるのですが、誰もがそうしてくれるわけでもないので、新たに注意喚起をしようとしたようです。

この表示が効果が出るか期待したいです。


2013年10月22日 (火)

亀石峠伊豆ミニ鉄道公園

3415_r

 昨日、ホンダシティで行った先で、伊豆スカイラインの亀石峠をご紹介しましたが、ここにはドライブインに併設するかたちで、ミニ鉄道公園がありました。

3416_r

 人が乗れるミニ鉄道の公園です。乗車料金は無料でした。1月下旬に行ったはずですが、天気も良く、暖かな日でした。

3417_r

 今ではこういうミニ鉄道に乗るのは気恥ずかしいのですが、30年近く前のことなので、そんなことも気にせず乗りました。



2013年10月21日 (月)

ホンダシティ

3774_r

 最近旅行に出ておらず、鉄道ネタが尽きたので、今回は車ネタです。私が運転免許を取ったのが1983年10月で、今年でちょうど30年になります。おかげさまで30年間無事故で運転することができました。

 この車はホンダのシティで、私が大学2年の時から5年間乗りました。1200cc67馬力、5段変速マニュアルトランスミッションです。当時人気が高かった車です。下の画像のようなチョロQも発売されていました。

 約3万6000キロほど走りました。あまり遠出をすることはなかったですが、それでも伊豆半島、山中湖、軽井沢、越後湯沢など関東一円を走り回りました。当時は運転技術が未熟で、首都高を走るのも恐怖心を覚えたものでした。

 この当時は撮り鉄という言葉もなかったですが、この車で撮り鉄まがいのドライブもしました。廃線になった西寒川線、新しくできた北鴻巣駅、伊豆亀石峠のミニ鉄道公園などが思い出に残っています。 

 ドライブの楽しさを教えてくれた車ですが、この車の唯一の弱点はエアコンが付いていなかったことです。当時の車はエアコンを付けるか付けないかで結構値段が違ったのです。親に買ってもらった車で、贅沢は言えませんでした。

Q_009

 

2013年10月17日 (木)

台風一過

3806_r

  昨晩、台風に備え会社近くに前泊した私は、朝7時半頃ホテルで朝食を取った。無料の朝食なのだが、パンが5種類ほどとコーヒー、ジュースしかない。朝食コーナーから見える外の様子は、一時期よりは雨が少し弱って来たかなという感じだが、それでも普通の降りではない。雨雲レーダーと台風のスピードから自分なりに推測すると、あと1時間ほどで雨は止みそうだが、こういう天候なので普段通りの出勤時刻というわけにはいかない。物足りない朝食を済ませて8時前に足早にホテルを出た。傘がおちょこになりそうで、慎重に歩みを進める。

 会社に着いてみると、前泊した人、家族に送ってもらった人以外はまだ誰も来ていない。部下から電話やメールで状況についての連絡があり、総武線は快速も各駅停車も止まっていて、京成は本線が津田沼から先が止まっているようだ。東西線や武蔵野線、東葉高速鉄道も止まっているらしい。

 結局、多くの社員が途中駅で足止めを食って、最大3時間ほど待たされたようだ。途中駅でいつ出発するかわからない状況でいらいらしながら立ちん坊で待つよりは、安ホテルとはいえ、前泊したほうがよほど楽だっただろう。私の選択肢は正解だったようだ。

しかし、今回の台風では大島で甚大な被害が出ていることを後から知った。まだ行方不明の人も多くいるようで、一刻も速い救出を祈りたい。

2013年10月16日 (水)

レックスイン船橋

レックスイン船橋
10月15日火曜日夜、台風が近づいているので、会社の近くに前泊です。船橋には老舗の船橋グランドホテルというのがあるのですが、すでに満室でレックスイン船橋というビジネスホテルに泊まることになりました。

インターネット予約でシングル6500円です。ごく普通のビジネスホテルで、どちらかというと古めであまり泊まりたくないホテルですが、他に選択肢がにないので仕方ありません。

せっかく泊まったのですから、鉄道が全部止まって、ここに泊まった意味が出てくれるとありがたいのですが、どうなることでしょうか・・・

2013年10月15日 (火)

エキスポライナー

3775_r

 大宮駅に停車中の「エキスポライナー」です。昭和60年4月5日金曜日の写真です。当時筑波で開催された「科学万博」の会場最寄駅「万博中央」駅行きの臨時列車です。

 専用のヘッドマークも付いています。この画像ではよく見えませんが、12系客車を率いています。機関車はEF80となっています。

 大宮駅から武蔵野貨物線経由で南浦和に至ります。この当時は武蔵浦和駅はまだできていません。

 南流山からはまた貨物線経由で常磐線の北小金まで進みます。未乗の貨物線に2区間も乗れる貴重な列車でした。


2013年10月14日 (月)

国際興業バス型自販機

3793_r

 大宮駅近くにある国際興業バスの定期券売り場で見かけた自販機です。バスと同じ塗装になっています。以前秋葉原のポポンデッタで電車型の自販機を見かけましたが、それと同類です。

 ドリンクの中身はバスらしいものはありませんでした。

3798_r

2013年10月 8日 (火)

テレビ朝日お願いランキングGOLD

201201_038_r

 ブログを開設しているとブログの画像を使わせてほしいという依頼のメールが時々やってきます。自分で取材せず、人の画像を借用する調子のいいやつだと思いながらも、快くご依頼に応じています。

 先日も「テレビ朝日お願いランキングGOLD」から依頼があり、2012年1月4日の記事に使った画像がテレビに登場しました。『鉄道ファン100人が選んだ山手線「実はスゴイ駅」総選挙』という内容で、山手線の駅をランキングするわけです。原宿駅は明治神宮初詣用臨時ホームや宮廷ホームがあることで5位にランクされていました。

 ところで、テレビ朝日からの依頼メールは放送の前日の夜に私に来たのです。普通こういう番組は録画で、仮に前日に私の了解が取れなかったとしても、そのまま放映されていたのでないかという気もします。私にメールを送って、一応了解を取り付けたという形を取り繕ったようです。

以下、その時のメールです。

『ミスターK様
 お世話になっております。テレビ朝日お願いランキングGOLDの○○と申します。突然のご連絡申し訳ありません。
 現在、番組で山手線の企画をしており、原宿駅の紹介で参拝用の臨時ホームについて紹介する予定です。
 その紹介をする際にミスターK様が2012年1月4日に紹介しています臨時ホームのお写真を番組で使用させて頂けないかと思いご連絡させて頂きました。
 放送が明日となっており、突然のお願いで大変申し訳ありませんが、何卒よろしくお願い致します。
テレビ朝日
お願いランキングGOLD
○○ ○○
080−××××−△△△△』
 私がすぐさま掲載応諾のメールを送っても、TV朝日からはありがとうございますのメールもありません。忙しくて返事もする時間もなかったかもしれませんが、これでは視聴者の信頼は得られません。前にTVの取材を受けた時にも不快な印象を受けましたが、これがこの業界の体質なのでしょうか?

2013年10月 7日 (月)

東京駅グランルーフ

3733_r 

 東京駅八重洲口がグランルーフという大きなテラスに生まれ変わりました。帆船をイメージした大きな屋根が設置されています。左側の大きなビルがサウスタワーで、ここには映っていませんが、右側のノースタワーとを結んでいます。

3722_r

 店舗は1階や地下1階にあるので、このペデストリアンデッキ部分にはほとんど店がなく、ゆったりと散歩できるようになっています。この画像を見る限りは静かな環境が想像されますが、植込みの向こうが東海道新幹線のホームで、発車案内のアナウンスがうるさいくらいに聞こえてきます。駅にいるのだという実感がわいてきます。

2013年10月 6日 (日)

昭和浪漫ミルクセーキ

3713_r

 明治の乳飲料「昭和浪漫ミルクセーキ」です。以前も紹介したドリンクのシリーズです。

 名鉄の路面電車風の車両が描かれています。昭和のよき思い出です。新しい図柄が出てくることを期待します。

2013年10月 5日 (土)

新幹線フェスタ2013in熊本(終わりに)

3687_r

 羽田空港は機長アナウンスの通り、大雨だった。

 羽田空港からは北総鉄道の車両に乗る。ここは京急の駅だが、相互乗り入れしている都営、京成、北総の車両も集う。芝山鉄道の車両も来るのだろうか。

 品川で京急から横須賀線に乗り換え、稲毛へと向かう。外は相変わらず雨だ。

 今回の旅行は熊本総合車両所行きの車庫線に乗れたのが一番の収穫であったが、高千穂鉄道のスーパーカートも、それに匹敵するほど楽しかった。東京オリンピックの招致が決まったのもサプライズだった。

 それとともにrailwayさんにはすっかりお世話になり、福岡の街案内はもとより、食事までごちそうになってしまった。いつか恩返しをしたいと思っている。

 これで1か月に渡って続いた「新幹線フェスタ2013in熊本」の旅の連載も終わりとなる。わずか2日間の旅行だったのにこんなに膨らませて、読者はさぞご迷惑だったことだろうと推察するが、乗り鉄の極道のたわごととご容赦いただきたい。

 明日からはしばらくネタ切れで、不定期の掲載となることをあらかじめお詫びしますm(__)m

2013年10月 4日 (金)

新幹線フェスタ2013in熊本(JAL324便)

3673_r

 福岡空港からは17時ちょうど発のJAL324便に乗る。機種はボーイング777だ。ディズニー30周年バージョンの塗装になっている。

3680_r_2

 機内サービスのドリンクのカップも同じく、30周年バージョンだった。

 雲が多く、地上は見えない。しかし、雲の上は晴天だ。安定した飛行が続く。しかし、機長のアナウンスでは、羽田は激しい雨、気温は23度と説明していた。

2013年10月 3日 (木)

新幹線フェスタ2013in熊本(福岡空港まで)

3667_r

 熊本市電のグレー区間の乗車を終え、熊本駅から14時45分発のさくら306号で博多に戻る。これはJR九州の800系新幹線で、自由席でも2列シートで豪華だ。新幹線ならばこういう感じでいってほしいものだ。

3670_r

 疲れていたのか博多までは、ほとんど寝て過ごす。博多駅の1階にはご覧のような鉄道グッズコーナーがある。ヘッドマークのレプリカが15万円くらいで販売されていた。レプリカといえ、随分高いものだ。

 スイカを使って、地下鉄に乗り換え、福岡空港駅まで向かう。

2013年10月 2日 (水)

新幹線フェスタ2013in熊本(熊本市電上熊本駅付近)

3666_r

  市電熊本駅付近の付け替えられた線路に乗り終えた後、私は上熊本駅に移動することにした。さきほどrailwayさんとの別れ際に、上熊本駅付近の市電線路も移設されたと教えられたからだ。上熊本駅付近は7年ほど前に乗ったのだが、その時にはすでに移設されていたのか記憶が定かではない。こういう時は乗って置くに越したことはない。

 辛島町で乗り換えになる。乗り換え客にはご覧のような乗換券が渡される。乗客から申し出があると、運転士が手書きで時刻を記入する珍しいタイプだ。この乗換券は記念にして、次の列車では正規の運賃を支払った。

Img_7970_r

これが上熊本駅の手前の様子。左に曲がり、車庫をかすめて、駅に進入する。かつては直進していたのだろうか。とにかく、これでグレーゾーンの乗車は完了した。


Img_7976_r

 上熊本駅前には夏目漱石の像があった。意外と小柄な人だったようだ。かつて千円札でおなじみの顔とは少し違った。

 後ろは市電の上熊本駅だが、この駅舎はかつてはJRの上熊本駅だった。しかし鹿児島本線の高架化工事で駅舎が市電の駅へ移築されたようだ。

2013年10月 1日 (火)

新幹線フェスタ2013in熊本(熊本市電熊本駅付近)

 熊本市電の熊本駅前電停は数年前に熊本駅寄りに移設された。そのため、その前後の区間の線路が少し移動しているのである。私は2年ほど前に祇園橋から熊本駅までの移設区間は乗ったのだが、熊本駅から先の区間は時間の関係で乗れなかった。そこで今回リベンジにやって来たのだ。

Img_7953_r

 熊本市電は熊本駅の二つ先の田崎橋が起点で、熊本駅から500mほどの距離なので歩いて向かう。おしゃれなドーム式の屋根が設置されている。軌道敷きも芝生が植えられていて、いい雰囲気だ。

 さっそく乗車してみる。運転席の真後ろの席が空いていたので、そこに座る。まず、田崎橋から熊本駅までの区間だ。意外と信号待ち時間が長い。駅の手前で左にスライドしているが、以前は直進していたのだ。

 続いて熊本駅から祇園橋までの区間。駅を出て右に曲がる。ここも新線区間だ。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »