2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 大阪市交通局日帰りバックヤードツアーの旅(赤川仮橋まで) | トップページ | 大阪市交通局日帰りバックヤードツアーの旅(弦) »

2013年8月30日 (金)

大阪市交通局日帰りバックヤードツアーの旅(赤川仮橋)

Img_7425_r

東淡路1丁目のバス停から歩くこと5分で赤川仮橋に着く。外観は普通の鉄橋だが、内部はご覧のとおりで、片側は単線の鉄道線路、もう一方は人道となっている。

さっそくこの橋を渡ってみる。人道のほうは下に鉄板が敷かれているが、結構ペコペコしていて不安になる。柵も木製で見るからに老朽化している。朽ち果てそうに感じるが、触ってみると結構しっかりしている。歩いている人はほとんどいないが、自転車の往来は頻繁だ。柵の高さが低いので、自転車と接触するとバランスを崩して転落するかもしれない。

結構スリルのある橋を約10分で渡り終える。橋の上は川面を渡る風がかなり強く、日差しは厳しかったものの、汗はほとんどかかずに済んだ。

Img_7454_r

 橋のたもとで小休止した後、引き返す。ここは現役の貨物線なので、せっかくならば橋を渡る貨物列車と一緒に写真を撮りたい。時刻はあらかじめ調べてある。橋の中央部でしばらく待機する。欄干にもたれて川面を見つめる私を、知らない人が見たら、自殺志願者と間違えるかもしれない。

 16時50分、吹田方面行きの貨物列車がやって来た。スピードはそれほど出ていない。時速50kmくらいだろうか。しかし重量感は相当なものだ。橋が振動している。

Img_7486_r

 もう一本やって来た。こちらは百済貨物ターミナル行きだ。写真を撮っている人も多い。

« 大阪市交通局日帰りバックヤードツアーの旅(赤川仮橋まで) | トップページ | 大阪市交通局日帰りバックヤードツアーの旅(弦) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市交通局日帰りバックヤードツアーの旅(赤川仮橋):

« 大阪市交通局日帰りバックヤードツアーの旅(赤川仮橋まで) | トップページ | 大阪市交通局日帰りバックヤードツアーの旅(弦) »