2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 池袋駅のホームドア | トップページ | 千葉県ローカル鉄道フェア »

2013年8月12日 (月)

かわらご

  昭和58年7月25日、大宮始発7時13分の海水浴臨時列車「かわらご」に乗りました。この列車は、大宮から東北本線、水戸線、常磐線を経由して、常陸多賀まで行きます。その際、東北本線から水戸線に移るときに小山駅を経由せず、手前の間々田から水戸線の小田林駅へとショートカットします。貨物線があったのです。この短絡線はすでに廃止されているのですが、今も地図を見るとそれらしき線路の痕跡が感じられます。

 この区間は「かわらご」以外にも、急行「つくばね」も連絡線経由で運行されていました。水戸線を走る急行があった時代なのです。

« 池袋駅のホームドア | トップページ | 千葉県ローカル鉄道フェア »

廃線跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かわらご:

« 池袋駅のホームドア | トップページ | 千葉県ローカル鉄道フェア »