2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 第9回伊豆急全線ウォーク(リゾート21) | トップページ | 第9回伊豆急全線ウォーク(河津→稲梓) »

2013年4月30日 (火)

第9回伊豆急全線ウォーク(今井浜海岸→河津)

2602_r

 いよいよ今井浜海岸駅からウォーキングを再開する。前回この駅にたどり着いたのが今年の1月だから3か月以上経過した。季節は真冬から穏やかな春に変わった。

 このウォーキングは、出発駅の入場券を購入するところから始まる。前回ミスターAN氏は城ヶ崎海岸の駅で、せっかく買った入場券を紛失した前歴があるので、今回はしっかり格納している。

 駅前の国道を渡り、今井浜東急リゾートを過ぎる。ゴールデンウイーク中ランチビュッフェが2980円で開催されている。ランチでこの値段で二人でびっくりしながら通りすぎる。

東急リゾートのわきを抜けて海岸に出る。今井浜海岸だ。サーフィンを楽しんでいる人も見える。砂浜の上を進んでいく。

2603_r

 ミスターAN氏は写真を撮って家族に送信している。到着報告をしているようで、妻帯者は大変だ。

 海岸沿いのバンガローの脇を過ぎ、急階段を上る。標高差15mほどで大したことはないが、ミスターAN氏は「これに上るの」と聞いてくる。「この区間は難易度Aで一番楽な部類だよ」と答える。

 そうこうするうちに、今井浜海岸駅から約30分で河津駅着。駅の窓口でバッジの引換をしようとすると、団体旅行の添乗員が団体切符の購入手続きでもたもたしていているが、別の駅員が出てきてくれて、無事引換を完了。
2723_r_2

バッジは「ありがとう211系 急行伊豆」だ。211系の急行列車とは随分いい加減な急行だが、リバイバル運転の類だろう。

« 第9回伊豆急全線ウォーク(リゾート21) | トップページ | 第9回伊豆急全線ウォーク(河津→稲梓) »

伊豆急全線ウオーク」カテゴリの記事

コメント

写メールを家族に送っていたのは、今井浜海岸の景色が余りにもすばらしかったからです。伊豆急ウォークの醍醐味は、駅と駅の間にある風光明媚な伊豆の自然を、歩きながら常に堪能できることにあると思います。特に海なし県の埼玉県人としては海が見えるだけでも心が癒されます。今回のコースは今井浜海岸駅から伊豆急下田駅までの区間ですが、海が見えたのはこの区間だけだったので、とってもいい写真が撮れました。
この区間は難易度Aということで楽に歩けましたが、そのあと長い長い上り坂が待ち受けているとは思いませんでした。

ミスターANさん、こんばんは。

このシーサイドコースはおすすめです。写メールだけなく、家族を連れて来られてはどうでしょうか。家族連れなら、周辺には温泉も多いですから、一泊してゆっくりすることもできますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第9回伊豆急全線ウォーク(今井浜海岸→河津):

« 第9回伊豆急全線ウォーク(リゾート21) | トップページ | 第9回伊豆急全線ウォーク(河津→稲梓) »