ただいまの時間

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

京成スカイライナーピンバッジ

2350_r 

 京成スカイライナーのピンバッジです。会社の部下で京成線で通勤している人が、駅のガチャガチャでゲットしたものを私にプレゼントしてくれました。

  さっそくスーツに付けて見ました。ちょっと目には電車のデザインではないようにも見えます。暴力団関係者のバッジにも見えます。いずれにしても、こんなバッジを付けて電車に乗ると怪しい目で見られそうです。

 昔は私の勤めていた会社でも、スーツに会社のバッジを付けていましたが、10年くらい前になくなりました。このバッジなら会社に行くのも楽しくなるでしょう。

2013年3月30日 (土)

九段下駅バカの壁

2172_r

 3月16日から九段下駅の半蔵門線と新宿線の間の壁が取り払われ、相互に行き来できるようになりました。こうしてみると今まで壁があったのが分からないくらいきれいにつながっています。ホームや天井の段差は全くなく、床のタイルの線もほとんどずれていません。開業当初から一体で作ったような感じさえします。

2176_r

 こちらは半蔵門線の渋谷方面行きホームから眺めた新宿線本八幡行き車両です。向こうのホームまで素通しになりました。

2013年3月29日 (金)

C57 117号機動輪

2156_r

 ナイアガラでカレーを食べ終えて店を出ると、「マスターがお召列車の動輪見ていってください」と声をかける。「この先の十字路を右に曲がるとあります」と教えてくれました。

 ご覧のように街角に動輪が1組設置されています。腕木式信号機もあります。「30年間毎日休まず磨いています」とさきほどマスターが言っていましたが、動輪の内部を見ると、雑巾が隠してありました。 

 この動輪もあのマスターの所有なのでしょうか。なぜここにこれがあるのかは不明ですが、貴重な鉄道遺産です。

2013年3月28日 (木)

祐天寺名物鉄道ムードの店「ナイアガラ」

2144_r

  祐天寺駅から徒歩3分のところにあるカレーの店「ナイアガラ」に来ました。ここは以前はもっと祐天寺駅近くにあったのですが、3月にここに移転してきました。ここが発祥の地のようです。前の店のほうが店が広かったような記憶があります。ここはボックス席が3つ、カウンター席が2人分です。

2139_r

 店内外ともご覧のように鉄道グッズであふれています。座席も鉄道のボックスシートです。料理ができると、ミニSLが運んできてくれます。私はカウンター席だったので、店員の人が直接持ってきてくれました。

2132_r

  ナイアガラカレー650円を注文しました。ご飯が丸く盛られていて、カレーのルーの中にジャガイモが1個乗っけてあります。辛口でスパイシーなカレーです。

2195_r

 食べ終えると、ご覧のような硬券入場券が記念にもらえました。皆様も一度どうぞ。

2013年3月27日 (水)

祐天寺駅

2103_r

 東横線の地下化を見学した後、祐天寺駅に来ました。祐天寺は私が小学生の時まで祖父の家があったので、よく乗り降りした懐かしい駅です。昭和49年頃までの話です。その後、祖父が他界したので祐天寺に来ることはなくなりました。

 私の記憶にある祐天寺駅は当初は地平駅で、その後昭和45年ころ高架化とされ、自動改札が昭和46年2月に導入されました。自動改札は当時は設置されている駅がほとんどありませんでした。切符を投入すると、ものすごいスピードで反対側に出てきてびっくりしたことを子供心に覚えています。切符に丸い小さな穴があきました。

2095_r

 この自動改札は当時からすると何代目になるのでしょうか。


2096_r

 高架下にある書店。この書店で祖父によく本を買ってもらいました。

2013年3月26日 (火)

代官山駅

2069_r

 新装なった東横線の渋谷駅から代官山駅まで登ってきます。最後部から走り去る線路を眺めましたが、意外とカーブが多かったです。 

 こちらが代官山駅の渋谷駅よりです。従来はこの鉄骨の上部から高架の渋谷駅に進入していたわけですが、現在はこの線路のように地下に入っていきます。終電から初電までの数時間で、どのように切り替えたのでしょうか。事前に線路を借り受けして、工事を準備していたわけですが、日々の運行を確保しながら行う借り受け工事自体が土木の知識がない私には不思議です。

2083_r

これが地平線と地下線の切り替えが始まる地点です。ここから少しずつ下っていき、上の画像のような段差が生じるようです。

2013年3月25日 (月)

東横線渋谷駅地下化

2053_r

 東横線の渋谷駅が地下化され、副都心線と相互直通運転が開始されました。3月17日、その様子を見に行ってきました。

 これは和光市駅に停車中の東横線車両で、元町・中華街行きです。東上線に東急の車両が入るのは初めてです。皆発車案内板の表示を感慨深げに眺めています。

2056_r

 こちらは渋谷駅の改札外からホームを見下ろした様子です。吹き抜けから停車中の車両が見えます。この渋谷駅自体は副都心線の渋谷駅として従来から使用されていたので特に目新しさはありません。

2013年3月24日 (日)

下北沢駅地下化

2247_r

 小田急線の下北沢駅が3月23日から地下化されたので、さっそく行ってきました。地下線にもかかわらず、軌道がバラストになっています。駅名票の隣には液晶ディスプレイがあって広告が放映されています。地下3階に位置するので地上に出たり、井の頭線に乗り換えたりするのにだいぶ時間がかかるようになりました。

2287_r

 今回地下化されたのは東北沢、下北沢、世田谷代田の3駅で、複線で地下化されましたが、将来もう1本地下複線ができ、複々線になる予定です。その駅は地下2階にできるので、その位置にイメージ図が表示されていました。

2269_r
 

 地下化に伴い、踏切が廃止されていました。開かずの踏切として有名でした。

2013年3月23日 (土)

東北へ行こう! スーパーこまち

2223_r


新幹線ジオラマシリーズのスーパーこまちです。赤い屋根が印象的です。

2013年3月22日 (金)

東北へ行こう!新幹線ジオラマ

2190_r

 ニューデイズでドリンクを購入すると、ご覧のようなミニチュア新幹線が付いてきます。桜の名所巡りということで弘前の桜です。全部で6種類あります。

 後ろの写真は取って付けたようであまり感心しませんが、新幹線はなかなかです。



2013年3月21日 (木)

「旅の終わりは個室寝台車」with iPhone5(サンライズ出雲2)

094_r

 シャワールームでさっぱりして、自分の寝台に戻る。これから一人で夜の宴会を始める。食料は出雲市駅近くのコンビニで調達してある。このサンライズ出雲には食堂車はもとより、車内販売も乗務していないので、あらかじめ調達しておかないと悲惨な目に会う。

096_r

 個室なので誰の気兼ねもいらない。飲みすぎても家に帰る心配がいらないから、寝台の旅は最高だ。宮脇俊三さんが「旅の終わりは個室寝台車」といっている気持ちもよくわかる。

099_r

 今回の旅はiPhoneの機能を活用しながら旅をした。写真もiPhoneのカメラだけで撮影した。インターネットの閲覧はもちろん、地図の機能や、アプリをダウンロードすることによりスピードメーターとして利用することもできる。また、従来型の携帯のほうがメールが速く打てると思っていたが、実際には、私のようなレベルでは大差はないようだ。

 ただ、お財布ケータイ機能がないこと、電話自体に伝言メモ機能がないため、キャリアーの留守電サービスを利用するしかないこと、メールを受信しても相手の名前が出ないでメールアドレスしか表示されないこと、カメラの画素数が固定されていて、自分でサイズを調整できないことなど、不便な点もある。ただ、総合的には従来型の携帯より使い勝手は良さそうだ。また、バッテリーの持ちが悪いと評判だったが、ヘビーユーザーでない限り、日常の使用で困ることはないようだ。iPhoneのスピーカーで音楽を楽しみながら、そういったことを考えた。

 iPhoneのスピーカーを止め、列車の走行音をBGMに今回の旅の余韻に浸りながら、いつしか眠りに落ちた。

(これで「旅の終わりは個室寝台車」with iPhone5を終了します)

2013年3月20日 (水)

「旅の終わりは個室寝台車」with iPhone5(サンライズ出雲1)

079_r

 ホテルで時間調整をしたのち、いよいよサンライズ出雲に乗車する。今回はシングルデラックスだ。特急料金と寝台料金だけでも16500円もする。このほかに乗車券も必要だから、相当に贅沢な旅行だ。

 部屋は3畳くらいの広さで、シングルベッドとテーブル、洗面スペースによって構成されている。完全な個室になっていて鍵もかけられるようになっている。以前北斗星のシングルデラックスに乗ったときにあったビデオはここにはなかった。
080_r090_r

 発車前から車掌が検札を行っている。寝台券を示すと、アメニティグッズの入った袋を渡される。それとともにシャワーカードも手渡される。一般の寝台の客は有料だが、シングルデラックスの客には無料でシャワー室が利用できるのだ。これは知らなかった。

 車掌に尋ねると、予約不要で空いているときに利用してくださいとのこと。発車前でも利用できるとのことで、さっそくシャワー室に行ってみる。私の乗った車両の端に設置されている。まだ利用客がいなかったので、一番風呂を利用させていただく。

084_r

 1m四方くらいの広さで、シャワーカードを入れると、お湯が6分間出てくる仕組みになっている。デジタル式のタイマーが付いているので、あと何分利用できるかわかるようになっている。シャワーを止めると時間も止まるようになっている。

 さっそく利用してみる。列車の運行に伴って揺れるので手すりが2か所に設置されている。ゆらゆらと揺れて使いにくいシャワールームではあるが、列車のなかでシャワーを浴びていると思うと贅沢な気分になっていくる。車掌のアナウンスなども聞こえるので不思議な気分だ。

 6分の時間を使い切り、さっぱりとした体になって、寝台に戻った。

2013年3月19日 (火)

「旅の終わりは個室寝台車」with iPhone5(割子そば)

070_r

 前回来たときは出雲大社の近くで食事を取ったのだが、それらしき店が見当たらず、バスで出雲市駅に向かう。駅に戻ったのが午後3時半と中途半端な時間なので、街に出ても店がやっていない可能性があるので、私は駅構内の店で割子そばを食べることにした。そばが3段に重ねられていて、つゆをかけながら食べる。

 これから乗るサンライズ出雲は出雲市発18時55分なので、まだ3時間近くある。駅構内の店で会社用のお土産を買ったりするが、それでも時間がある。このまま特急に乗れば、今日のうちに千葉まで帰れる時間帯だ。

駅近くには時間がつぶせそうな喫茶店もないので、私は昨日泊まったツインリーブスホテルのロビーでソファーに座って時間をつぶすことにした。2時間くらい座っていたが、ホテルの人に咎められることもなく、快適な時間を過ごせた。

2013年3月18日 (月)

「旅の終わりは個室寝台車」with iPhone5(出雲大社)

068_r

 国鉄大社駅の見学を終えて、いよいよ出雲大社に向かう。天気予報では午後から雨となっていたが、まだ降り始めていない。しかし、風がそうとうに強く、寒さが増してくる。

 出雲大社には平成6年に来て以来なので18年ぶりだ。今回の旅では当初ここに来る予定はなかったのだが、知人に旅行の様子をメールしたところ、複数の人から出雲大社に行かないのかとの独身の私を気遣うアドバイスがあり、こうしてやってきたのだ。

060_r

 平日なので参拝客はほとんどいない。周りを木々に囲まれるようになったので、風はいくらか弱まった。


061_r

 落ち着いた雰囲気の参道を進んでいく。
063_r

 現在、平成の大遷宮の工事中で仮本殿での参拝となるが、仮本殿とは思えない立派さだ。太いしめ縄が特徴的で、その下をくぐってお参りする。ここは、二礼、四拍手、一礼が基本らしい。 

 お参りを終えて、会社の独身の人用に縁結びのお守りをいくつか買った。

2013年3月17日 (日)

「旅の終わりは個室寝台車」with iPhone5(国鉄大社駅)

048_r

 一畑電車の出雲大社前駅から10分ほど歩いたところに、かつての国鉄大社駅がある。大社線自体は廃線になったが、りっぱな駅舎だけは残っている。黒々とした瓦屋根の駅舎で、純日本風建築だ。

052_r

駅舎の内部は見学できるようになっている。高い天井が特徴的だ。

049_r

 駅舎の隣にある出口専用の改札口。石造りの改札口が懐かしい。かつては降車客が出口専用の改札から、いきなり駅の外に出される駅が結構あった。

2013年3月16日 (土)

「旅の終わりは個室寝台車」with iPhone5(出雲大社前駅)

044_r

 川跡からは約10分で出雲大社前駅に着く。出雲大社前と言いながら、出雲大社の入口までは約5分くらいかかる。

 前回この駅に来たのが平成6年だから18年ぶりなので、前回のイメージははっきりしないが、駅舎の形自体は変わらないが、リニューアルされ、黄土色の土壁風の落ち着いた雰囲気のある駅になっていた。
047_r

駅舎の隣にはしゃれたレストランもできていて、ランチを楽しむ主婦たちでにぎわっている。

045_r

その奥には映画「RAILWAY」で使われたデハニ52という老朽車両が静態保存されていた。中には入れないようになっていたので、外から見学した。

2013年3月15日 (金)

東京駅型ポスト

東京駅型ポスト
東京駅で見かけたポストです。ドームの形が復元後の形になっています

2013年3月14日 (木)

「旅の終わりは個室寝台車」with iPhone5(一畑電車)

038_r

 ちょっと物足りない石見銀山を後にし、次の目的地は出雲大社になる。大田市発12時19分の普通列車で出雲市に戻る。一畑電車の乗り場はJRに出雲市駅から2分ほど歩いたところにある。JRの出雲市駅と一体に高架工事をされたようなので、もっと駅を近づけて顧客の利便性の向上を図ればよかったのにと思うが、乗り換え客はそれほど多くないのもしれない。

 まず電鉄出雲市駅発13時10分の電車に乗る。車両は京王5000系を改造した車両だ。私は小学生の時まで京王線沿線に住んでいたので、京王線時代に乗ったことがある車両かもしれない。しかし、京王線時代の面影はまったくなく、2両の編成のクロスシートになっていた。

2031

電鉄出雲市駅に行くには、途中の川跡駅で乗り換えることになる。

040_r

その川跡駅では3方面の車両が同時にそろう。一番右が京王の車両、真ん中が南海電鉄の車両、左が一畑電車オリジナルの車両だ。なかなか壮観だ。

2013年3月13日 (水)

「旅の終わりは個室寝台車」with iPhone5(石見銀山2)

030_r

 石見銀山の町並み地区の散策を終え、龍源寺間歩に向かう。間歩とは銀鉱石を採掘するための坑道のことらしい。 

 町並み地区からは30分ほど歩く距離にある。ところどころに小じゃれた食事処があるが、平日の昼前なので店はほとんど開いていない。

間歩の内部には歩きやすいようにしっかり舗装されているが、天井が低く、頭をぶつけそうになる。以前佐渡の金山に内部に入ったことがあるが、佐渡では金を採掘する人の模型などもあり、結構リアルに再現されていたが、ここのはただの洞窟で、7~8分歩くと出口に達した。
031_r

ずいぶんと物足りない坑道だった。この間歩といい、先ほどの町並み地区といい、これで世界遺産なのかとちょっとびっくりした。歴史的価値はあるのだろうが、この程度の観光地はどこにでもあるような気がした。地元の人には申し訳ないが・・・

2013年3月12日 (火)

「旅の終わりは個室寝台車」with iPhone5(石見銀山1)

011_r

 予定を1日延長した2月7日は、まず石見銀山に向かった。出雲市発7時39分発の大田市行きに乗る。列車には中学が高校の生活指導の先生らしき人が乗っていて、車内を回っては生徒に声掛けしている。大田市駅には8時20分着。ここからバスに乗り換える。世界遺産の入口の駅であるから、平日とはいえさぞやにぎわっているいると期待しながら来たが、駅前や駅構内ににぎわいはない。駅構内の土産物店は本日休業の看板が出ている。

駅から乗ったバスにも世界遺産観光に向かう人は私のほかに一人しかおらず、大半は途中で降りてしまった。駅から30分で石見銀山の入口「大森代官所跡」に着く。
015_r 

 この大森代官所跡から石見銀山公園付近までは町並み地区と呼ばれていて、古い建物がが残されている。古い木造住宅が中心で、いくつかの建物には○○家住宅とか旧××家とかの表示がされている。案内板もあり、説明書きもあるがあまり興味をそそられない。
016_r

 郵便局も昔風の建物になっている。全体的にひなびた街並みだが、ひなびすぎているのか、2月の平日のせいなのか、観光客の姿はまったく見られなず、散策していても気温の寒さが身に染みる感じだ。

2013年3月11日 (月)

「旅の終わりは個室寝台車」with iPhone5(和食居酒屋神門)

 ホテルの荷物を置いて、さっそく夜の街に一人繰り出した。駅周辺を一回りし、南口に落ち着いた感じで、ちょっと高級そうな店があったので、そこにしてみた。和食居酒屋神門(しんもん)という店だ。水曜日の夜だが、年配客を中心に結構にぎわっている。

私は一人客なのでカウンターに案内される。メニューの種類が多く、いろいろ迷ったが、日本海の冬の味覚と書かれた「ぶりのお造り」と、「カニ刺し」をまず注文する。

102_r

ぶりはよくしまっていて、まずまずだ。カニ刺しは3本で720円と結構な値段だ。カニは味がほとんど感じられないが、それだけ新鮮だということだろう。たれをつけて食べるのがもったいないくらいだ。

106_r_4

つづいて、出雲平野の白ネギを使った「白ネギベーコン串」をいただく。ネギのボリューム感が最高だ。

107_r

つづいて、「ごぼうパリパリ揚げ」と地酒の「出雲誉」を冷でいただく。

108_r_4

最後の締めは「カニ雑炊」にしてみた。ご飯の量が少ないのか、スープ状になっていて、ちょっと食べずらいが、出汁も効いていて、結構いけた。

 今回の会計は4600円となり、今回の旅行のなかでもっとも値が張ったお店となったが、なかなかいいお店だった。

2013年3月10日 (日)

「旅の終わりは個室寝台車」with iPhone5(長門市→出雲市)

042_r074_r086_r


089_r094_r098_r


099_r

 山陰本線を進みながら、ケータイ国盗り合戦の領地を順番に獲得していく。山陰地方の領地はすべて列車に乗車したまま獲得できるのでありがたい。

 長門市から、東萩、益田、浜田と乗り換え、出雲市には18時17分に到着。今夜のホテルは出雲市駅前にある「ツインリーブスホテル出雲」だ。おそらく出雲市で最高クラスのホテルだろう。インターネットで19時チェックインで6300円というプランがあったので、それにしてみた。早くチェックインすると恩恵が受けられないので、時間が来るまでホテルのロビーで時間をつぶす。

 19時になり、チェックイン手続きを行う。部屋は7階の15号室で、窓からは出雲市駅がよく見える。

003_r


2013年3月 9日 (土)

みどりの山手線

みどりの山手線
先ほど上野駅で見かけた伊右衛門カラーの山手線です。

2013年3月 8日 (金)

「旅の終わりは個室寝台車」with iPhone5(みすず潮彩号2)

048_r

 みすず潮彩号は観光列車なので景色のよいところでいったん車両を止めて、景色を楽しめるようにしてくれる。海も透き通っている。車内には見どころを示したマップも用意されている。

058_r

 この時期にしては波も穏やかだ。景色のよいところでは、テープによる案内放送も行われる。


069_r

  山口県の黄色いガードレールも見えた。黄色いガードレールは山口県の特長で、かなりの区間が白いガードレールになっていたが、まだ以前のガードレールも残っていた。

2013年3月 7日 (木)

「旅の終わりは個室寝台車」with iPhone5(みすず潮彩号1)

032_r

 新下関からは観光列車の「みすず潮彩号」に乗車する。この列車は新下関から下関を経由し、山陰本線の枝線仙崎まで行く。2両編成で1両が指定席になっている。指定席は山陰の海がよく見えるように海を見ながら座れる座席配置になっている。しかし、そのような観光客を意識した造りとは裏腹に、2月6日の平日とあっては客は少なく、新下関発車時点の指定席は私一人しかいない。

033_r 

 この列車は山陽本線の新下関を発車し、山陰本線の分岐駅幡生を通過し、下関に停車する。私の乗車券は、新下関から幡生経由で山陰本線に入るようになっているので、本来であれば幡生-下関間の運賃を別途支払う必要があるのだ、乗車した列車が分岐駅を通過する場合、飛び出し区間の運賃を払わなくてよいルールが適用される。このような区間は全国で50か所あり、時刻表の巻末のJR線営業案内のページに書かれている。 

037_r 

 下関から進行方向が逆になり、私の乗った車両を先頭車として仙崎へと向かう。下関からは男性客が一人だけ乗ってきた。身なりは工事現場の現場監督といった風情で、ちょっと場違いな感じがする人だ。

 JR九州の観光列車だとアテンダントが乗務していて、接客や社内販売なども充実しているのだが、ここにはそういうものはなさそうだ。車両の一角には売店らしきスペースもあるが、平日は営業していないらしい。車両の内装もリニューアルされてはいるものの、結構ボロが出ていて、一分のスキもない水戸岡デザインの列車とは大違いだ。

 そんな寂しい観光列車ではあるが1両をほぼ貸切で利用できたと思えば大変お得な列車であることは間違いない。

2013年3月 6日 (水)

「旅の終わりは個室寝台車」with iPhone5(福山→新下関)

015_r

 2月6日福山の朝は雨は止んでいたが、雲が低く垂れ込めていた。雨のせいか寒さはそれほどでもない。テレビのニュースでは東京の雪や交通機関の運行状況について延々と報道されている。地方の人にとっては迷惑な話だ。

 予定を1日変更したので、福山駅のみどりの窓口でサンライズ出雲の寝台券を変更してもらう。指定券は1回に限り、無手数料で変更が可能だ。窓口氏は「次回は変更できませんのでご注意ください」と一言添える。次回変更する場合は、払い戻しと購入というステップを踏むことになり、払い戻し手数料が30%かかることになっている。

016_r

 福山発8時24分のさくら545号で新下関まで向かう。車内は80%くらいの乗車率でなかなかにぎわっている。指定席が横4列になっていて、座席がグリーン車なみにゆったりしているからだろう。今日の朝食はご覧のようなもので、昨日夜食用に買ったクッキーを朝食代わりにする。

023_r

 新下関には9時31分着。新幹線ホームから在来線ホームへは距離があるので、動く歩道が設置されていた。新幹線の駅で動く歩道が設置されているのは、この駅だけかもしれない。

2013年3月 5日 (火)

「旅の終わりは個室寝台車」with iPhone5(インターネット閲覧)

002_r

 ところで今回の旅行は、福山に1泊したあと、下関から山陰本線経由で出雲市に至り、サンライズ出雲に乗って東京へ戻る予定だったのだが、会社の仲間数人に旅の様子をメールしたところ、出雲大社に行かないのかと独身の私を気遣う返信が来た。余計なお世話だと思う反面、温かいお心遣いにも答えるのも大人の対応かと思い、日程を一日変更することした。


003_r

 

 出雲大社を訪れるだけだと1日も延長するほどはないので、石見銀山を訪れてみることにした。iPhoneは小型のパソコンのようなもので、インターネットの閲覧もできる。画面が小さいので文字が小さく見づらいが、指でピンチアウトすると画像が拡大されて見やすくなる。


004_r

 いくつかのホームページを検索して見どころを探る。このようなマップもあり、参考になる。従来の携帯電話でもパソコン用のホームページを見ることはできたが、画面サイズの制約があったり、小さくて見にくいことがあったが、だいぶ改善された。


005_r 

 そんなこんなであれこれ検索し、3時間程度で石見銀山を見て回れることが分かったので予定変更とした。1泊長くなったので出雲市のホテルをiPhoneで予約した。

2013年3月 4日 (月)

「旅の終わりは個室寝台車」with iPhone5(魚民福山南口店)

101_r 

 ホテルに荷物を置いて、夜の街に食事に出た。ホテル内でのレストランでも3000円くらいで宿泊者用の割引メニューもあるようだが、せっかくだから外に出てみることにした。 

 駅構内のレストラン街をのぞいてみたが、全国チェーンのような店が多く、あまり入りたくなるような店がない。当初の下調べでは、おいしいお好み焼きが食べられる店があって気になっていたのだが、その店は見当たらなかった。 

 駅周辺をさまよいながら、店を探しているうちに雨が降り始めてきた。結局私はホテルの隣にあった「魚民」にはいった。福山まで来て全国チェーンの居酒屋に入るとは、我ながら情けない。しかし、よく見かけるチェーンではあるが「魚民」に入るのは初めてだった。

102_r 

 一人客だが4人用の個室に案内される。まずは一番搾りで乾杯し、旅の余韻に浸る。サーモンのお造り、串焼き盛り合わせなどを注文した。その後、焼酎の利き酒セットを選んでみた。3種類の焼酎をすこしずつ飲めるようになっている。選んだ焼酎は、二階堂、里の曙、薩摩の藍で、味の違いは確かにあるようだが、私には区別がつかなった。

104_r

 最後の締めは、魚民おすすめのカルボうどんにしてみた。石焼の鍋に、カルボナーラ風のソースで合えたうどんが入っているもので、うどんなのでパスタのカルボナーラよりもっちりした食感になっている。話のネタに食べて見るのはいいが、また注文したくなるほどではなかった。 

 会計は3560円で、飲んでいない割に意外とかかった。これならばホテルのレストランで食べても変わらなかったかもしれない。

2013年3月 3日 (日)

「旅の終わりは個室寝台車」with iPhone5(福山ニューキャッスルホテル)

100_r_2

  2月5日、今夜の宿は福山駅前にある「福山ニューキャッスルホテル」だ。福山では昨年5月、ホテル火災があり、死者も出たから、ホテル選びも慎重になる。旅先で不慮の死を遂げては元も子もない。

 今回のホテルはおそらくこの地区では高級に属するホテルだが、シングル1泊7700円で泊まれる。ホテルではいろいろな会合が開かれているようで、ロビーは多くの客でごった返していた。

 部屋はゆったりとしていてセミダブルベッドだ。枕は二つあり、アメニティグッズも二人分あった。昨日泊まった「ホテルニューオタニ鳥取」も二人分あり、余ったのを持ち帰ったから、荷物が予想外に増えてしまった。

008_r 

 翌朝、ホテルの窓から眺めると、新幹線ホームの向こうに福山城が見えていた。

012_r

 

 

2013年3月 1日 (金)

「旅の終わりは個室寝台車」with iPhone5(広島→福山)

 トランヴェール・エクスプレスで食事をした後、広島駅に戻る。今日は福山に泊まるのだが、広島から芸備線、福塩線経由というルートを取る。この間でケータイ国盗り合戦の未取得の領地を獲得するためだ。

 まず、広島駅発14時00分の芸備線三次経由府中行きという列車に乗る。芸備線の列車は基本的に三次止まりだが、この列車に限って福塩線に乗り入れて府中まで行く。私の進むルートにぴったりの列車だ。

087_r_2088_r089_r
091_r096_r

 安佐南、安佐北、高田・太田、庄原・三次、神辺の5国を獲得し、合計557国を統一した。

  三次駅では40分も停車し、前部車両を切り離し、1両編成になる。塩町を経由し、福塩線に入り、18時21分府中着。すっかり日も暮れている。神辺を獲得し、19時31分福山駅着。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »