2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 食べテツの男43 | トップページ | 渋谷を走った鉄道写真展 »

2011年6月21日 (火)

一橋大学駅

Img2_large

 この写真は大学のOB会から毎月送られてくる会報に掲載されていたものだ。普段はほとんど目も通さない会報なのだが、今月に限って、この記事が目に止まった。セピアの世界からとなっていて、もう17回も続いているようだ。

 3枚の写真のうち上の写真は昭和41年6月まで存在した西武鉄道多摩湖線の「一橋大学駅」だ。三角屋根の駅舎でコンクリート造りのようだ。松林など自然に囲まれたところであることが偲ばれる。この駅は昭和8年に「商大予科前駅」として開業したのだが、写真では「一橋大学駅」となっていることからすると少なくとも昭和24年以後に撮られた写真のようだ。

 左下の写真は多摩湖線の車両で、昭和14年頃のものらしい。ホームが行き止まりになっていることからすると、国分寺駅と推測される。駅の周辺には建物らしきものはほとんど見えない。車両はたった1両で、パンタグラフではなくビューゲルが使用されている。実質的には路面電車のようなものだ。

 右下の写真は車内の様子で、制服、制帽の男子学生で満員だ。つり革もずらりと並んでいる。窓枠がアーチ状になっているのは洒落ている。

 なお、この一橋大学駅は下の地図のローソンがあるあたり、道路が三角形になっているところにあって、まっすぐ西に進むと大学の正門に至るようになっていた。この一橋大学駅は、小平学園駅と統合され、両駅の中間地点に今の一橋学園駅ができたのだ。


大きな地図で見る

« 食べテツの男43 | トップページ | 渋谷を走った鉄道写真展 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一橋大学駅:

« 食べテツの男43 | トップページ | 渋谷を走った鉄道写真展 »