2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 九州電子マネーの旅(熊本市電) | トップページ | 九州電子マネーの旅(新八代駅の夜の食事処) »

2011年3月29日 (火)

九州電子マネーの旅(天草対岸盗り)

201102kyusyu_146_small

 熊本駅は九州新幹線の開業を1ヵ月後に控え、駅前の整備が急ピッチで進んでいる。

 ここから16時02分発の三角線で三角まで行き、そこからバスで天草に渡り、ケータイ国盗り合戦の「天草」を獲得する予定だ。「天草」は鉄道では取れない難所として知られている。他にも「戸隠」「足助・香嵐渓」「湯涌谷」なども鉄道からは取れないところで苦労した。

 ただ、インターネットのサイトなどでは、天草に渡らなくても、対岸盗りができる場合もあるようなことが書かれている。対岸盗りとは実際にその場に行かず、反対側の地でその国を盗ることだ。ケータイ国盗り合戦の場合、GPSを利用した厳密な位置決めを行っているのではなく、交信している基地局を自分がいる場所とみなすので、離れた地域の基地局の電波を受信すると、そこに行ったと判断されるのだ。私も伊豆急線内の片瀬白田駅付近で「大島」の電波を受信し、対岸盗りに成功したことがあった。ただし、これがいつも成功するとは限らない。

 まず宇土駅で「宇土・宇城」を獲得。ここから三角線は遠浅な海岸沿いを進む。赤瀬を過ぎると上り勾配になり、石内ダム駅に停車する。こんな半島の突端にダムがあるなんて信じられない。

 終点の一つ手前の波多浦から三角駅にかけては、海沿いを走り、対岸盗りができる可能性がある。波多浦駅を出ると左手に海が広がる。その先には島が見えるがこれは天草ではなく、三角町の一部だ。ケータイを何度も操作するが、いつも「宇土・宇城」で「天草」が盗れない。やっぱりだめかとあきらめかけ、三角駅に近づいたとき、もう一度操作すると、ついに「天草」が盗れた。本当に三角駅に進入する直前だった。

 現地に行かないで領地を獲得しても意味があるのかという意見もあるが、あくまでゲームで、別に獲得しても商品の一つもないのだから、堅苦しく考えることもないだろう。

201102kyusyu_153_small


大きな地図で見る

« 九州電子マネーの旅(熊本市電) | トップページ | 九州電子マネーの旅(新八代駅の夜の食事処) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

いわゆる「裏技」ってやつですね。それも込みでゲームだと思いますので問題ないでしょう。
それにしても片瀬白田で大島っていうのも凄い話ですね。電波状態にもよるんでしょうから、運も必要ってことですか。

こういった「裏技」で攻略するのも、ゲームの楽しみの一つですね。
せっかく天草の近くまで行ったのに、そこに寄らずに目的一途の旅でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九州電子マネーの旅(天草対岸盗り):

« 九州電子マネーの旅(熊本市電) | トップページ | 九州電子マネーの旅(新八代駅の夜の食事処) »