2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 北東北フリーきっぷの旅(津軽鉄道ストーブ列車2) | トップページ | 北東北フリーきっぷの旅(弘南鉄道弘南線) »

2011年2月26日 (土)

北東北フリーきっぷの旅(東横イン弘前駅前)

 津軽鉄道の乗車を終え、五能線で17時04分弘前に戻る。今夜の宿は駅前にある東横インだ。セミダブルの部屋で料金は4480円だ。部屋に入ると駅前広場が一望できた。

201101tohoku_359_small

 弘前の街の中心は、駅から15分ほど歩いたところなので、JRの弘前駅付近は閑散としている。駅ビルにも食事をできるようなところはない。夜6時を回り、気温は既に氷点下のはずで、あまり遠くまで行きたくない。駅から5分くらいのところにイトーヨーカ堂があるのは、さきほど通ったのでわかっている。そこで食事をすることにした。

 8階の飲食店街には4店舗ほどあり、どれも入りたくなるような魅力のある店はないのだが、そのなかで比較的混んでいたラーメン店「芝のらーめん屋さん弘前店」にしてみた。

 注文したのは餃子定食で、餃子5個、半ラーメン、ライス、漬物がついて、580円だ。他に生ビールも頼んだので、合計で1030円となった。餃子は日高屋で出てくるような具も少なく、ジューシーさもかける、ちょっと物足りないものだった。ラーメンは昔ながらの醤油ラーメンでごく普通だった。

 ホテルに戻り、シャワーを浴び、部屋でくつろぐ。まだ夜7時半くらいで寝るには早い。廊下では、老人の団体が食事を終えて戻ってきたらしく、仲間の部屋を行き来しながら大声で談笑している。思慮分別のあるはずのこういった人たちが、このような行動では情けない。

201101tohoku_373_small

 翌朝、ホテルの1階で無料朝食をいただく。海苔が巻かれていないおにぎりが、このチェーンの特長だ。選んだのは、スクランブルエッグ、肉団子、漬物などで、メニューはこれ以外にもう1品くらいしかなかったが、シンプルでありながら十分満足できる内容だ。ドリンクがりんごジュースなのは、さすがに青森だ。

 

« 北東北フリーきっぷの旅(津軽鉄道ストーブ列車2) | トップページ | 北東北フリーきっぷの旅(弘南鉄道弘南線) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

弘前のグルメって言われても、よくわかりませんものね。自分ならヨーカドーの食料品売り場で缶ビールとオツマミ買って部屋で済ましちゃいますかなあ。

あと、オジサンオバサン連中のマナーの悪さには閉口することが多いです。団体心理なんでしょうか。日本人の悪い所ですよね。困ったモンです。

ミスターOHさんの言う通り、ヨーカドーで何か買って来たほうが良かったかも。
弘前まで来て食べるほどの料理ではありませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北東北フリーきっぷの旅(東横イン弘前駅前):

« 北東北フリーきっぷの旅(津軽鉄道ストーブ列車2) | トップページ | 北東北フリーきっぷの旅(弘南鉄道弘南線) »