2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 北東北フリーきっぷの旅(山田線653D) | トップページ | 北東北フリーきっぷの旅(花輪線1927D) »

2011年2月12日 (土)

北東北フリーきっぷの旅(盛岡ニューシティーホテル)

 今日の宿泊は、盛岡駅から徒歩2分ほどの路地裏にある「盛岡ニューシティーホテル」だ。楽天トラベルで調べるとシングル1泊が現金決済で3500円というのがあり、客の口コミも悪くなかった。部屋はちょっと狭いが、禁煙ルームだし、寝るだけなら特に不自由はなさそうだ。

 それはともかく、今日はまったく食事を取っていないので、さっそく街に出た。午後6時半をまわった頃だ。駅ビルの地下に雰囲気の良さそうな店があった。「南部家田々(でんでん)」という南部地鶏とお酒の店のようだ。店の入り口に生ビールセットのディスプレイがあり、焼鳥などのおつまみとビールがセットで980円だ。

201101tohoku_163_small 201101tohoku_166_small

 朝から何も食べていないので、ビールがのどに染み込む。幸せな瞬間だ。そばのからあげがお通しとして出てきて、塩気があってビールが進む。それを食べながら、次のおつまみを待つ。まず最初に冷やっこが出てきた。醤油風のダシがおいしい。次にレバーと焼鳥、それからしいたけが出てくる。焼鳥はしっかりとした歯ごたえだ。しいたけも、焼き加減がよく、温かく、いい味を出している。

201101tohoku_167_small

 ビールを飲み干してしまい、メニューを見ると、南部美人という吟醸酒があったので、それを追加した。普段は日本酒はめったに飲まないのだが、名前に惹かれて注文してみた。

 目の前でグラスに注いでくれる。枡がセットされていて、グラスからあふれるように注いでくれる。どちらかというと甘口のタイプだが、あっさりとしていて飲みやすかった。

201101tohoku_168_small

 最後の食事は鴨重にした。この店の直営の飼育場が県内の田野畑村にあるそうで、今日乗った三陸鉄道で通ったところなので親近感があった。鴨の肉はちょっと小さめだが、柔らかく仕上がっていて、少し甘口のタレとよくマッチしている。

 お代は3230円だった。1食3230円と考えるとちょっと高いが、朝、昼抜きなので、3食で3230円なら高くはない。すっかり満足してホテルに戻った。

« 北東北フリーきっぷの旅(山田線653D) | トップページ | 北東北フリーきっぷの旅(花輪線1927D) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

美味しそうですねー。焼鳥が来る前に、そばのからあげだけでビールが空いているー w(゚o゚)w
鴨重は珍しいし、小鉢が色々付いて豪華ですねえ。

ビールはほとんど一気飲みの状態でした。一日の勤めを終えて飲むビールは最高でした

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北東北フリーきっぷの旅(盛岡ニューシティーホテル):

« 北東北フリーきっぷの旅(山田線653D) | トップページ | 北東北フリーきっぷの旅(花輪線1927D) »