2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 北東北フリーきっぷの旅(八戸線437D) | トップページ | 北東北フリーきっぷの旅(山田線653D) »

2011年2月10日 (木)

北東北フリーきっぷの旅(三陸鉄道北リアス線)

201101tohoku_133_small

 久慈駅での乗り換え時間は5分だが、乗り換え客が多く、跨線橋は混雑している。3両のディーゼルカーから降りた客の大半が、三陸鉄道に乗り換える感じだ。しかも、老人のクループが多く、荷物も多く、口数も多いのでスムーズに進まない。昨日の五能線でもそうなのだが、どこへ行っても老人のグループ客が多い。日本の高齢化を実感する。

 三陸鉄道は1両編成で、立ち客も出る状況だ。私はなんとか席を確保したが、進行方向右側の眺めの悪いほうだった。

 この線に最初に乗ったのは昭和58年12月の国鉄の時代で、第3セクターの三陸鉄道になってからは昭和63年1月に乗車した。それから会社の友人との旅行で平成5年11月にも乗ったが、それ以来なので17年ぶり4度目の乗車だ。

 列車は時折り眺めのよい鉄橋上で一時停車し、写真撮影の時間を設けてくれる。前に乗ったときはそのようなサービスはなかった。

 小本駅で停車中に携帯電話を操作し、ケータイ国盗り合戦の「宮古」の領地を獲得した。

201101tohoku_141_small

 田老駅に15時28分に到着。ここで対向車とすれ違うのだが、その対向列車の到着が8分ほど遅れるとのアナウンス。終点の宮古では6分の待ち時間でJR山田線に乗り換えるのだが、接続待ちはしてくれるだろうが、ここでもまた食料調達の時間はなさそうだ。結局、今日は朝から何も食べていないのだ。いいダイエットができると割り切ることにした。

« 北東北フリーきっぷの旅(八戸線437D) | トップページ | 北東北フリーきっぷの旅(山田線653D) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

写真は列車からの眺めなのかしら?素敵ですね。

食事がとれずエネルギー切れになりませんでしたか?
ダイエットなどと言っておられますが、体に悪いですよ。
気をつけてくださいね。

結局何か食することはできたのか?
続きをお願いします。

AKB61さん、こんばんは。
食事の結果は2月12日に明らかになります。お楽しみに^^

次からは、カバンの中にチョコレートやカロリーメイトなどの、嵩張らずにパッと食べられてカロリーが高い物を用意しておいた方が良いですねえ。

自分は旅行に出る時は常にそれらを用意していますが、おやつに食べてしまうので結局カロリー過多になっちゃうんですけど・・・

ミスターOHさん、おはようございます。
私はお菓子を持ち歩くと、買った直後に全部食べてしまうことが多いので、なるべく買わないようにしています。でも、その結果がこんなことに・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北東北フリーきっぷの旅(三陸鉄道北リアス線):

« 北東北フリーきっぷの旅(八戸線437D) | トップページ | 北東北フリーきっぷの旅(山田線653D) »