2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 北東北フリーきっぷの旅(三陸鉄道北リアス線) | トップページ | 北東北フリーきっぷの旅(盛岡ニューシティーホテル) »

2011年2月11日 (金)

北東北フリーきっぷの旅(山田線653D)

 三陸鉄道は結局8分遅れで宮古駅に到着した。車内は満席に近い状態だったので、私の予測では、大半の客が山田線に乗り換えると踏んでいたのだが、結局乗り換えたのは私のほかに二人しかいなかった。宮古で一泊する人が多いのかもしれない。

 山田線盛岡行きは我々の乗換えを待って、15時56分、3分遅れで発車した。

201101tohoku_154_small

 あたりは既に夕暮れ時で2両編成のディーゼルカーは閉伊川沿いをゆっくり登っていく。

201101tohoku_149_small

 山田線の車内はガラガラで、遅れて乗車した私も4人ボックスを一人で占領できた。山田線は朝9時30分の列車の次がこの列車なのに、こんな乗車率なのだ。

 車内には50過ぎの鉄道マニアの人がいて、駅に着くたびに窓越しに駅名票を写真に収めている。最近はこういう中高年が多い。私のような古くからのファンは一般の人が奇異に感じることはしないものだが・・・。

 途中で日が暮れて、区界に17時18分到着。この駅ですれ違う予定の対向列車が遅れていたので発車は17時30分になった。今日は自分の列車が遅れたり、相手の列車が遅れたりで、スムーズな運行がまったく見られない。朝方の新幹線の運行管理システムトラブルの影響がまだ残っていて、新幹線からの乗り換え客を受けて、この時間でも列車の運行が乱れているのかもしれない。

 区界駅の発車が12分遅れたことにより、車掌が車内を回り、盛岡で上り新幹線に乗る客の有無を確認している。何人かの客が申告したようだ。本来ならば、この列車は7分待ちで上り新幹線に接続するのだが、この列車が12分遅れとなると、新幹線に待ってもらう必要がある。ローカル線の山田線の遅れを新幹線が待つのだろうか。

 車掌が無線で連絡を取った結果は結局、新幹線の接続待ちを取らないことになり、山田線からの乗り継ぎ客は次の列車に乗る羽目になった。無手数料で指定券を変更できる旨放送していたが、まさに見切り発車だ。

« 北東北フリーきっぷの旅(三陸鉄道北リアス線) | トップページ | 北東北フリーきっぷの旅(盛岡ニューシティーホテル) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北東北フリーきっぷの旅(山田線653D):

« 北東北フリーきっぷの旅(三陸鉄道北リアス線) | トップページ | 北東北フリーきっぷの旅(盛岡ニューシティーホテル) »