2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 北東北フリーきっぷの旅(リゾートしらかみ4号) | トップページ | 北東北フリーきっぷの旅(東横イン青森駅正面口) »

2011年2月 1日 (火)

北東北フリーきっぷの旅(つがる5号)

201101tohoku_072_small201101tohoku_069_small

 東能代からは、つがる5号で今夜の宿泊地青森まで向う。駅の売店では大館駅の名物駅弁「鶏めし」が売っていたのでそれを買った。

 東能代のホーム上には待合室があるのだが、さきほど乗ったリゾートしらかみを模したスタイルになっている。中に入ってみると、ちょうど運転台の位置に本物の運転台も置かれていた。

 つがる5号は雪のため、10分ほど遅れてやってきた。485系のリニューアル車両の4両編成でそのうち自由席は2両だが、私が乗った先頭車両の自由席には先客が5人くらいしかいない。日曜日の夜に長距離を利用する人は少ないようだ。さっそく、前の席を回転させて、ビールで乾杯する。この瞬間が旅の醍醐味だ。

201101tohoku_079_small 201101tohoku_082_small

 続いて駅弁もいただく。この駅弁は大館駅前で明治32年11月15日から営業している「花善」という業者の名物駅弁だ。少しかための鶏肉とあきたこまちの炊き込みご飯が素朴な味わいを醸し出している。

 駅弁を食べながら、がら空きの特急で旅をするのは最高だ。まわりはすっかり闇の中だが、時間は19時ころだから、そんなに遅い時間ではない。窓外には明るいものがほとんど見えない。地方を旅していると、時間の感覚がずれてくることがよくある。

« 北東北フリーきっぷの旅(リゾートしらかみ4号) | トップページ | 北東北フリーきっぷの旅(東横イン青森駅正面口) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

待合室はカワイイですね。しかも、運転席まであるなんて
子供がいたら喜びそうですね。

鳥めしも美味しそう。駅弁って旅に出たら絶対食べます
楽しみの一つですよね。

この時期の電車は雪が多いからスピードはゆっくりなんですかねぇ?

のんびりした旅は本当に癒されます。


AKB61さん、こんばんは。またまたありがとうございます。
変わった待合室でした。なかなか洒落っ気のある駅でした。
駅弁は旅の楽しみの一つですね。大館の鶏めしは昔から大好きです。ぜひ一度どうぞ^^

JR東日本の列車運行情報をチェックすると、連日どこも大雪で混乱しています。ミスターKはホント良い時に北東北を回りましたねえ。それでもチョット遅れてますけど。

ミスターOHさん、おはようございます。
私の旅行中は列車が運休するほどの大雪はなかったのですが、それでも結構影響を受けました。今後明らかになります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北東北フリーきっぷの旅(つがる5号):

« 北東北フリーきっぷの旅(リゾートしらかみ4号) | トップページ | 北東北フリーきっぷの旅(東横イン青森駅正面口) »