2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 北東北フリーきっぷの旅(総武快速線) | トップページ | 北東北フリーきっぷの旅(はやて15号その1) »

2011年1月24日 (月)

北東北フリーきっぷの旅(MAXやまびこ203号)

 総武線快速は6時31分東京駅に着いた。これから乗るやまびこ203号は6時40分発で、地下ホームからだと結構あわただしい。急いでエスカレーターを駆け上がる。

 やまびこ203号は全車2階建てなので、2階席に座ることにした。1階だと防音壁の関係でほとんど外が見えないのだ。早朝の列車なので客はほとんどいない。私が乗った2号車の2階には客が3人しかいない。

 東京駅を定刻に発車。上野、大宮と少しだけ客が増えたが、それでも10人いるかいないかだ。仙台までの間で通過するのが、白石蔵王駅だけという実質各駅停車の列車のせいもあるだろう。

 天気がよければ筑波山も見えるので進行方向右側に座ったのだが、大宮駅を出て5分ほどするとあたり一面雪景色になった。昨晩の天気予報では寒波が来ていて群馬県あたりまで雪の予報だったが、蓮田市付近まで降ったようだ。これから雪国に行くのに、もう雪景色ではちょっと残念だ。

 途中のいくつかの駅で後続のはやてに抜かれながら、9時04分仙台駅着。ほとんどガラガラの状態だった。

« 北東北フリーきっぷの旅(総武快速線) | トップページ | 北東北フリーきっぷの旅(はやて15号その1) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

最初は数分、たった1本乗り遅れただけだったのに、エライ事になってますねー。

ところで、はやてが全席指定とは知りませんでした。Wikiを見て、なるほどと納得しましたけど。

注意一秒怪我一生、ちょっとした見間違えが思わぬ展開になりました。
今後の展開もお楽しみください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北東北フリーきっぷの旅(MAXやまびこ203号):

« 北東北フリーきっぷの旅(総武快速線) | トップページ | 北東北フリーきっぷの旅(はやて15号その1) »