2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 第7回伊豆急全線ウオーク13(こだま号) | トップページ | 第7回伊豆急全線ウオーク14(鴨宮駅) »

2010年12月20日 (月)

新春記念乗車券

201012_012_small

 東武鉄道の新春記念乗車券です。昭和52年のもので会社の友人から頂きました。画像だと大きさが分かりにくいのですが新聞紙大の大きさで、素材は和紙です。乗車券の駅が小川町と加須になっているのは、小川町は和紙で有名で、加須はこの記念乗車券の図柄となっている鯉のぼりの産地として知られているからです。凧の作り方を記した別紙もついているので、竹の骨を貼り付ければ、実際に飛ばすことも可能です。

 私の持っている乗車券の中でも最大のものです。これでも一応乗車券なので、切符部分の地紋には、TRC(Tobu Railway Company)ととぶてつの文字、および東武鉄道の社章が印刷されています。

 30年以上の歳月を経て、凧の作り方が書かれた別紙のほうは普通の紙なので変色していますが、切符本体はしみ一つないきれいな乗車券で、和紙のすばらしさを実感します。 

 

« 第7回伊豆急全線ウオーク13(こだま号) | トップページ | 第7回伊豆急全線ウオーク14(鴨宮駅) »

コレクション」カテゴリの記事

コメント

ミスターKさん、毎日このブログを楽しみに読ませていただいておりますが、「会社の友人」として登場できて光栄です。この記念乗車券は、昭和52年の元旦に、東武東上線の武蔵嵐山駅で購入したものです。その後、ずっと押入れの奥に眠っておりましたが、ミスターKさんのおかげで、日の目を見ることができました。この切符は、その当時、大きさがあまりにも大きいので運輸省(現国土交通省)の認可をとるのが大変だったそうです。

貴重なコレクション、ありがとうございました。
最近はICカードの時代で記念切符も少なくなりましたが、趣向を凝らした切符は製作者の苦労や人間味が感じられていいものですね。
これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新春記念乗車券:

« 第7回伊豆急全線ウオーク13(こだま号) | トップページ | 第7回伊豆急全線ウオーク14(鴨宮駅) »